低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

※私が婚活をして学んだことを書いていきます   婚活において「どのような場所でどのように活動するか」選ぶのは重要です。 息をするのでさえストレスが溜まるのが婚活です。 そんなストレスにさらされ続ける婚活なのですから、少しでもストレスの少ない方法で婚活す ... 続きを読む
【婚活学習】26.婚活のフィールドを絞るべきではない

※私が婚活をして学んだことを書いていきます

 

婚活において「どのような場所でどのように活動するか」選ぶのは重要です。

息をするのでさえストレスが溜まるのが婚活です。

そんなストレスにさらされ続ける婚活なのですから、少しでもストレスの少ない方法で婚活するのは重要です。

私も「合コンは苦手」「婚活パーティーは苦手」「街コンはそもそも一緒に行く友人がいない」「お見合いも自分の条件が悪すぎる」と色々悩んでネット婚活に辿り着きました。

(「2.持つべきものは」でその辺りの葛藤を書いて……いない?)

実際、ネット婚活は私に合っていたと思います。

私はコミュ障なので、実際に面と向かって話す前に文字のコミュニケーションでワンクッション置けるのが大きかったです。

文字のコミュニケーションだと伝える前に言葉を吟味できますし、相手のメッセージも「どういうことだろう」とじっくり考えることができます。

それに文字のコミュニケーションの段階で合わない人を切ることができるので、実際に会う人を最小限に絞ることができます。

実際にネット婚活だけでなく、婚活パーティーや合コン街コンに参加してみたり、紹介してもらった手応えからいっても、私にとってネット婚活は一番ストレスを感じずに合っていたと思います。

 

でもだからと言って、合う婚活を見付けたからとその婚活の方法以外を排除するのはよくありません。

出会うチャンスが限定されてしまいますので、とても勿体ないです。

現に私も婚活中、迷走して婚活パーティーや合コン街コンや紹介と色々手を出しました。

そして迷走していたように見えて、実際に夫と出会ったのは婚活パーティーです。

(夫と出会ったお話は「180.職場でいびられて婚活パーティーに参加する②」です)

人生何があるかわからないものです。

 

私が夫と出会ったのは婚活パーティーですが、だからといって最初から婚活パーティーに活動場所を絞っていたらそれはそれで結婚できなかったと思います。

夫と出会うまでの約2年間の活動期間中に婚活のストレスで絶対に潰れていました。

そこまで婚活を続けられていなかったと思います。

また運良く婚活パーティーで出会っていても、うまくいったとも限りません。

私が婚活パーティーで夫と出会って上手くいったのは、ネット婚活で積み上げてきた経験のお陰だと思っています。

ネット婚活で色々な人と出会い、学んできた積み重ねとして結婚に辿り着けたのだと思います。

夫と出会ったのは婚活パーティーでしたが、婚活パーティーでカップリングしたのも夫とが初めてでしたので、ネット婚活のように婚活パーティーでは経験を積み重ねられなかったでしょう。

 

自分に合った婚活のフィールドを探すのはとても大切です。

でもそれにこだわらず、色々手を尽くしてみるのが成婚への近道だと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

これは婚活あるあるだと思います。 婚活中の人とお話をする時。   「久しぶり! 例の人とはどうなった?」 「えっと、どの人かな?」 「〇〇にデートに行った人」 「あぁ、その人とは上手くいかなくて。今別の人とデートしてる」   といった具合に「付き合えそ ... 続きを読む
【小ネタ】例の人

これは婚活あるあるだと思います。

婚活中の人とお話をする時。

 

「久しぶり! 例の人とはどうなった?」

「えっと、どの人かな?」

「〇〇にデートに行った人」

「あぁ、その人とは上手くいかなくて。今別の人とデートしてる」

 

といった具合に「付き合えそうな上手くいっている例の人」(仮交際のお相手)がころころ変わります。

半年も会わなかったら、この前話を聞いた「例の人」が三代前だった、なんてことも珍しくありません。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

ぶりっこおじさんとのやり取りの後、合コンに参加してみて合コン恐怖症を悪化させたり、サイトで現実の知り合いを発見してしまい気まずい思いをしたりして婚活の傷口を広げていました。 もう箸が転がっても傷付く勢いです。 心が弱りすぎていて何にでも傷付きます。   ... 続きを読む
【ダイジェスト】18.ゆうくん

