低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

知人で、婚活の条件で「有り触れた苗字」という条件を付けている女性がいました。 「結婚に苗字は関係無いだろう」と思いますが、彼女にとっては重要でした。   その女性は超珍苗字で、下の名前もキラキラネームです。 まず読めません。 「善知鳥苺姫」(もちろん仮 ... 続きを読む
【小ネタ】苗字

知人で、婚活の条件で「有り触れた苗字」という条件を付けている女性がいました。

「結婚に苗字は関係無いだろう」と思いますが、彼女にとっては重要でした。

 

その女性は超珍苗字で、下の名前もキラキラネームです。

まず読めません。

「善知鳥苺姫」(もちろん仮名)みたいな感じで、むしろ「日本人ですか?」と聞かれることもあるそうです。

なのでずっと辛い思いをしてきました。

だから結婚したら、せめて苗字は誰でも読める普通の苗字が良い。

そういう思いで彼女は婚活を頑張りました。

 

そして「佐藤苺姫」(もちろん仮名)になった彼女。

下の名前は相変わらず強烈ですが、苗字は誰でも読める苗字になって幸せそうです。

そんな風に「他人から見たらどうでもいいけれど自分にとっては重要な条件」ってあると思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「婚活サイトM」で中々成果が出ない。 そして次に活動するサイトも決まらない。 全く婚活が上手くいかないイライラで、私は今まで無意識に避けてきた「自営業」「派手な外見」の人にアプローチしました。 「こんな人生楽しんでそうな人はブタとなんかマッチングしない ... 続きを読む
【ダイジェスト】21.だいすけさん

「婚活サイトM」で中々成果が出ない。

そして次に活動するサイトも決まらない。

全く婚活が上手くいかないイライラで、私は今まで無意識に避けてきた「自営業」「派手な外見」の人にアプローチしました。

「こんな人生楽しんでそうな人はブタとなんかマッチングしないだろう」と思ってダメ元だったのですが、何とマッチングしてしまいました。

某野球選手のだいすけさんに似ているのが自慢なので、彼のことも「だいすけさん」と呼びます。

 

だいすけさんは29才の色黒マッチョで明るい茶髪、コミュ障のブタが恐れるタイプの人でした。

仕事も父親の仕事を継ぐ修業をする傍ら、自分もネットビジネスで起業をしているという人です。

凄すぎます。

凄すぎて、なんでこんなブタとマッチングしたのか全くの謎です。

しかもネット婚活をしているのに気さくで、メッセージもサクサク進みます。

「まさかこれが結婚詐欺?」とそんな不安しかありません。

なので私はその不安をだいすけさんにぶつけてみました。

 

「だいすけさんってモテそうなのにどうしてネット婚活しているんですか?」

『それが全然モテないのよ』

「男の人が20代から婚活するってちょっと早めですよね」

『ツレも既婚者ばっかになったしね』

「社長の息子とかって良い所のお嬢さんとお見合いするのかと思っていました」

『親父はお見合いらしいけれど、今の時代お見合いとかあるの?』

 

ぶつけてみたけれど、私の不安は全く解消されませんでした。

むしろ上手くかわされたような気もします。

それはだいすけさんの明るいノリの日常会話のせいもあったかもしれません。

向こうからは日常会話しか話が来ないのです。

あすかちゃんの助けを借り、日常会話の間を縫って結婚の話題をぶち込むというメールスタイルでだいすけさんとは会話を続けていました。

 

そしてある日の夜。

お風呂に入って、そろそろ寝ようかなという時間のことでした。

食道楽で色々なお店の食べ物の写真を送ってくれるだいすけさん。

その日は焼き鳥の写真を送ってくれました。

 

「今日も美味しそうですね。どこですか?」

『地元の○○ってところだよ。迎えに行くから一緒に食べない?』

 

私は怯えました。

こんな「今から寝ようか」という時間に婚活相手を誘うなんて、何を考えているのでしょうか。

しかも写真にはビールも写り込んでいます。

私は車が無いと移動できないような僻地に住んでいることは既にだいすけさんにはお伝えしています。

どうやって迎えに来るつもりでしょう。

もしかしたらお友達と一緒なのでしょうか。

こんな時間に突発的に誘われて、しかもお友達と一緒かもしれない。

これは婚活相手として扱われていないのではないだろうか。

色々考えた結果。

とりあえず今日は遅いし断ろう。

 

