低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

最初に謝っておきます。 末っ子長男さんごめんなさい。 それからこの記事は私が「末っ子長男嫌いだわ」という感想と「苦手意識持って婚活してごめんなさい」という反省なので「全ての末っ子長男はこんなんだからやめておけ」という記事ではありません。 参考にするに程 ... 続きを読む
【おまけ】末っ子長男が嫌い

最初に謝っておきます。

末っ子長男さんごめんなさい。

それからこの記事は私が「末っ子長男嫌いだわ」という感想と「苦手意識持って婚活してごめんなさい」という反省なので「全ての末っ子長男はこんなんだからやめておけ」という記事ではありません。

参考にするに程度にしておいてください。

 

タイトルの通り、私は末っ子長男が嫌いです。

最初のキッカケは弟でした。

2人姉弟とはいえ、弟は末っ子の長男です。

めちゃくちゃ甘やかされて育ちました。

私も「あれ……? 私との待遇の差がおかしくない?」と嫉妬に塗れる前には甘やかしていました。

その結果。

アラサーにもなって鬱を自称する割には病院に通うこともせず、ゲームアプリに課金するために親にお小遣いをせびるようなドクズが出来上がったのです。

全ての末っ子長男がこのような道を通るわけではありません。

むしろこうまでなったのは弟の生まれ持った素質が大きい部分もあると思います。

産まれた順番でどう育つか傾向はありますが、それが全て当て嵌まるわけではないのです。

甘やかされない末っ子長男や、甘やかされても真面に育つ末っ子長男もたくさんいます。

それは頭ではわかっています。

頭ではわかっていても、心の奥底で弟への嫌悪感が末っ子長男への嫌悪感に置き換わってしまい、私は末っ子長男がどうにも好きになれませんでした。

 

それは婚活をしていても大きく影響してしまいました。

プロフィール欄の兄弟構成で姉しかいないとどうしても苦手意識を持ってしまいます。

メッセージ交換をしていても、ちょっとしたことで「この人末っ子長男だし、甘えたなんだな」と先入観を持って接してしまいます。

結局は私の方がフラれてしまうので「そのせいで婚活が上手くいかなかった!」ということこそありませんでしたが、やっぱりそんなよくない先入観を持って活動するのは苦しかったです。

(もしかしたらお相手にもそんな私の悪感情が伝わって上手くいかなかった面もあるかもしれません)

 

そんな中、私が決定的に末っ子長男がダメになってしまう事件が起こってしまいました。

私の地雷を踏み抜く末っ子長男が現れたのです。

(そんな末っ子長男ぶりっこおじさんのことは「【ダイジェスト】17.ぶりっこおじさん」でさらっとまとめています)

彼は姉を3人持つ末っ子長男でした。

メールでちょいちょい甘えてくるところも苦手でした。

それどころか専業主婦のお姉さんに服を買ってもらったり、ご飯を奢ってもらうところには嫌悪感すら抱いてしまいました。

そして「今は40代でも不妊治療すれば子どもを授かれる」という彼の考えが、私には決定的にダメでした。

「授かれる可能性がある」ではなく、彼は身近に不妊治療をしている人がいるにも関わらず、「治療さえすれば授かる」と信じていたのです。

私の周囲には同い年(20代後半)でも3年不妊治療を続け、まだ結果に結び付いていない夫婦がいました。

その夫婦の例を出しても「大丈夫だよ。今は医療が進んでいるから授かれるよ」と。

私が厳しい例え話をしても「大丈夫大丈夫」と楽観視するばかりで全く話を聞こうとしてくれません。

その彼の甘いところと、弟の甘えた生活態度が重なってしまいました。

 

私の弟がドクズに育ったのも、彼が他人に甘え物事を楽観視するのも、末っ子長男は関係ないでしょう。

次男でも三男でも一人っ子でもそういう人はいます。

でも、結び付いてしまってダメでした。

私の中で「末っ子長男が嫌い」という思いが確固たるものになってしまったのです。

 

婚活は数をこなして自分にピッタリの人を探さなければいけません。

なので先入観を持つのは損です。

ですが「末っ子長男は嫌い」とぶりっこおじさん以後、マッチングすらしなくなってしまいました。

最終的に結婚できたからよかったようなものの、今振り返ると、それは自分で選択肢を狭める損な行動だったと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

先月9月にプロポーズされた知り合いがいました。 なんとそのキッカケは増税だったそうです。 「結婚するなら婚約指は絶対欲しい」と常々彼氏に伝えていた彼女。 「増税したら婚約指輪も2%高くなるよ? 20万円の指輪で4千円だよ?」と伝えたところ「じゃあ結婚しよう ... 続きを読む
【小ネタ】キッカケは増税!

