低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

皆さんは燃え尽き症候群になったことがありますか? 学祭や受験の後になる人が多いみたいですよね。 ちなみに私は大学卒業後に燃え尽き症候群気味でした。   何かを一生懸命頑張ったその反動で、一気に無気力になってしまう燃え尽き症候群。 なんと、婚活でもなって ... 続きを読む
【おまけ】燃え尽き症候群

皆さんは燃え尽き症候群になったことがありますか?

学祭や受験の後になる人が多いみたいですよね。

ちなみに私は大学卒業後に燃え尽き症候群気味でした。

 

何かを一生懸命頑張ったその反動で、一気に無気力になってしまう燃え尽き症候群。

なんと、婚活でもなってしまう人がいるそうです。

結婚したって新居のことだったり手続きのこと、ご挨拶のこと、結婚式のこと、新婚旅行のことなどなどとやることは盛沢山。

それが終わっても、子どもを望むなら妊活だって始めなければいけません。

妊活が終われば子育てです。

燃え尽きている暇なんてありません。

私はそう思うのですが。

一生懸命死に物狂いで婚活をやった人の中には婚姻届けを提出すると同時に燃え尽きてしまう人もいるようなのです。

婚活が終わると、何か大きなことを成し遂げた気になります。

なのでわからなくもありません。

ですが「燃え尽き症候群」なんてライトな名前が付いていますが、実際のところは軽い鬱状態なわけです。

結婚したらそれでゴールではありません。

ゴールはゴールなのですが、それと同時に新たなスタートなのです。

だから幸せな結婚生活を維持するためにはそれ相応の努力が必要です。

「どこに力を入れるか」「どこで手を抜いて楽をするか」「何かあったらちゃんと話し合う」

それらの幸せな結婚生活を維持する努力ができなくなってしまうのです。

幸せな結婚生活を維持するには片方の努力だけでは成り立ちません。

お互いの努力が必要なのです。

なので、新婚早々歯車が噛み合わない生活を送ることになってしまいます。

幸せな結婚生活を夢見て婚活を頑張って来たのに、燃え尽きてそれを維持する努力ができなくなるなんてあんまりです。

 

なぜ今回こんなことを書いているかと言うと、実際に燃え尽き症候群で離婚した夫婦がいたからです。

普通はここまで拗れることは無いと思います。

ちゃんと途中から立ち直れるでしょう。

ですがこの離婚してしまった夫婦は両方とも燃え尽き症候群になってしまったのです。

なのでお互いに「結婚する前はできていたこと」すらできなくなってしまいました。

そんな感じなのでお互いに「結婚ってこんなものなの? 想像していたのと違う!」となってしまい、離婚してしまったそうです。

何と恐ろしいことなのでしょうか。

片方だけでも、結婚前のモチベーションを保てていたら、喧嘩こそすれ離婚にまではならなかったかもしれません。

 

婚活において結婚はゴールです。

でもゴールであると同時にスタートでもあるのです。

幸せな結婚生活を維持するにはもちろん努力も必要になるので、婚活を今現在されている方は、燃え尽きないようにくれぐれも注意してください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

一緒に合コンにも行ったことがあるアラフォー女性が結婚しました。 お相手はギリギリ20代と年の差婚です。 何をしているのかは教えてくれませんでしたが、外見は金髪と言っていいくらいの明るい茶髪で、何かジャラジャラ付けています。 「もしかしてその人、2文字で表す ... 続きを読む
【小ネタ】究極の選択

一緒に合コンにも行ったことがあるアラフォー女性が結婚しました。

お相手はギリギリ20代と年の差婚です。

何をしているのかは教えてくれませんでしたが、外見は金髪と言っていいくらいの明るい茶髪で、何かジャラジャラ付けています。

「もしかしてその人、2文字で表すと……。ヒモ?」って感じです。

(偏見でごめんなさい)

 