ぶりっこおじさんとのやり取りの後、合コンに参加してみて合コン恐怖症を悪化させたり、サイトで現実の知り合いを発見してしまい気まずい思いをしたりして婚活の傷口を広げていました。

もう箸が転がっても傷付く勢いです。

心が弱りすぎていて何にでも傷付きます。

 

そんな中、次にやり取りを開始したのがゆうくんです。

自分で「ゆうくんって呼んで」と言っていたのでゆうくんです。

なんで10才近く年上の男性を「くん付け」しないのだろうと深く印象に残っていました。

ゆうくんは年収300万の36才で、車の整備士をしている人です。

結婚を考えていた彼女と別れたばかりで婚活を始めたそうです。

彼女がいただけあって、ゆうくんとのメッセージ交換はスムーズでした。

ただ、ゆうくんは「漠然と結婚したいけれど結婚後のビジョンは無い」タイプだったのでその点では少し困りました。

ですが質問したらちゃんと考えて返してくれるので「好きにしてくれたらいい」と丸投げする人よりはずいぶんマシです。

 

他にも問題はありました。

私は子どもが欲しいのですが、ゆうくんは「できなくてもいい」という考えだったのです。

ですが「欲しくない」というわけではなく「できたらできたら育てるけれど積極的に作ろうとは思わない」という考えだったのでやり取りを続けました。

それは無職の弟や、私の見た目にそぐわない虚弱体質をふわりと受け流してくれたのが大きかったです。

 

そしてメッセージ交換を重ねること1週間。

ゆうくんとお会いする約束をしました。

しかし、中々ゆうくんと予定を合わせることができなくて実際にお会いするのは2週間後です。

その2週間がとてもじれったかったですが、その間も大事な情報収集期間としてメッセージ交換をずっと続けていました。

その2週間の間にとんでもないことが発覚してしまったのです。

ゆうくんは婚活はしているけれど、書類を交わす正式なものではなく「事実婚」が希望でした。

前の彼女ともそんな感じで楽だったから、とのことです。

結婚にも色々な形があるのでしょうが、私が求める結婚の形はそうではありません。

婚活をしている女性のほとんどがそうではないでしょう。

目指すゴールが違うのであれば、ゆうくんとはこれ以上やり取りしても、会っても意味がないでしょう。

お互いの考え方が違うということで、ゆうくんとはお会いする約束をキャンセルして終わりになりました。

元々価値観が合うお相手ではなかったですが、まさか婚活で「事実婚希望」の方がいるとは思わなくて、大きな衝撃を受けたお相手でした。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

86.デブスなのに合コンへ参加する

87.まさかの遭遇

88.ゆうくん①

89.ゆうくん②

90.事実婚希望なのになぜ婚活するのか

91.婚活独特の流れと言葉


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「告白されても1回は絶対断る」という人がいました。 理由は「本当に好きなら1回断られたくらいでは諦めない」とのことです。 その人はすごくモテる人でしたし、恋活の時点ではそれは恋愛テクニックとしてアリだと思います。 私にはよくはかりませんが、それが恋愛の ... 続きを読む
【小ネタ】恋の駆け引きは婚活に必要か

「告白されても1回は絶対断る」という人がいました。

理由は「本当に好きなら1回断られたくらいでは諦めない」とのことです。

その人はすごくモテる人でしたし、恋活の時点ではそれは恋愛テクニックとしてアリだと思います。

私にはよくはかりませんが、それが恋愛の駆け引きというものなのでしょう。

しかし、婚活に突入した今となってそれは悪手だと思うのです。

 

婚活は数です。

色んな人と出会って、結婚できる人を探さなければいけません。

ということは、1人にそんな時間はかけられません。

それに婚活はお互いに結婚が前提なので真剣です。

そんな真剣なやり取りの中、お断りされてもその人に執着する人がどれくらいいるでしょうか。

(変な人は除くとして)

普通の人ならすっぱり諦めて次の人に行くと思います。

それが婚活というものです。

もう何年も婚活しているのだから、そろそろ「1回は断る」手法を捨てるべきなのではないだろうかと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

今って色々なハラスメントがありますよね。 セクハラ、パワハラ、モラハラ、スメハラ、アルハラ、マタハラ、ドクハラ……。 挙げ始めたらキリが無いです。 その中でも、婚活中の方に関係がありそうなハラスメントの存在を教えてもらいました。 ゼクシィ・ハラスメント ... 続きを読む
【おまけ】ゼクハラ