先月9月にプロポーズされた知り合いがいました。

なんとそのキッカケは増税だったそうです。

「結婚するなら婚約指は絶対欲しい」と常々彼氏に伝えていた彼女。

「増税したら婚約指輪も2%高くなるよ? 20万円の指輪で4千円だよ?」と伝えたところ「じゃあ結婚しようか。4千円あったらうまい棒めっちゃ買えるもんな」ということで結婚することになったそうです。

 

話を聞いた時は「お、おお……」と思いましたが、増税も立派なキッカケです。

4月には「平成駆け込み婚」も流行りましたが、9月にも「増税駆け込み婚」なるものは増えたのでしょうか。

増えていたらいいな、と思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

店を移動した途端、勧誘くんのお話のテイストが変わりました。 「ところで、ブタちゃんって落ち込んだりすることない?」 「よくありますよ。テストの前とか『何でコツコツ勉強しなかったんだ!』って落ち込んだりとか、バイトばかりしていて私の学生生活これでいいんだ ... 続きを読む
214.【過去編】紹介してもらった人に勧誘された話②

店を移動した途端、勧誘くんのお話のテイストが変わりました。

「ところで、ブタちゃんって落ち込んだりすることない?」

「よくありますよ。テストの前とか『何でコツコツ勉強しなかったんだ!』って落ち込んだりとか、バイトばかりしていて私の学生生活これでいいんだろうかとか」

「そうだよね。それってもったいないよね」

「もったいないです」

「変わりたいって思わない?」

ここで「ん?」と思いました。

何かがおかしいです。

おかしいけれど、その違和感の正体はわかりませんでした。

でもこんな自分を変えられるのならば変わりたいと思います。

「変わったら人生楽しいでしょうね」

「うんうん。でも変わるにはまず、考え方を変えないとね」

「考え方?」

「うん。考え方を変えるだけで、自分が変わって、人生も変わるんだよ」

 

ここでやっと「この人何かおかしくない?」と私は気付きました。

でも彼は友人が紹介してくれた人。

紹介してくれた人が変な人だなんてありえるのでしょうか。

友人を信じたい気持ちと、彼氏が欲しい欲望で私は会話を続けます。

 

「考え方とか、私そういうのよくわからなくて」

「うん、どう考えたらいいかわからないよね」

そこではありません。

「考え方のヒントになるお話会を毎週日曜日にやっているんだけれど、来てみない? オレもずいぶん助けられたんだよね」

「どこでやっているんですか?」

「ちょっと説明するのが難しいから、次の日曜日に一緒に行こうよ」

ということで連絡先を交換し、また次のデートが決定です。

そして日曜日に連れて行かれた先は。

大きく「○○(宗教の名前)」という看板がぶら下がった建物でした。

そこでやっと私は感じていた違和感の正体に気付きました。

私は宗教に勧誘されていたのです。

そこで逃げ出せればよかったのですが、当時の私にはそこまでの勇気がなかったので、彼とお話を聞いて、おじさんおばさんに散々勧誘されてから「用事を思い出した」と言って逃げ出しました。

 

後日。

紹介されてくれた友人に恐る恐る「なんか宗教の集まりに連れて行かれたんだけど……」とチクりました。

すると友人も彼がそんな活動をしていたなんて知らなかったようで驚いていました。

「今まで紹介した子はそんなことなかったみたいなんだけどな……。ブタちゃんのこと気に入らなかったのかな?」

胸に刺さる一言です。

「恋人候補にならないから、宗教に勧誘されてしまったのかな」と思い、泣きそうな気持になりました。

 

この間、久々に宗教に勧誘されて思い出して書きました。

私の場合は紹介でしたが、婚活パーティーやネット婚活にもこんな人は紛れ込んでいるかもしれません。

彼は学生だったので勧誘の詰めが甘かったから私でも逃げられましたが、婚活に紛れ込んでいる人は勧誘のプロかもしれないので、違和感を感じたら気を付けてください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

学生時代。 周りには彼氏がいるのに、私には彼氏ができませんでした。 デブスのコミュ障なので当然です。 みんなが彼氏と仲良くしている時に、私はアルバイト。 お盆も正月もクリスマスもヴァレンタインもアルバイト。 周囲はイチャイチャイチャイチャしているのに。 ... 続きを読む
213.【過去編】紹介してもらった人に勧誘された話①

