低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

頑張って婚活して、やっと「結婚したい」と思えるお相手に出会えました。 お付き合いも順調に進んで話もまとまり、両家のご両親にご挨拶。 その段階で自分の両親に「あの相手で本当に良いのか?」「もう少しじっくり考えてみてはどうか?」などと結婚について後ろ向きな ... 続きを読む
【おまけ】「周りには迷惑かけない」って本当?

頑張って婚活して、やっと「結婚したい」と思えるお相手に出会えました。

お付き合いも順調に進んで話もまとまり、両家のご両親にご挨拶。

その段階で自分の両親に「あの相手で本当に良いのか?」「もう少しじっくり考えてみてはどうか?」などと結婚について後ろ向きな意見を貰ってしまいます。

祝福してもらえると思って紹介したのに、とても悲しいですよね。

「私の人生なのにどうして親が結婚相手に口出しするのか」「結婚なんて2人だけの話なのになぜ周囲が反対するのか」

そう思ってしまうと思います。

実際にそう言って結婚を強行したカップルを何組か知っています。

そのカップルたちは決まって「結婚は2人だけのもの」「周りには迷惑かけるわけじゃない」と口を揃えていましたが、本当なのでしょうか。

私は嘘だと思います。

 

中には援助を受けることもなく、親戚付き合いをすることもなく、2人だけで結婚生活が完結している夫婦もいるのでしょう。

ですが、そんなことを言って結婚を強行するカップルに限って周りに迷惑をかけまくっていると思います。

産後一ヵ月から両親に子どもを預けて働きに出たり、夫の母親の借金の督促状が届いて結局泣き付いたり、家を建てる段階になって貯金が無いことが発覚して出してもらったりなどなど。

今の時代、仕方ない面もあると思います。

事情があって産後すぐに働かなければいけなかったり、貯金をすることが中々難しかったり。

ですが「結婚は2人だけのもの」「誰に迷惑をかけるわけではない」と大口を叩いておいて、それはあまりに身勝手ではないでしょうか。

 

「他人に迷惑をかけてはいけない」とは言いません。

完璧な人間なんていないですし、迷惑をかけたりかけられたり、お互い様です。

ですが周囲が「そういう状況になってしまうのではないか」「不幸になってしまうのではないか」と心配してくれているのに無視して結婚して、結局周囲にその尻拭いをさせるのは違うと思うのです。

最初から「私はやりたいようにやるので、周りはその尻拭いをしてください」と思っているのなら話は別ですが「2人だけでどうにかできる」「周りに迷惑かかるわけがない」と思っているのなら少し考えていただきたいものです。

 

結婚はおめでたいものですし、自分の子どもや友人に「結婚してほしくない」と思っている人はあまりいないと思います。

反対されるならそれなりの理由があるのです。

(それが自分本位な下らない理由なら絶縁覚悟で結婚したらいいと思います)

 

結婚はいいものです。

2人だけで結婚しても、当人同士は幸せかもしれません。

でも周囲に祝福してもらったらもっと幸せになれます。

「周りに迷惑かけない」と意固地になる前にどうして反対されたのか少し考えてみてください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活相手とのデート中のことです。 お茶をしている途中にスマホで時間を確認したかと思うと、婚活相手は「あ!」と急に驚いた声を上げました。 「どうしました?」 「ごめん、ちょ ... 続きを読む
【奇行】38.ゲーム中毒

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活相手とのデート中のことです。

お茶をしている途中にスマホで時間を確認したかと思うと、婚活相手は「あ!」と急に驚いた声を上げました。

「どうしました?」

「ごめん、ちょっと待っててもらっていい?」

「何か用事ですか?」

「うん。スマホゲーのイベント始まるの忘れててさ」

そう言って、周りの迷惑も考えずにスマホの音を出したままゲームを始める婚活相手。

こいつ一回痛い目見ればいいのにと思ってしまいました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

※私が婚活をして学んだことを書いていきます   婚活って「自分磨き」が重要になってくると思います。 だって今まで普通に生きてきて何も変わっていないのです。 だから「何か」を変えていかなければいけません。 結婚するために「内面」だったり「外見」だったりを ... 続きを読む
【婚活学習】28.「女性に受ける自分磨き」と

※私が婚活をして学んだことを書いていきます

 

婚活って「自分磨き」が重要になってくると思います。

だって今まで普通に生きてきて何も変わっていないのです。

だから「何か」を変えていかなければいけません。

結婚するために「内面」だったり「外見」だったりを高めていかなければいけません。

 