今って色々なハラスメントがありますよね。

セクハラ、パワハラ、モラハラ、スメハラ、アルハラ、マタハラ、ドクハラ……。

挙げ始めたらキリが無いです。

その中でも、婚活中の方に関係がありそうなハラスメントの存在を教えてもらいました。

ゼクシィ・ハラスメント。

略してゼクハラです。

一応知らない方のために説明させていただきますと、「ゼクシィ」とは大手結婚情報サイトです。

婚約指輪や結婚指輪、結婚式場などの情報の他、結婚後の手続きやお金のこと、両家顔合わせへの進め方など色々載っています。

 

そんなゼクシィがなぜ、どうやってハラスメントになるのか。

中々プロポーズをしてくれない彼氏や籍だけ入れて結婚式を考えてくれない夫の目の着くところに置いておくと、それが無言の圧力となってハラスメントになるそうです。

くだらないハラスメントだと思います。

自分に負い目があるのでしょうが、悪意的に取り過ぎではないでしょうか?

前者の場合、急に「どうしてプロポーズしてくれないの! 私来月で30才なんですけど!」と溜め込んで前触れなくブチギレる女性よりはずいぶん優しいと思います。

「私は結婚したいですよ」と意思表示をしてプロポーズを準備する時間をくれているのですから。

結婚するつもりがなかったら、それとなくそのことを伝えればいいだけです。

結婚適齢期で結婚したがっている女性を結婚するつもりがないのに縛り付けるのはあまりにも酷です。

後で刺されても文句は言えません。

(「いつかは結婚するつもりだけれど~」といったふわっとした言い訳も同じです)

また、後者の場合も夫婦なので話し合えばいいだけです。

圧力のつもりで置いているのではない可能性だってあります。

私の場合、式場探しのためではなくおまけで付いている色々な手続き丸わかりブックと付録のために買っていました。

「ゼクシィ買ってどうしたの?」って一言聞けば済む話です。

それでまだ妻側が結婚式を諦められていないのだったら、また話し合えばいいのです。

 

ハラスメントって深刻な問題だし、される方は辛いです。

でもゼクシィまでハラスメントにするなんて、何でもかんでもハラスメントにし過ぎだと思います。

結婚するつもりがないのに結婚適齢期の女性と付き合うなと思うし、結婚式についてもちゃんとお互いに落としどころを作って結婚するべきだと思います。

 

でもだからといって口に出さずにゼクシィで無言の圧力を与え続けるのも嫌らしい思うし、それでブチギレる男性もいます。

私は口に出す前にゼクシィを置いてみる女性がいじらしくてかわいく思えますが、やっぱり話し合うのが最善手です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

知り合いに「化けの皮を被って結婚した」と広言している女性がいました。 「自炊なんてしたことなかったけれど、料理好きを装った」「掃除なんて月に1回したらいい方だったけれど、小まめにするようにした」「ブランドもの好きだけれど、興味のない慎ましい女を演じた」 ... 続きを読む
【小ネタ】化けの皮を脱ぐタイミングがない

知り合いに「化けの皮を被って結婚した」と広言している女性がいました。

「自炊なんてしたことなかったけれど、料理好きを装った」「掃除なんて月に1回したらいい方だったけれど、小まめにするようにした」「ブランドもの好きだけれど、興味のない慎ましい女を演じた」などなど。

必至に旦那さんが好きそうな女を演じて結婚までこぎつけたそうです。

 

結婚もできたので、化けの皮を脱いで本来の料理も掃除も嫌いなブランドもの好きな自分に戻ろうとしたのですが、ふと「ここで嫌われたら離婚されるかも」という考えが過ぎったそうです。

子どもができれば簡単に離婚できなくなります。

なので子どもができるまでは今の自分を続けよう。

 

そして子宝に恵まれた今、彼女が化けの皮を脱いだかというとそうでもありません。

「子どもができたら毎日出来合いなんてできないし、掃除もちゃんとしないと何食べるかわからない。お金がかかる一方なのにブランドものなんて以ての外。完全に化けの皮を脱ぐタイミングを失った」とのこと。

 