「すみません、明日早いのでもう寝なきゃいけなんです」

『そうなんだ。また次の機会にね』

 

その時はそう言ってくれたのですが。

そのままだいすけさんは消滅しました。

 

この記事は下記の婚活体験談をまとめた内容になっています

99.だいすけさん①

100.だいすけさん②

101.髪型を変えるかどうするか


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活相手とのデート中。 結婚後の話をしていたら、自然と節約の話になりました。   「結婚したら節約しないとね。ブタさんならどこから削る?」 「削りやすいのは食費とスマホ代 ... 続きを読む
【奇行】35.浮気テクニック

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活相手とのデート中。

結婚後の話をしていたら、自然と節約の話になりました。

 

「結婚したら節約しないとね。ブタさんならどこから削る?」

「削りやすいのは食費とスマホ代でしょうか? 私はそういうの不得手なのでやっていないんですけれど、格安スマホにしたらキャリアのスマホよりだいぶん安くなるんですよね?」

「格安スマホいいよね。2台持ちもしやすいし」

「お仕事とかで使う人だったら2台目に格安スマホ持った方がいいのかもしれないですね」

「仕事だけじゃなくて二股かける時にもいんだよ」

 

そう言ってどや顔する婚活相手。

「いきなり何言ってるの? 頭おかしいの?」という言葉を慌てて飲み込みました。

そんな私の様子に気付くことなく、婚活相手は続けます。

 

「本命で1台、遊び相手で1台、それぞれ1台ずつ使うことによって、スマホ見られてもバレないし、会っている時は片方の電源切って隠しておけば邪魔にもならないんだよ。格安スマホなら切っておけば一情報もバレないしね」

「へぇ……」

 

本当に「へぇ」とか言いようがありません。

将来結婚するかもしれない婚活相手に、不倫の方法を自慢げに説明するなんてアホなのでしょうか。


そんなバカはいないと思いますが「なるほど! これなら不倫ができる!」とか思わないでくださいね。
スマホ2台持とうが3台持とうが、バレる時にはあっさりバレますよ。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

某男性アイドルが24才年下の女性とデキ婚しましたね。 私の周囲では「やったなぁ」と好意的な反応と「さすがに娘並みの年齢で気持ち悪いわ」という反応が半々です。   そんなこんなで年の差婚の話になりました。 介護、子育て、老後など色々な問題点がある中でも面白 ... 続きを読む
【小ネタ】熟成されたもの

某男性アイドルが24才年下の女性とデキ婚しましたね。

私の周囲では「やったなぁ」と好意的な反応と「さすがに娘並みの年齢で気持ち悪いわ」という反応が半々です。

 

そんなこんなで年の差婚の話になりました。

介護、子育て、老後など色々な問題点がある中でも面白いと思った意見があります。

「お金も社会的地位もあるし、年の割には若く見えるけれど、それでもアラフィフじゃん?」

「加齢臭ヤバそう」

10年わりと仲良く連れ添った旦那でも一緒に寝るの辛いのに、キツそう」

 

確かに年の割には若く見えても、容姿が良くても、お金があっても、加齢臭だけはどうしようもないよなと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活においてプロフィールってとても大切です。 言ってしまえば、婚活の第一段階でアピールできるツールって容姿と紙に書かれたプロフィールしかないのです。 ネット婚活ならば、そのプロフィールもじっくり練って書くことができます。 時間なんて関係ありませんからね ... 続きを読む
【おまけ】婚活パーティーでよくあるプロフィールの項目