ですが、なんと「女性に受ける自分磨き」と「男性に受ける自分磨き」は違うのです。

何となく耳にしたことはありましたが、婚活をしてみて初めて身を以て知ることができました。

例えば髪型です。

周りの女性たちの反応がいいので、私はずっとボブにしていました。

「似合うよ」って褒めてくれるのが気持ち良かったですし、何よりもお手入れが楽だったんです。

ですが婚活を始めて、少しでも男性ウケするために髪型を黒髪ロングヘアにしました。

女性たちからは「前の方が似合っていたのに」「もう切らないの?」というお言葉をいただきましたが、男性からは「そのロングヘアが好き」と言ってもらう機会が圧倒的に増えました。

ボブの時には髪型に対するリアクションなんて皆無だったにも関わらず、です。
(その辺りの葛藤?は「101.髪型を変えるかどうするか」で書かせてもらいました)

 

他にもマニュキアやジェルネイルをすれば、女性は「かわいい」「どこでやったの?」と褒めてくれます。

一方男性からは「料理の時にはその爪どうしているの?」なんて心配されます。

 

メイクだって、濃いめにした方が女性からはウケが良いけれど、男性はスッピンに近い薄いメイクの方が好きです。

そんな風に男性と女性では「良い」と思うポイントが違うのです。

 

エステやネイルサロンに通って、お化粧もバッチリ決めて、ハイブランドな服やアクセサリーを取り入れて、といった自分磨き。

自分は楽しいし、周りの女性も褒めてくれます。

なので自分がどんどん奇麗になって、結婚に近付いていると思うかもしれません。

でも、もしかしたらその自分磨きの方向性は「男性が求めている結婚したい女性像」から離れていっているかもしれません。

 

全ての男性がそういう女性を「結婚相手に選びたくない」と思っているわけではありませんので、そういう自分磨きが無駄だとは言いません。

何より自分が楽しくて奇麗になることで自信が持てます。

それはとても良い事です。

ですが「この方向性を極めていけば絶対に良い男性と結婚できる」というものでもないのです。

 

「女性に受ける自分磨き」は自分に自信を持たせるためのもの。

「男性に受ける自分磨き」は自分を選んでくれる男性を増やし、選択肢を広げるもの。

そうやってきちんと分けてバランスよく「自分磨き」していくといいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

私の友人に「自衛官と結婚したい」と自衛官に的を絞って婚活をしている人がいます。 主に婚活パーティーを主に活動していたのですが、ある時ネット婚活にも手を出そうとしました。 何でも自衛官の男性と自衛官と結婚したい女性のための婚活サイトがあるそうです。 男性 ... 続きを読む
【小ネタ】自衛官専用婚活サイト

私の友人に「自衛官と結婚したい」と自衛官に的を絞って婚活をしている人がいます。

主に婚活パーティーを主に活動していたのですが、ある時ネット婚活にも手を出そうとしました。

何でも自衛官の男性と自衛官と結婚したい女性のための婚活サイトがあるそうです。

男性はもちろん自衛官であることが絶対条件。

自衛官でさえあれば無条件に登録できます。

一方女性はというと、何と登録するのに顔写真の審査があるそうです。

ある程度の顔面偏差値が無いと登録すらさせてもらえないとのこと。

要するにブスには関係のない婚活サイトです。

 

そして彼女がその婚活サイトに無事登録できたのかというと。

「何で私が審査されなきゃいけないの? 気に食わない」と登録申請すらしなかったそうです。

その気持ちはわかります。

でも婚活が長引いている人って「私が選ぶ立場」だと思っている人が多いな、と思いました。

(結構昔の話なので、まだその婚活サイトが存在しているのかはわかりません)

 

その友人はこの人です





にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「一人でクリスマス過ごすの絶対に嫌」って人いますよね。 というか、ほとんどの人はそうではないでしょうか。 私も婚活中のクリスマスは一人ぼっちの自分が惨めに思えて仕方ありませんでした。   そんな一人ぼっちのクリスマスですが、回避術が存在するそうです。 ... 続きを読む
【小ネタ】一人ぼっちのクリスマス回避術

「一人でクリスマス過ごすの絶対に嫌」って人いますよね。

というか、ほとんどの人はそうではないでしょうか。

私も婚活中のクリスマスは一人ぼっちの自分が惨めに思えて仕方ありませんでした。

 