学生時代。

周りには彼氏がいるのに、私には彼氏ができませんでした。

デブスのコミュ障なので当然です。

みんなが彼氏と仲良くしている時に、私はアルバイト。

お盆も正月もクリスマスもヴァレンタインもアルバイト。

周囲はイチャイチャイチャイチャしているのに。

悲しすぎます。

でも、合コンに参加してみても自分から声をかけに行くようなバイタリティーはありません。

だってコミュ障だから、初対面の人とお話するのは苦手です。

地蔵のようなデブスに声をかけてくれる人なんていません。

でもいつか結婚したいし、彼氏が欲しい。

そんな風に悶々と過ごしていた時に友人に「紹介しようか?」と声をかけてもらいました。

高校時代の友人が彼女募集中らしく、ちょうど良いのではないかと。

こんなデブスに男性を紹介してくれるなんて、女神か何かでしょうか。

「顔が残念だから中々紹介相手見付からなかったんだけれど、ブタちゃんあんまり顔気にしないよね?」

「シナイシナイ。中身ダイジ」

「向こうもお酒好きだし、ブタちゃんに合うと思うよ」

ということで、初めて男性を紹介してもらえることになりました。

紹介はお付き合いの黄金パターン(だと私は思っていた)ので期待に胸が爆発寸前です。

 

勧誘くんとはまず、実際に会ってみることになりました。

「メールから始めてもいいけれど、実際に会った時に話すことなくなるでしょ?」とのこと。

「へぇ、そういうもんなんだ」と彼女に言われるままお任せです。

実際に会った時のお楽しみと、彼に関する情報も名前、身長、大学、学部くらいしか教えてもらえませんでした。

彼の名前は仮に勧誘くんと呼ばせてもらいます。

身長は180cmと高身長で、大学もブタでも知っている大学の幼児教育学部です。

それだけ聞いたら「彼女いそうなのに」と思うのですが。

 

勧誘くんと初めて出会ったのは居酒屋でした。

紹介してくれた友人と3人です。

その友人は勧誘くんのことを「顔が残念」と言っていましたが、そこまで残念ではありませんでした。

そんなにイケイケなタイプではありませんでしたが、拙いながらも会話は進みます。

勧誘くんは学校の先生になるのが夢らしくて、それについても熱く語ってくれました。

良さそうな人のように感じます。

居酒屋で一通り食べ終わると、友人は席を外しました。

「じゃあ、あとは2人で仲良くね」

そして友人がいなくなった途端、気まずい雰囲気に――、ということもなく、またのお店で飲み直すことにしました。

この時は「このまま付き合っちゃう? 彼氏できちゃう?」とすごく楽しかったです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

ネット婚活のプロフィールでもあるところは多いですが、婚活パーティーや街コンだと必ずと言っていいほどあるのがこのプロフィール欄「デートで行きたい場所」です。 恋愛経験値スライムには厳しい質問です。 デートってどこに行って何をするものなのかよくわかりません ... 続きを読む
【小ネタ】デートで行きたい場所

ネット婚活のプロフィールでもあるところは多いですが、婚活パーティーや街コンだと必ずと言っていいほどあるのがこのプロフィール欄「デートで行きたい場所」です。

恋愛経験値スライムには厳しい質問です。

デートってどこに行って何をするものなのかよくわかりません。

古典的(?)なデートスポットの観光地やテーマパーク、イルミネーションに興味はあります。

でもそんなことを書いたら「金のかかる女」と思われそうです。

だったら好きな居酒屋やレストランを書いたらいいのでしょうか。

でもそれだと、ご飯を食べてそれで終わりになるのではないのでしょうか。

 

こんな風に、婚活を始めたばかりの時はデートの経験が無さすぎて、何を書いたらいいのか全くわかりませんでした。

経験を積み重ねていくうちに、他の男性のプロフィールを見て「海とか公園とかそんなのでいいんだ」「行きたいご飯のお店も書いたらいいんだ」と学習できましたが、最初は本当に何書いたらいいかわからなくて空白でした。

恋愛経験値スライムだと思わぬところで躓くのです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

次にマッチングしたのは猫愛溢れる34才の方でした。 なので「ねこさん」と呼びます。 どれくらい猫愛に溢れているかというと、プロフィールに「猫好きな人と結婚したい」と書いちゃうくらいです。 私はどちらかと言えば犬派ですが、年収600万の研究職です。 ダメ元でア ... 続きを読む
【ダイジェスト】19.ねこさん

次にマッチングしたのは猫愛溢れる34才の方でした。

なので「ねこさん」と呼びます。

どれくらい猫愛に溢れているかというと、プロフィールに「猫好きな人と結婚したい」と書いちゃうくらいです。

私はどちらかと言えば犬派ですが、年収600万の研究職です。

ダメ元でアプローチしてみたら、なんとマッチングすることができました。

このチャンス、逃すわけにはいけません。

気合が入ります。

 