婚活においてプロフィールってとても大切です。

言ってしまえば、婚活の第一段階でアピールできるツールって容姿と紙に書かれたプロフィールしかないのです。

ネット婚活ならば、そのプロフィールもじっくり練って書くことができます。

時間なんて関係ありませんからね。

しかし、婚活パーティーとなればそうはいきません。

受付を済ませればプロフィールカードを渡されて「開始時間までに書いておいてね」で終わりです。

わざわざプロフィールカードを記入する時間なんて与えてくれません。

何回も参加していれば「こういうことを書かされる」という傾向がわかってくるので、スラスラ書くことができます。

自分のプロフィールを異性受けするようにアレンジして書くこともできるようになってくるでしょう。

しかし初めて参加した時「え? これどうやって書けばいいの?」と悩んでいる間にタイムアップになってしまいます。

そしてスカスカのプロフィールカードで勝負に出なけれないけなくなるのです。

そんな人が少しでも減ればいいな。

と言うかたまには婚活している人にダイレクトに役立つことも書きたいな。

そう思って、今回は婚活パーティーでよく出たプロフィールの項目を思い出して書いてみます。

 

    名前、年齢、職業、干支、血液型、出身地、勤務地、身長、最終学歴

男性はこれに加え、年収を書く欄が追加されます。

女性は滅多にありませんが、たまにあることもあります。

 

    どれくらいで結婚したいか

大体が「半年以内」「1年以内」「3年以内」「じっくり」「いい人がいれば」に分類されています。

 

    趣味、特技、休日の過ごし方

 

    デートで行きたい場所

「初めてのデートで」などの条件が付く場合もあります。

 

    好きな食べ物、嫌いな食べ物

女性は加えて「得意料理」の欄があることもあります。

 

    好きな歌、アーティスト、テレビ番組、映画、芸能人、本

 

    自分の性格

 

    家族構成

それに加えて一人暮らしか実家か、またはペットを飼っているか書く欄があることもあります。

 

    結婚歴

「初婚」か「結婚歴あり」かのどちらかに丸をします。

何回離婚したかまでは書かなくていいです。

 

    お相手に一言

 

私が覚えているだけでざっとこんなものでしょうか。

中には「イラストで表現してね」なんて無茶ぶりのプロフィールもあります。

これを受付してからパーティー開始の時間までに埋めなければいけないのです。

今思うとゾッとします。

 

これから「婚活パーティーに参加しようかな」と思っている方は「プロフィールカードにこんなことを書かないといけないかもしれない」と思っていてください。

全て埋めないといけないわけではありませんが、初対面のお相手なのでプロフィールカードがちゃんと埋まっている方が会話は弾みます。

それにあまりにプロフィールカードが白いとやる気を疑われてしまいます。

「この人やる気ないのかな?」と思われないためにも、ある程度はプロフィールカードをちゃんと埋めて臨みましょう。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   県外の方と婚活でデートした時のお話です。 その方は私の住んでいるところまで来てくれたので、2人で観光名所をデートすることになりました。   「お土産買って帰ろうかな」 「あ ... 続きを読む
【奇行】34.お土産の行く先

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

県外の方と婚活でデートした時のお話です。

その方は私の住んでいるところまで来てくれたので、2人で観光名所をデートすることになりました。

 

「お土産買って帰ろうかな」

「あっちにお土産屋さんがありますよ」

「どれがおススメ?」

「〇〇は数が多くて配りやすいし、有名だから県外の人に喜ばれます。でも味なら××が断トツで美味しいです」

「じゃあ〇〇にしようかな。でも美味しいなら××も買いたいな」

「私も自分用に××買って帰ります」

そんな会話を交わしながら、彼はお土産を選んでいきました。

 

そしてデートも楽しく終わり、別れ際。

「あげる」

そう言って彼は買ったお土産を全部私にくれました。

大箱で、明らかに同僚に配る数のお土産です。

そして私も自分用に買ったお土産もあります。

「持って帰らなくていいんですか?」

「うん」

 

プレゼントをくれる彼の気持ちは嬉しかったです。

でも「人に配るんだろうな」と思いながら一緒に選んだお土産。

私も「自分用に」と同じものを買ったお土産。

喜んだらいいのか、突っ込んだらいいのか、とても複雑でした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。


知り合い(男性)がAGA治療(ハゲの治療)を始めました。 ハゲは命に関わらないから適応外なので、実費で150万円ほどかかるとのこと。 しかもEDになるかもしれないリスクまで背負っています。 なぜそこまでして治療をするのか。 理由は「まだ結婚していないから」 ... 続きを読む
【おまけ】ハゲって大変だなって思った話