美人だし、口ではハイスペックを求めていた彼女。

彼のどこを気に入って結婚したのかとても気になりました。

なので私は「結婚の決め手は何だったんですか?」と質問しました。

すると彼女は「一生独りでいるか究極の選択だよね」と笑って言いました。


そんな彼女はこちらの合コンのA子さんです


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

4年前にプロポーズされたクズ男にフラれた友人(ちょっとよくわからない説明でごめんなさい)がついに婚活を始めました。 30才を過ぎているので当然です。 穏やかな癒し系のとてもモテる子なので、すぐにまた彼氏ができました。 ですが、またその彼氏が問題でした。 母 ... 続きを読む
【おまけ】受け身はいけない

4年前にプロポーズされたクズ男にフラれた友人(ちょっとよくわからない説明でごめんなさい)がついに婚活を始めました。

30才を過ぎているので当然です。

穏やかな癒し系のとてもモテる子なので、すぐにまた彼氏ができました。

ですが、またその彼氏が問題でした。

母子家庭で母親に借金があり、その母親はとある新興宗教で熱心に活動しているという方です。

ちなみにその彼氏もその宗教の二世か三世です。

そんな家庭環境なのでもちろん貯金もありません。

日々の生活でいっぱいいっぱいです。

 

婚活でできた彼氏だということは、順調に進めば遠くない将来、友人はその彼氏と結婚するのでしょう。

でも、その彼氏でいいのか。

彼氏自体は良い人で問題無いかもしれないですが、その母親が借金持ちで熱心な宗教家であるというのは構わないのか。

彼女自身も改宗を迫られそうな勢いで熱心らしいけれど、大丈夫なのか。

 

「これを言ったら機嫌を損ねるかもしれないな」「でも大事な友人だし、不幸になりそうなのを黙って見ているのもな」

私は悩みました。

でも何も言わずにこのまま彼女が不幸になってしまうのは嫌です。

これで縁を切られたら、私と彼女の友情もそれまでだったということ。

「ねぇ、その人で大丈夫なの? 本当に結婚するの?」

「うん。結婚はないかなって思ってる」

私は頭を捻りました。

婚活で出会ったのに、どうして結婚できない相手と付き合っているのでしょうか。

 

よくよく聞けば、その彼氏が母子家庭なのも、その母親に借金があって信仰宗教に熱心なのも、彼自信もその宗教に入っているのも交際を始めた後に打ち明けられたそうです。

ガチ勢として辛い婚活の日々を送った私にはなぜそうなるのかわかりません。

「なんで付き合う前に聞かなかったの?」

「だってこっちからは聞けないじゃない」

忘れていました。

彼女は超受け身な人間でした。

「良いな」と思っている人がいても、自分からは絶対に告白はできません。

気になることがあっても自分からは聞けないのです。

なので結婚するにあたってのチェックしなければいけないことを質問することもなく、交際を申し込まれたから付き合ってしまったのでしょう。

「だったら早く別れた方がいいんじゃない? 婚活で出会ってるんだから、向こうは結婚するつもりでしょ?」

「そうなんだけれど……。付き合ったばかりだし、言い出せなくて」

 

全ての人生に言えることかもしれません。

ですがこの一件で、婚活に関しては特に受け身ではいけないと再認識させられました。

そうでないと、彼女のように何の確認もしないまま、結婚できない人と付き合ってしまうことになりかねません。

愛されて求められて結婚するってとても素敵ですし、憧れる気持ちもわかりますが、ちゃんとこちらからも選ばなければいけません。

一歩踏み出すまでに勇気が必要ですが、もう踏み出してさえしまえば何ともありません。

婚活をするのならただただ受け身になるのではなく、自分からも積極的に動いてください。

 

そんな彼女は実は本編にも出てきたけいこちゃんです!



にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

知っている男性で「男に寄生するつもりの女とは結婚しない」「男の稼ぎを当てにするような女は論外」「結婚するなら自立していて一人でも子どもを育てられる女性」を求めて婚活している男性がいました。 そんな男性なので、誰もお相手を紹介しません。 「こいつ一生結婚 ... 続きを読む
【小ネタ】結局落ち着くところは

知っている男性で「男に寄生するつもりの女とは結婚しない」「男の稼ぎを当てにするような女は論外」「結婚するなら自立していて一人でも子どもを育てられる女性」を求めて婚活している男性がいました。