ねこさんは結婚に対する理想や条件も猫が中心でした。

実家に愛する老猫を残して一人暮らしをしていて、連休の度にその猫に会いに実家に帰ってるそうです。

その愛猫の寿命もそんなには残っていないので、交際したらしたら半年くらいで結婚して猫仕様の家を建てて、愛猫を引き取りたい。

というか、引き取るのが結婚の条件。

いずれは譲渡会で新しい猫も家族に迎えたい。

「この人猫と結婚したらいいじゃん」と思わないこともありませんでしたが、結婚後のビジョンも無しにふんわりと婚活している人よりかはよっぽどやりやすいです。

 

と思ったのも最初だけ。

メッセージ交換を続けていると、ある日突然ねこさんから取り調べが始まりました。

猫は好きか、猫は飼ったことがあるか、保護猫をどう思うかは序の口です。

猫アレルギーの有無を尋ねられました。

猫を飼ったことがないので、そんなアレルギーがあるかなんてわかりません。

するとねこさんはこんなことを言い出したのです。

「結婚できる人意外とはお会いしたくないので、お会いする前に1回アレルギー検査を受けてもらえませんか?」

会う約束すらまだしていないのにアレルギー検査をお願いされるなんて予想外です。

アレルギー検査ってお高いですし、本交際をしているならまだしも、仮交際すらしていないお相手のためにアレルギー検査なんてできません。

そのことをお伝えすると、ねこさんは「もうちょっと考えてみます」とのこと。

これでねこさんが考え直してくれると嬉しいです。

 

そしてさらにねこさんに「猫に介護についてどう考えるか」と聞かれました。

親の介護に関しては「自分でどうにかするんじゃない?」と言っておきながら、先に猫の介護についてとは。

私の感覚では順番が逆だと思います。

(猫の方が寿命は先なのでしょうが)

でも婚活しているからには真剣に考えてお答えします。

私が考えた猫の介護に対する考えは「できれば家で看取ってあげたい。でも動物の介護なんてよくわからないので、場合によってはプロの手を借りたらいいのではないか」というものでした。

普通にオムツを取り替えたり、薬をあげるだけなら私にもできるかもしれません。

でもそれ以上となると、ちゃんとできるかはわかりません。

そうなれば慣れたプロの手を借りた方が猫も快適なのではないでしょうか。

しかし、ねこさんの考えは違いました。

「それは他人に任せるということですよね? 婚活ブタさんからは猫に対する愛情と真剣さを感じられません。私の結婚相手には不向きかと思います

そうフラれてしまいました。

あまりにも価値観が違いすぎます。

その価値観だと猫関係のボランティアや婚活パーティーに行った方が好い人と出会えるんじゃないかな、と思いましたが私には関係のないことです。

ねこさんとのやりとりはそうやって終わりました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

92.ねこさん①

93.ねこさん②

94.「ハッキリ言えて羨ましい」と思ったこと


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

結婚するお相手に求める条件は誰だって持っています。 ある程度の年収がある人だったり、容姿が整っている人だったり、家事能力が優れている人だったり。 一生を共にする予定の人です。 大なる小なり求めるところがあって当然です。 むしろ「どんな人でもいい」と言っ ... 続きを読む
【小ネタ】お相手に求める条件

結婚するお相手に求める条件は誰だって持っています。

ある程度の年収がある人だったり、容姿が整っている人だったり、家事能力が優れている人だったり。

一生を共にする予定の人です。

大なる小なり求めるところがあって当然です。

むしろ「どんな人でもいい」と言っている人ほど婚活は難航します。

だから自分がどんなお相手を求めているか明確にするのは大切なことです。

 

が。

プロフィールに「お相手に求める条件」と色々書くのは間違っていると思います。

もし自分が当て嵌まっていたとして、そんな風に「こんな人と結婚したいからアプローチしてね!」なんて受け身な人と婚活したいとは思いません。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活をしていたら「今まで何人と付き合った?」という話になることは多いです。 恋愛テクニックとして「実際の人数はともかく2人くらいと答えておくのが無難」という話はあります。 ですが正直に実際の人数を答える時に、どのように数えたらいいのでしょうか。   恋 ... 続きを読む
【おまけ】交際人数の数え方

婚活をしていたら「今まで何人と付き合った?」という話になることは多いです。

恋愛テクニックとして「実際の人数はともかく2人くらいと答えておくのが無難」という話はあります。

ですが正直に実際の人数を答える時に、どのように数えたらいいのでしょうか。

 