知り合い(男性)がAGA治療(ハゲの治療)を始めました。

ハゲは命に関わらないから適応外なので、実費で150万円ほどかかるとのこと。

しかもEDになるかもしれないリスクまで背負っています。

なぜそこまでして治療をするのか。

理由は「まだ結婚していないから」でした。

 

確かにそうです。

いくら「外見より内面」と言ったところで、初対面で頭がハゲかフサフサかではだいぶん印象が違います。

思い切ってスキンヘッドにしたら怖いイメージが入ってしまいますし、そのまま放置してまだらハゲだと生活に疲れていたり、不摂生なイメージになってしまいます。

言わずもがな、フサフサの方が好印象です。

そして悲しいことに「将来的にハゲるのは構わないけれど、最初からハゲなのはちょっと」「せめて地毛で結婚式を挙げられる相手と結婚したい」という女性も多いのです。

 

そう考えると、ハゲって自力で改善できるデブや不潔よりとても大変だと思います。

婚活する上で身嗜みは通常の生活より気を遣うべきです。

普通の男性は小奇麗な服を着て、月に一回美容院に行くだけでもだいぶん印象が良くなります。

それにプラスしたとしてもジムに通って体を鍛え、脱毛で髭を整えるくらいではないでしょうか。

でも、ハゲは治療しなければ生えてきません。

高額な治療費もかかるし、EDになるかもしれないというリスクも背負います。

男性は女性よりも婚活にお金がかかるし、結婚後もお金はかかるので少しでも取っておきたいです。

治療に一律150万かかるのかはわかりませんが、150万あれば結婚式で挙式と親族でのお食事会くらいならできます。

新婚旅行もヨーロッパで一週間過ごすことだってできるのです。

それに子どもを希望して婚活している場合、EDは死活問題です。

「そろそろ子どもを作りましょう」となったらすぐに不妊治療開始です。

婚活のためにハゲを治療しそのためにEDになり、結婚できたら不妊治療。

そんなのあまりにも悲しすぎます。

ですが、ハゲのまま婚活を続けてもお相手の選択肢が狭まってしまうという事実。

 

貯金やEDのリスクに重きを置いて長期戦になるのを覚悟して婚活をするのか、少しでも短期間で決めるためにリスクを覚悟してハゲを治療するべきか。

これは女性にはない選択肢です。

そう考えると、ハゲって大変だなって思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

皆さんは夢占いって信じますか? 私は信じています。 夢って結局は自分の脳が見せるものなので、深層心理の現れを心理学的に分析したものだと思っているからです。 だから夢占いは当たっていることが多ように感じます。   さて、話は少し変わりますが、婚活をしてい ... 続きを読む
【小ネタ】夢占い

皆さんは夢占いって信じますか?

私は信じています。

夢って結局は自分の脳が見せるものなので、深層心理の現れを心理学的に分析したものだと思っているからです。

だから夢占いは当たっていることが多ように感じます。

 

さて、話は少し変わりますが、婚活をしていると「結婚式の夢」って見ることがあります。

私も本交際まで辿り着いた警察官さんと船乗りさんの時には2人と結婚式を挙げる夢を見ました。

婚活相手と結婚式をする夢を見ると「これって正夢? この人と結婚するの?」と弾んだ気持ちになりますよね。

しかし実際「お付き合いしている人と結婚式を挙げる夢」は「その人とお別れする」ということを暗示した夢占いなのです。

正反対の意味になるなんて面白いですね。

私の婚活の結末を知っている人は、私がその夢をみたどちらとも結婚していないのはご存知だと思います。

実際に結婚したのは「結婚式を挙げる夢」を見ていない人でした。

私の場合、この夢占いがドンピシャで当たってしまいました。

当時その夢占いを知っていたわけではないのに不思議です。

きっと心のどこかで「この人とは結婚しないだろい」と思っていた不安が夢になって表れたのではないでしょうか。

 