そんな男性なので、誰もお相手を紹介しません。

「こいつ一生結婚できないだろうな」と周囲は思っていました。

ところが、そんな彼が結婚しました。

何とお相手は派遣で働いている、いわゆる非正規雇用の女性。

料理上手で癒し系だそうです。

そしてあんなに「男に寄生するな」「男はATMじゃない」「子どもが欲しいなら自分の稼ぎで賄え」と言っていたのに、その結婚相手には家庭に入ることを許しました。

週に3日働くパート主婦です。

そして自分の通帳も彼女に言われ、預けているそうです。

 

「なんじゃそりゃ」と思いました。

言っていたことと実際にやっていることが違います。

でも今は幸せそうだし、結婚前は女性に対して色々拗らせていただけだったのでしょうか。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

色々な手を尽くしても成果は上がらず、ストレスが溜まるばかり。 精神崩壊寸前だった私はついに最終手段を取りました。 それは紹介です。 知り合いの保険のおばちゃんに「会ってみない?」と言われていた人がいたのですが、その人と会ってみることにしました。 ただ ... 続きを読む
【ダイジェスト】24.オタTさん

色々な手を尽くしても成果は上がらず、ストレスが溜まるばかり。

精神崩壊寸前だった私はついに最終手段を取りました。

それは紹介です。

知り合いの保険のおばちゃんに「会ってみない?」と言われていた人がいたのですが、その人と会ってみることにしました。

ただ、おばちゃんの情報によると「良い子だけれどとても内気だからそっちでリードしてほしい」とのこと。

33才と私より5才以上年上なのにそれはキツイものがあったので今までは断っていたのですが、もう形振り構っていられません。

 

私が「会ってみたい」とおばちゃんに伝えると、おばちゃんはすぐにセッティングしてくれました。

「会いたい」と伝えた3日後にファミレスでおばちゃんと三者面談です。

事前情報によると職業がゴルフ場の職員で、実家暮らし。

だけれどもご両親は新しく建てた家に住んでいるので一人暮らしです。

性格はとても内気で今まで女性とお付き合いしたこともなし。

そして約束当日。

実際に会ってみてどうだったかと言うと、真っ先に着ているアニメのTシャツが気になってしまって仕方がありませんでした。

なのでオタTさんと呼ばせてもらいます。

 

オタTさんとおばちゃんの三者面談で、おばちゃんばかりが喋ってオタTさんはほとんど喋りませんでした。

おばちゃんがオタTさんの情報を色々教えてくれるのですが、実際に本人が何も喋ってくれないので「何だかな」といった感じです。

喋らないだけでなく立膝でご飯を食べられ、ちょっと気分が悪いです。

おばちゃんの猛プッシュで連絡先を交換したものの、私は乗り気に離れず、オタTさんもほとんど喋らない。

なのでもうオタTさんとの婚活はここで終わりだと思っていました。

 

私から連絡を取ることもせず、オタTさんから連絡が来ることもなく。

オタTさんとの婚活は終わったと思っていたのですが、おばちゃんから「オタくんと連絡取ってあげて」との電話が。

「紹介して欲しい」と頼んだ手前、無下に断ることも出来ず、連絡を取ってみたら「今度は2人で会ってみない?」と誘われました。

2人で会ってみたらまた違うかもしれないとまたお会いしてみたのですが、連絡も無しに遅れる、立膝でクチャクチャ音を立てながら食べる、私のことは一切気にせず自分の喋りたいことだけ喋る。

私の中でオタTさんは「無しだな」と気持ちが固まりました。

 

それ以後、おばちゃんからの猛プッシュはあったものの、当人のオタTさんからの連絡はやっぱり全くなかったので、オタTさんとの婚活はそれで終わりました。

 

この記事は下記の婚活体験談をまとめた内容になっています

112.紹介で出会ったオタTさん①

113.紹介で出会ったオタTさん②

114.紹介で出会ったオタTさん③

115.紹介で出会ったオタTさん④

116.紹介で出会ったオタTさん⑤

117.待っているだけで結婚できると思うなよ


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「今の時代男女平等だから同じくらい稼ぐ女性と結婚したい」 そんなこと言っている男性を見るといつも思ってしまいます。 「男女平等って何?」   毎月同じだけ稼いで、同じだけ家事をして、同じだけ育児もする。 それが男女平等なのでしょうか。 でも、体の作りが ... 続きを読む
【小ネタ】男女平等って何?