化けの皮を被り続けて7年。

そこまで来ると「旦那さんに自分を偽っていた」と言うより「旦那さんのために変わった」と言う方が正しいのではと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活相手とのデート中のことです。 お腹が空いてきたので、お昼ご飯をどこで食べようかという話になりました。 「何か食べたいものある?」 「これっていうものはないですけれど、 ... 続きを読む
【奇行】32.あっさりしたもの

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活相手とのデート中のことです。

お腹が空いてきたので、お昼ご飯をどこで食べようかという話になりました。

「何か食べたいものある?」

「これっていうものはないですけれど、あっさりしたものが食べたい気分です」

「じゃあ塩ラーメン食べに行こうか」

ラーメンってあっさりした食べ物なんだと知った冬でした。

(私にはあっさりには思えませんでしたが、塩ラーメンは美味しく頂きました)


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

※私が婚活をして学んだことを書いていきます   お金持ちのお洒落マダムが集うところ。 それがデパート。 というイメージが私にはありました。 なので低収入デブスの私には無縁の場所だとずっと思っていました。 でも婚活を始めてからデパート(主に化粧品売り場) ... 続きを読む
【婚活学習】25.デパートで自分磨き

※私が婚活をして学んだことを書いていきます

 

お金持ちのお洒落マダムが集うところ。

それがデパート。

というイメージが私にはありました。

なので低収入デブスの私には無縁の場所だとずっと思っていました。

でも婚活を始めてからデパート(主に化粧品売り場)が使いようによってはデブスの味方になってくれるのだと気付きました。

 

まず、化粧品売り場ではよくサンプルを配ってくれています。

急に購入するには躊躇うような高級化粧品を無料で試せるのです。

なので無駄なお金をかけることなく、自分に肌にはどの基礎化粧品が合うのか試すことができます。

それに運が良ければお肌の年齢診断をやってもらえたり、自分の肌質やお手入れの方法を教えてもらうこともできます。

エステの無料体験でも同じことをしてもらえますが、エステはその後の勧誘が凄いです。

そのエステにも寄りますが、私は週に何回も連絡が来て困りました。

デパートでも商品を勧められますが、デパートでは連絡先を教えることはありません。

なので勧誘の電話やメールが来ることはありません。

その場で断ってしまえば終わりです。

なので私はデパートの化粧品売り場をおススメします。

 

次にメイクの仕方を教えてもらうことができます。

雑誌で勉強することもできますし、現に私もほとんど雑誌で勉強しました。

でも雑誌で勉強できるのは流行りのメイクです。

しかもやり方こそ載っているものの、自分の顔での完成形がよくわかりませんし、そのやり方すら合っているのかどうかわかりません。

雑誌にも載っていないような基本のメイクの仕方はイマイチよくわかりませんし、自分に似合う色もよくわかりません。

その点デパートの化粧品売り場なら、プロが実際に自分の顔でメイクをしながらやり方を教えてくれます。

なのでわかりやすいですし、完成形も実際に見ることができるので、次から自分でメイクしてみる時にわかりやすいです。

自分でする時にはこういったところを気を付けた方がいいとか、今までのメイクよりこうした方がいいとかも教えてくれます。

 

また、色の選び方も親身になって教えてくれます。

イエローベースがどうとか、ブルーベースがどうとか、肌の色がどうだからこういう系統が似合うとか。

お相手にどう見せたいかを伝えたら、それに合った印象を与えてくれる色味も教えてくれます。

(私は「婚活パーティーに行くんです」と伝えて、異性受けするものを教えてもらいました)

 

デパートの化粧品はドラッグストアのものよりは高いです。

でもそれに見合った分、勉強もできると思います。

デパートはお洒落マダムがお買い物を楽しむだけでなく、デブスがなけなしのお金を使って自分磨きができる場でもあるんだなと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

私は挨拶ができない人って人間としてダメなヤツだと思っています。 「こんにちは」と言われたら「こんにちは」と返すのが人間として最低限のマナーで、コミュニケーションの基本です。 幼稚園児にだってできることです。 それができない大人はおかしいと思います。   ... 続きを読む
【小ネタ】婚活相手以前に人間としてダメなヤツ

私は挨拶ができない人って人間としてダメなヤツだと思っています。

「こんにちは」と言われたら「こんにちは」と返すのが人間として最低限のマナーで、コミュニケーションの基本です。

幼稚園児にだってできることです。

それができない大人はおかしいと思います。

 