そんな一人ぼっちのクリスマスですが、回避術が存在するそうです。

何とそれが婚活パーティー。

「ガチで結婚したい人が多いから、2回か3回デートしたら告白されるよ。クリスマス終わったらリリースすれば?」だそうです。

婚活パーティーを何だと思っているのでしょうか。

ガチで結婚したい人が頑張っている場だとわかっているのに、どうしてそんなことができるのでしょうか。

遊び目的の男性と同じくらい質が悪いです。

皆さんもこんな性悪に引っかからないように注意してください。

結婚したい理由がふわっとしていたら要注意です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

次に婚活サイトでマッチングした人は発達障害を自称する予備校の講師の方でした。 なので塾講師さんと呼びます。   彼は「発達障害です。理解してくれる人と結婚します」とプロフィールに書いているだけあって、癖の強い人でした。 (私は発達障害に対する知識はあり ... 続きを読む
【ダイジェスト】25.塾講師さん

次に婚活サイトでマッチングした人は発達障害を自称する予備校の講師の方でした。

なので塾講師さんと呼びます。

 

彼は「発達障害です。理解してくれる人と結婚します」とプロフィールに書いているだけあって、癖の強い人でした。

(私は発達障害に対する知識はありませんでしたが、塾講師さんに了解を取ってやり取りを始めました)

まず、メッセージ交換を始めた途端に本名を教えてほしいと要求されました。

何のために仮名で登録をしていると思っているのでしょうか。

コミュニケーションは直球勝負でしか成り立たず、メッセージを重ねるうちにこだわりの強さも伺えました。

日用品はストックが必ずないと駄目だったり、ゲームはレベルがカンストするまで上げないと気が済まなかったり、健康に悪いからレトルト食品やカップ麺は食べられなかったり。

大雑把な私からすると、それらは結婚に対する不安要素です。

ですが、塾講師さんから「そろそろ会ってみたい」という申し出があり、お会いすることになりました。

実際にお会いしてみたら違う部分も見えてくるかもしれません。

 

が。

お会いする約束の当日。

約束の時間を30分過ぎても塾講師さんは現れません。

それどころか何の連絡も無しです。

こちらからメールを送ってやっと「あと10分で着きます」と返信が来る始末。

帰ってやろうかとも思いましたが、昼食を一緒にする約束だったのでお腹が空いていたし、こんなことをする男の顔が見てみたい。

30分以上待たされたわけだし、あわよくば奢ってもらってタダ飯にありつこうという下心もあって待つことにしました。

でもこれは間違いでした。

メールしてから15分後に現れた塾講師さん。

謝りもせずに「発達障害だから時計見ていなくて」で終わりです。

しかも私のメニューまで勝手に頼むし、勤め先の生徒さんやその保護者の悪口ばかり言うし、ジュースを零しても謝ることなく店員さんに「拭いておいて」と頼むだけ。

「服にかかっていない?」と同席していた私に対する気遣いもあるわけありません。

 

このお食事一回で、塾講師さんとは完璧に無しだと確信しました。

その場でお断りするのは揉めそうな気配があったので、家に帰ってからメールでお断りです。

すると『オレが発達障害だからですか?』と。

そこではありません。

連絡も無しに30分以上遅刻してきたところ、謝りもしなかったところ、悪口ばかり言うところ、ジュースを零しておいて店員さんに対する態度が横柄だったところ。

そこを指摘してお断りしても『だからオレが発達障害だからですよね』と。

話になりません。

何でもかんでも発達障害のせいにする塾講師さん。

そんなところがとてつもなく嫌で、塾講師さんとの婚活はとても嫌な気持ちで終わりました。

 

この記事は下記の婚活体験談をまとめた内容になっています

118.塾講師さん①

119.塾講師さん②

120.塾講師さん③

121.塾講師さん④

122.塾講師さん⑤

123.彼は本当に「発達障害」だったのか


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

結婚するならお相手の健康状態って大切です。 持病があったり、不安がある部分があるのならばそれなりの覚悟をして結婚しなければありません。 でも20代前半の人はその意識が薄いように思います。 「結婚する前にお相手の結婚状態もちゃんと聞いておいた方がいいよ」と ... 続きを読む
【おまけ】健康って大事なの?