「今の時代男女平等だから同じくらい稼ぐ女性と結婚したい」

そんなこと言っている男性を見るといつも思ってしまいます。

「男女平等って何?」

 

毎月同じだけ稼いで、同じだけ家事をして、同じだけ育児もする。

それが男女平等なのでしょうか。

でも、体の作りが違うので女性の方が男性より体力がありません。

なので全く同じ量を同じようにこなしたら女性の方が疲労を感じ、体に負担もかかるでしょう。

それも平等なのでしょうか。

これは慣れの問題もあるかもしれませんが、男性は女性より家事の要領が悪いことが多いです。

なので同じレベルで作業をしようとすると多く時間がかかってしまいます。

自由になる時間に差が出ますが、それも平等なのでしょうか。

育児に関しては「母親」にしかできないことが多いです。

男性は出産できませんから、それに伴う産後のダメージもありません。

ミルク育児にするなら話は違いますが、母乳も出ません。

後追いみたいな「父親じゃないとどうしてもダメ」ということもあまりありません。

どうやって平等にするのでしょうか。

 

平等平等と何でも同じにしようとするのではなく、お互いに納得できて感謝できるように役割分担を振り分けて「対等な関係」でいることの方が大切なのではないでしょうか。

私はそう思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

※私が婚活をして学んだことを書いていきます   「こうしたから結婚できた!」と自信を持って断言できるものはありません。 ですが、私なりに「こうしたから結婚できたんじゃないかな」と思ったことを書いていきます。   ①    運 元も子もありませんが、これが ... 続きを読む
【婚活学習】27.私が結婚できた理由

※私が婚活をして学んだことを書いていきます

 

「こうしたから結婚できた!」と自信を持って断言できるものはありません。

ですが、私なりに「こうしたから結婚できたんじゃないかな」と思ったことを書いていきます。

 

   

元も子もありませんが、これが1番の要因ではないかと思っています。

「たまたま自棄になって出席した婚活パーティーで主人と出会えた」

それが私の婚活が成功した一番大きな要因ではないでしょうか。

私は体力に自信も無いし、子育てや家事にも力を入れたいのでパート主婦をさせてくれる人がいい。

主人はとにかく仕事の忙しさに波があるので、自分に合わせてくれて家事をメインにしてくれる人がいい。

そういった条件だけではなく、性格や考え方も相性が良いお相手と出会えたのは本当に運です。

 

    ダイエットした

150cm70kgのクソデブでしたが、主人と出会った時には50kg台まで落とすことに成功していました。

主人は「見た目より中身」とは言ってくれていますが、「出会った時に私が90kg(生涯のマックス体重)あったらどうだった?」と質問したら言葉に詰まってしまったので、やはり体型も大切です。

 

    積極的に連絡を取った

婚活をしていて、私は学びました。

「待っているだけでは何も得られない」と。

男性でも待ちの姿勢の人は多いです。

でも、そういう姿勢だとこちらがいくらやる気でも中々進めるのが難しいです。

連絡もこちらから取りましたし、デートの約束も積極的に取り付けるようにしました。

主人は忙しい人で中々休みが合わないし、結婚について考えている場合じゃない時もありましたが、私が積極的にグイグイ動いたから結婚まで事が進んだのだと思います。

 

    婚活を通して経験値を積んだ

私は恋愛経験値がスライム並みです。

婚活を始めるまでデートもろくにしたことがありませんでした。

なので「デートって何? 食べ物?」「男の人? 新しい食材の名前」ってくらい異性との関わり方がわからなかったです。

(これはずっと女性ばかりの環境に身を置いてきたせいもあるかもしれません)

ですが婚活を始めて色んな男性とメッセージのやり取りをしたり、デートしたりしてコミュニケーションの取り方を学んできました。

そのおかげで実際に結婚することになる人と出会った時にスムーズにやり取りすることができました。

 