恋愛で交際した人数は当然含めます。

問題はその先の、婚活で交際した人数です。

中にはカップリングやマッチングしただけのお相手ですら交際人数に含める人もいるそうです。

そんな人たちを交際人数に含める必要はありませんが(むしろ含める方が怖い)本交際まで辿り着いた人たちはどうでしょうか。

本交際まで辿り着いたということは「この人なら結婚できるかもしれない」と思って、真剣に交際するわけです。

そこに恋愛感情はなくても、結婚を見据えたお付き合いなので、濃厚なお付き合いになります。

しかし出会いは婚活の場であって、純粋な恋愛感情でお付き合いを始めるわけではありません。

(中にはそういう人もいますが)

恋愛と同じ枠で数えるのは何だか違う気がします。

それに「本交際」「真剣交際」と言ったところで婚活の一過程です。

「結婚」という目的が設定されたお付き合いです。

なので「この人とは結婚できない」と思えばすぐにお別れします。

そこも恋愛とは違うところです。

だから本交際まで辿り着いたけれど、1回目のデートでダメになることだって当然多々あります。

そして、付き合う人数も膨れがちです。

私みたいな低収入のデブスだって、2年間の婚活期間で3人と本交際まで辿り着いているのです。

なので特に問題のない人ならば、もっと多くの人と本交際まで辿り着くでしょう。

だとすると、1年で数人交際人数が増えていくわけです。

恋愛では中々有り得ない数の膨れ方をします。

お相手に「遊んでたんですね」と思われても仕方がない数にすぐ到達してしまうでしょう。

そして、婚活をするまでお付き合いしたことがなかったとしても、婚活を続けていればいつかは本交際まで辿り着きます。

中々本当に結婚したいと思える人と出会えず、数を重ねてしまった場合「恋愛では0人、婚活では3人」というアンバランスが成立してしまいます。

恋愛経験が無いのに「3人とお付き合いしていてそこそこ経験豊富」なんて思われたら溜まったものではありません。

 

以上のことを踏まえて、私は交際人数を問われた時は、婚活での本交際を人数に含めない方がいいと思います。

ただ何となく人数が知りたい人ならばそこで会話が終わりますし、詳しく知りたい人ならばもっと突っ込んで色々聞いてきます。

そこで詳しくお話すればいいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活中、私は容姿を気にせずに活動していました。 元々そんなに容姿にこだわる質ではありませんでしたし、容姿よりも優先したい条件があったからです。 そんな私でもプロフィール写真で避ける人種がいました。 そう、イケメンです。 「イケメンが婚活なんかするか」「 ... 続きを読む
【小ネタ】イケメン不信

婚活中、私は容姿を気にせずに活動していました。

元々そんなに容姿にこだわる質ではありませんでしたし、容姿よりも優先したい条件があったからです。

そんな私でもプロフィール写真で避ける人種がいました。

そう、イケメンです。

「イケメンが婚活なんかするか」「どうせ別人がなりすましているか、詐欺に違いない」と思っていました。

だってイケメンが婚活するなんておかしいです。

イケメンは借金があろうが無職だろうが生きているだけで女が寄ってきて、ある程度の年齢になったら結婚するものなのです(偏見)

だからイケメンのプロフィール写真の人は全て結婚詐欺師

そう思って活動していました。

(心に余裕ができた今でもその考えは拭えません)

完全なイケメン不信です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   ネット婚活でお相手とメッセージ交換をしている時のお話です。 この方とは、マッチングして軽く挨拶を交わした後にすぐに「会おう」と言われました。 慣れてきていたとはいえ、ネッ ... 続きを読む
【奇行】33.ダメ出し

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

ネット婚活でお相手とメッセージ交換をしている時のお話です。

この方とは、マッチングして軽く挨拶を交わした後にすぐに「会おう」と言われました。

慣れてきていたとはいえ、ネット婚活。

実際に存在するかもわからない顔の見えないお相手です。

いつかは会うことになるとして、マッチングしてすぐに会うのはリスクが大きすぎます。

 

「メッセージ交換してお互いのことを知ってからお会いしたい」と伝えたのですが。

 

「でも会わないと結婚できないよね?」

「そういう消極的なところが結婚を遠ざけているんだと思うよ?」

「そもそもプロフィール写真ももっと上手に撮らないと。あの写真じゃボディラインがわからないよね」

「PR文の書き方も堅苦しすぎると思うな。もっとフランクにいかないと男の人に引かれちゃうよ」

 

なんかもう、ダメ出しの嵐です。

お前は何目線で言っているんだ。

私の婚活コンサルタントか何かかと思ってしまいました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。