結婚するならお相手の健康状態って大切です。

持病があったり、不安がある部分があるのならばそれなりの覚悟をして結婚しなければありません。

でも20代前半の人はその意識が薄いように思います。

「結婚する前にお相手の結婚状態もちゃんと聞いておいた方がいいよ」と言っても「何言ってるのこのオバサン」というぽかんとした顔をされてしまいます。

きっと自分が健康で、健康でない人のことなんて実感がわかないのでしょう。

ましてやそういう人と一緒に暮らすということがどういうことなのかもわからないのだと思います。

 

想像してみてください。

お相手が胃炎持ちだったとしたら。

仕事から帰って晩御飯を作ろうとした時にメールが来ます。

『今日は胃が痛いから素うどんにして』

そして急遽メニューを変更し、帰りを待ちます。

帰ってきたら帰ってきたでこう言うのです。

「準備してくれたのにごめんね。やっぱり今日食べられそうにない」

 

お相手の体が弱かったとしたら。

平日は仕事が終わったらそれで体力を使い果たし、ご飯を食べてお風呂に入って寝るだけ。

休日も仕事に支障をきたさないように寝て過ごすことが大半です。

たまに遊びに行く予定を入れても、そういう時に限って体調を崩します。

 

お相手に通院するような病気があったとしたら。

毎日服薬したり、食べるものにも注意が必要だったりします。

食べるものに注意が必要な場合は当然ながら外食も制限されるので、一緒に外食を楽しんだり「今日はご飯作るの面倒臭いから出来合いで」なんてことができないこともあります。

それに加えて小まめな掃除が必要な病気もありますし、運動が必要な病気もあります。

そうなれば自分の生活にも制限が増えてきます。

 

これがたまにあるのではなく、頻繁にあるのです。

最初は愛情で何とかなるかもしれません。

「結婚したい」と思った人が苦しんでいるのですから、何とか力になりたいと思うのが人というものです。

でも、小さなストレスにはなります。

塵も積もれば山となります。

その小さなストレスも、いつかは大きなストレスになってしまうのです。

それを覚悟して結婚するのと、知らずに結婚するのでは大きな差があります。

知らずに結婚してしまえば「こんなはずではなかった!」と思ってしまう日がいつか来てしまうでしょう。

そういう意味でもお相手の健康状態を知ってから結婚するのはとても大切です。

また、確認することによって思いもよらない大きな病気を抱えていることだってあります。

「婚活していた人が糖尿だった」「脳梗塞をしたことがあった」など聞かない話ではないです。

なので今はピンと来なくても、お相手の健康はちゃんと確認してから結婚してください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

性病にかかっていないか、妊娠のトラブルになるような病気はないか、異常はないか。 妊娠前の健康診断とも言えるブライダルチェック。 子どもが欲しくて婚活をしているのなら結婚する前にはお相手と一緒に受けに行きたいですよね。 私も実際にお相手の方と受けに行こう ... 続きを読む
【小ネタ】ブライダルチェック

性病にかかっていないか、妊娠のトラブルになるような病気はないか、異常はないか。

妊娠前の健康診断とも言えるブライダルチェック。

子どもが欲しくて婚活をしているのなら結婚する前にはお相手と一緒に受けに行きたいですよね。

私も実際にお相手の方と受けに行こうとしていましたが、私が原付に突き飛ばされたり、お相手のお仕事が忙しかったり、引っ越しの準備で忙しかったり色々な理由が重なってしまい受けに行くことができませんでした。

結果として私たちはそれでも何事も無く子宝を授かることができたので良かったですが、子どもが欲しいならブライダルチェックは行っておいた方がいいと思います。

 

子どもが欲しくて婚活をしていた女性がいました。

その女性は同じく子どもが欲しい男性と出会い、結婚しました。

そしてお互いに「子どもが欲しい」という強い希望があったのでブライダルチェックへ。

結果として、彼女の方に問題が見つかってしまいました。

 

離婚にはなりませんでしたし、今は不妊治療を経て子どもを授かることができたのですが、当初はかなり夫婦間がギスギスしたそうです。

子どもが欲しくて結婚したのに、問題が見つかってしまったのですからね。

当然ですし、誰も責められません。

今でこそ乗り越えられたのですが「入籍を済ませる前にブライダルチェックを受けておけばよかった」と彼女は言います。

そうすれば「問題はあるけれど結婚して2人で頑張って治療する」か「このままお別れするか」をちゃんと話し合ってから結婚できた。

なのであんなにギスギスすることはなかったと思う、と。

 