その他にも髪型を変えたり、ファッションやメイクを研究したり、マナー本を読んでみたり、色々と努力をしました。

なのでそれらも結婚に結び付いたかもしれません。

ですが私が「これのおかげかな」と大きく思えたのは上の4つのことでした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   県外の人と婚活した時です。 いざデートをするとなった時に、私の住んでいるところまで出て来てくれることになりました。 優しいです。 そして出て来てくれるだけでなく、手土産ま ... 続きを読む
【奇行】37.お土産を買う場所

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

県外の人と婚活した時です。

いざデートをするとなった時に、私の住んでいるところまで出て来てくれることになりました。

優しいです。

そして出て来てくれるだけでなく、手土産まで持って来てくれました。

とても優しいです。

が。

そのお土産は私の県のお土産物で、その袋は駅のお土産コーナーのもの。

婚活相手の気遣いはとても嬉しかったです。

でも「そこで買うくらいなら手ぶらでよかったのになぁ」と何だかもやもやしてしまいました。

 

お土産関係の奇行はこちらも



にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

知人に「知り合いに良い人いたら紹介してって頼まれたんだけれど、紹介できる人がいないんだよね」と愚痴られたことがありました。 こんなブタとでも交友を持ってくれる方なので、顔は広い人です。 知り合いはたくさんいます。 だったらその「紹介して欲しい」と頼んで ... 続きを読む
【小ネタ】そりゃ結婚できない

知人に「知り合いに良い人いたら紹介してって頼まれたんだけれど、紹介できる人がいないんだよね」と愚痴られたことがありました。

こんなブタとでも交友を持ってくれる方なので、顔は広い人です。

知り合いはたくさんいます。

だったらその「紹介して欲しい」と頼んできた男性が紹介できないようなスペックなのか、要求が余程高いのかと思ったのですが、そうではありません。

30代後半ですが、顔も悪くはないですし、稼ぎもそこそこあります。

20代じゃないと結婚したくない」「結婚しても絶対に正社員を辞めさせない」と言っているわけでもなく、求めている条件も「年齢は同世代くらいまで優しい人がいい。稼ぎも問わない」とのことです。

そんなに紹介するのが難しい相手のようには思いません。

 

「なんで紹介できる人がいないの?」

「優しい人ってのがね、自分のママ基準なんだよね」

そう言って彼女は溜息を吐きました。

彼が求める条件の「同世代くらいまでの優しい人」だけだと漠然としていて選択肢が広すぎます。

なので彼女は「どんな優しい人か」をヒアリングして、誰を紹介するか絞ろうとしたそうです。

ですが聞けば出てくるのは「汗が出ていたら自分のハンカチで拭いてくれる人」「出掛ける時は玄関まで見送ってくれる人」「朝はご飯ができたら優しく起こしてくれる人」「お風呂上りにタオルを用意してくれる人」といった答え。

「それってママじゃん」

彼女はそう思ったそうです。

確かにママです。

 

結婚したら新しいお母さんができるのではなく、妻ができるのです。

どんなに優しい人でも、お母さんではありません。

お母さん的な優しい人を求めているのなら、そりゃ結婚できないなぁ、と思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

結婚することを目的にお相手を探すのが婚活。 恋愛することを目的にお相手を探すのが恋活。 私はそう思っています。 ですが、婚活は婚活でも使い方が幅広くないでしょうか。 「もし良い人と出会えたら結婚したい」「結婚を前提に付き合える人を見付けたい」 これも婚 ... 続きを読む
【小ネタ】婚活の使い方が幅広い

結婚することを目的にお相手を探すのが婚活。

恋愛することを目的にお相手を探すのが恋活。

私はそう思っています。

ですが、婚活は婚活でも使い方が幅広くないでしょうか。

「もし良い人と出会えたら結婚したい」「結婚を前提に付き合える人を見付けたい」

これも婚活です。

「良い人とであったらすぐに結婚したい」

これも婚活です。

同じ「婚活をしています」でもこれでは温度差がありすぎます。

婚活中、この温度差の違いには何度も苦労させられました。

でもどういうペースで進めたいにしても、婚活は婚活なのです。

もういっそ「具体的にいつまでに結婚したいか決めていない人はレベル1」「半年以内に結婚したい人はレベル5」など婚活レベルもあったら楽なのにな、と思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。