なので初対面の時に「はじめまして」と挨拶をして、返してくれない人間とは婚活を進めない方がいいと思います。

マナーがなっていない人か、コミュニケーションに難ありな人か、「お前に挨拶する価値なんてない」と思われているか。

どれにしたってそんな人とお付き合いしたってろくなことにはなりません。

「挨拶返してくれないのが気になるけど、他は良い人なんだよね」と言う人がいましたが、それは大きな問題だと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活が全く上手くいかない。 婚活を始めて何か月も経つのに本交際にすら辿り着けない。 それどころか中々会うまですらいかない。 自棄になった私はあすかちゃんの勧めもあり、ネットの掲示板で相談するという暴挙に出ました。 私の低スペックと希望の条件が高いという ... 続きを読む
【ダイジェスト】17.ぶりっこおじさん

婚活が全く上手くいかない。

婚活を始めて何か月も経つのに本交際にすら辿り着けない。

それどころか中々会うまですらいかない。

自棄になった私はあすかちゃんの勧めもあり、ネットの掲示板で相談するという暴挙に出ました。

私の低スペックと希望の条件が高いということで散々叩かれましたが、為にある意見もありました。

20代だし恋愛市場に行けばいい」というものです。

ただ、私は恋愛なんてまともにしたことがありませんし、今から恋愛市場に飛び込む勇気もありません。

恋愛から結婚まで発展させる時間もです。

なので有り難い真面な意見だったのですが、役に立てることはできそうにありませんでした。

 

そんな迷走真っ最中の暗闇の中マッチングしたのがぶりっこおじさんでした。

ぶりっこおじさんは33才ですが、3人お姉さんがいるせいか何となく甘えた感じのする人でした。

しかも専業主婦のお姉さんにご飯を奢ってもらったり、服まで買ってもらう甘えたぶりです。

自分も働いているのに甘えたさんマックスです。

ぶりっこおじさんのそういうところが苦手でした。

 

結婚に対しても「したいようにしてくれたらいい」「難しい質問」などとふわっとした答え方が多く、私は苛立っていました。

それでも耐えてメッセージ交換をしていたのは「他に目ぼしい人もいない」「もしかしたら会ったら印象が変わるかもしれない」という淡い期待があったからです。

しかし、メッセージ交換をして1カ月間「会おう」という話にもならず、こちらから「会いましょう」と言うような真剣さにもなれません。

だからといって切るほどでもない。

どうしようか悩んでいる時に決定的な事件が起こりました。

 

『今日は友達のちびちゃん見てきたよ。オレも早く結婚したくなっちゃった」

珍しくそんな前向きなメッセージがぶりっこおじさんから来ました。

「赤ちゃん見ると早く子ども欲しくなりますよね」

『うん。でもやっぱり夫婦だけの時間も5年くらい欲しいな。今は不妊治療で40代でもできる時代だし、ゆっくりできていいよね』

その「40代でも不妊治療すれば子どもができる」というぶりっこおじさんの考え方は、完全に私にとって地雷でした。

私は子どもが欲しくて婚活をしている部分が大きいです。

なので、周りの人の不妊治療の話もよく耳に入れるようにしていました。

聞こえてくるのは「子どもができた」という明るい話よりもかさむ治療費、肉体的な負担、夫の無理解により精神的苦痛、もっと早く始めていればという後悔ばかりです。

その中には私の同じ年の人の体験談も混ざっていました。

なのにどうしてこの人は無神経に「40代でも不妊治療すれば子どもができる」と言えるのでしょうか。

 

お恥ずかしい話ですが、私はぶりっこおじさんにキレてしまいました。

どうしてもその考え方が許せなかったのです。

ぶりっこおじさんは「ごめん」と言ってはくれましたが、根本的には何もわかっていないようでした。

「何か知らないけれど相手が怒っているから謝る」という心が透けて見えました。

そのおかげで、私はぶりっこおじさんと完全に連絡を絶つことを決意することができました。

ぶりっこおじさんとはメッセージ交換の段階で合いそうにないことはわかっていたのに、無駄に時間を重ねてしまったので、お互い良くない結果に終わってしまいました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています


82.自棄になってネットの掲示板で相談してみる

83.婚活にエクセルを取り入れてみる

84.ぶりっこおじさん①

85.ぶりっこおじさん②


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。