私もその考えには賛成です。

運が良ければ何もありませんが、運が悪ければ彼女のように結婚した後に問題が発覚して夫婦仲にも問題が発生してしまうのです。

やはり子どもを望んで結婚するのなら、ブライダルチェックは結婚する前に受けておくべきです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

皆さんは燃え尽き症候群になったことがありますか? 学祭や受験の後になる人が多いみたいですよね。 ちなみに私は大学卒業後に燃え尽き症候群気味でした。   何かを一生懸命頑張ったその反動で、一気に無気力になってしまう燃え尽き症候群。 なんと、婚活でもなって ... 続きを読む
【おまけ】燃え尽き症候群

皆さんは燃え尽き症候群になったことがありますか?

学祭や受験の後になる人が多いみたいですよね。

ちなみに私は大学卒業後に燃え尽き症候群気味でした。

 

何かを一生懸命頑張ったその反動で、一気に無気力になってしまう燃え尽き症候群。

なんと、婚活でもなってしまう人がいるそうです。

結婚したって新居のことだったり手続きのこと、ご挨拶のこと、結婚式のこと、新婚旅行のことなどなどとやることは盛沢山。

それが終わっても、子どもを望むなら妊活だって始めなければいけません。

妊活が終われば子育てです。

燃え尽きている暇なんてありません。

私はそう思うのですが。

一生懸命死に物狂いで婚活をやった人の中には婚姻届けを提出すると同時に燃え尽きてしまう人もいるようなのです。

婚活が終わると、何か大きなことを成し遂げた気になります。

なのでわからなくもありません。

ですが「燃え尽き症候群」なんてライトな名前が付いていますが、実際のところは軽い鬱状態なわけです。

結婚したらそれでゴールではありません。

ゴールはゴールなのですが、それと同時に新たなスタートなのです。

だから幸せな結婚生活を維持するためにはそれ相応の努力が必要です。

「どこに力を入れるか」「どこで手を抜いて楽をするか」「何かあったらちゃんと話し合う」

それらの幸せな結婚生活を維持する努力ができなくなってしまうのです。

幸せな結婚生活を維持するには片方の努力だけでは成り立ちません。

お互いの努力が必要なのです。

なので、新婚早々歯車が噛み合わない生活を送ることになってしまいます。

幸せな結婚生活を夢見て婚活を頑張って来たのに、燃え尽きてそれを維持する努力ができなくなるなんてあんまりです。

 

なぜ今回こんなことを書いているかと言うと、実際に燃え尽き症候群で離婚した夫婦がいたからです。

普通はここまで拗れることは無いと思います。

ちゃんと途中から立ち直れるでしょう。

ですがこの離婚してしまった夫婦は両方とも燃え尽き症候群になってしまったのです。

なのでお互いに「結婚する前はできていたこと」すらできなくなってしまいました。

そんな感じなのでお互いに「結婚ってこんなものなの? 想像していたのと違う!」となってしまい、離婚してしまったそうです。

何と恐ろしいことなのでしょうか。

片方だけでも、結婚前のモチベーションを保てていたら、喧嘩こそすれ離婚にまではならなかったかもしれません。

 

婚活において結婚はゴールです。

でもゴールであると同時にスタートでもあるのです。

幸せな結婚生活を維持するにはもちろん努力も必要になるので、婚活を今現在されている方は、燃え尽きないようにくれぐれも注意してください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

一緒に合コンにも行ったことがあるアラフォー女性が結婚しました。 お相手はギリギリ20代と年の差婚です。 何をしているのかは教えてくれませんでしたが、外見は金髪と言っていいくらいの明るい茶髪で、何かジャラジャラ付けています。 「もしかしてその人、2文字で表す ... 続きを読む
【小ネタ】究極の選択

一緒に合コンにも行ったことがあるアラフォー女性が結婚しました。

お相手はギリギリ20代と年の差婚です。

何をしているのかは教えてくれませんでしたが、外見は金髪と言っていいくらいの明るい茶髪で、何かジャラジャラ付けています。

「もしかしてその人、2文字で表すと……。ヒモ?」って感じです。

(偏見でごめんなさい)

 

美人だし、口ではハイスペックを求めていた彼女。

彼のどこを気に入って結婚したのかとても気になりました。

なので私は「結婚の決め手は何だったんですか?」と質問しました。

すると彼女は「一生独りでいるか究極の選択だよね」と笑って言いました。


そんな彼女はこちらの合コンのA子さんです


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。