だからと言って、全ての人に「お付き合いしている人と結婚式を挙げる夢を見た人とは別れる」とは言いません。

中には「正夢」という場合だってあると思います。

所詮、占いは占いなのです。

「正夢にしてやる」というバイタリティを持って突き進み、別れちゃった場合は「夢占い当たってたな」と楽しむのがいいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「婚活サイトM」に移って2カ月以上が経ちました。 メッセージではゴミ収集車さん、ぶりっこおじさん、ねこさんたちと色々やり取りをしましたが、実際にお会いできたのは胃炎で失礼なことをしてしまった人とサーフィンさんのみです。 全く何の成果も挙げられていません。 ... 続きを読む
【ダイジェスト】20.次の婚活サイト

「婚活サイトM」に移って2カ月以上が経ちました。

メッセージではゴミ収集車さんぶりっこおじさんねこさんたちと色々やり取りをしましたが、実際にお会いできたのは胃炎で失礼なことをしてしまった人サーフィンさんのみです。

全く何の成果も挙げられていません。

 

「婚活サイトM」に登録する時に、私は「婚活サイトM」で活動するのは3ヵ月だけと決めていました。

なのでそのタイムリミットも迫ってきています。

だから次の活動場所も考えなければいけません。

ここまで何の成果も無いと、結婚相談所に縋りつきたくなります。

ですが、私は自分の条件が悪すぎることもありますが、結婚相談所となると会費が高いです。

低収入な私には到底捻出できそうにありません。

なのでこのままネット婚活を続けるしかないでしょう。

 

私が次に狙いを定めたのは大手結婚情報誌も発行している会社が運営している「婚活サイトZ」と月会費がとことんお安い「婚活サイトY」でした。

どちらも無料会員登録ができます。

無料会員登録でできることは少ないですが、「婚活サイトM」みたいに「有料登録したのにマッチングしたいお相手がいない」なんてことになってはいけません。

同じ轍を踏まないために、お試しで無料会員登録してみることにしました。

すると「婚活サイトZ」も「婚活サイトY」も私の求める条件で、尚且つ近場で活動している会員が少なすぎました。

都会の方ならこんなことはないのでしょうが、地方ならではのことでしょう。

それどころか「婚活サイトY」の方には「婚活サイトB」でやり取りした人もたくさんいました。

いきなり勇んで有料会員登録していれば「婚活サイトM」と同じ展開になっていたでしょう。

「婚活サイトZ」には手厚いサポートがあったので、それは魅力的でしたがお相手がいなければそれも意味はありません。

どちらのサイトも有料会員登録するのは諦めました。

私の求める活動場所ではないようです。

 

ただ「婚活サイトY」は無料会員のまま活動してみることにしました。

なぜかというと「婚活サイトY」はお相手が有料会員ならば回数制限なくメッセージのやり取りができたからです。

無料で活動できるのならば、積極的に活動しなくてもわざわざ退会する理由はありません。

メインで使うわけではないですが「婚活サイトY」はサブで使っていくことにしました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

95.「婚活サイトM」に移って2カ月以上が経過した

96.「婚活サイトZ」について調べる

97.「婚活サイトY」について調べる

98.「数打ちゃ当たる作戦」なのはわかるけれど


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活中って周囲の人から心無い言葉を言われて傷付くことがあります。 「まだ20代なのに焦りすぎで怖い」とか「恋愛結婚じゃないと寂しい」とか「普通に生きていればいつか結婚できる」とか。 「35.結局敵は周りの無理解な人」にも書かせてもらいましたが、そんな風に言わ ... 続きを読む
【小ネタ】小さな復讐

婚活中って周囲の人から心無い言葉を言われて傷付くことがあります。

「まだ20代なのに焦りすぎで怖い」とか「恋愛結婚じゃないと寂しい」とか「普通に生きていればいつか結婚できる」とか。

35.結局敵は周りの無理解な人」にも書かせてもらいましたが、そんな風に言われていました。

「どうして婚活をしていることをそんなに見下すの?」と傷付き、悔しくて下唇を噛み締めたものです。

 

ですが、今になってそんな悔しい思いが晴れる時があります。

そんなことを言っていた人が婚活を始めた時です。

胸がスッとします。

性格が悪いのは重々承知ですが「私はあの時頑張ったから20代で結婚できて、もう子供もいるもんね」「あの時バカにしてたあなたはまだ婚活頑張っているんだね」と心の中で言ってやります。

直接言うことはできません。

でも心の中で言うだけであの時の悔しい思いが報われたような気持ちになれるのです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。