低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

「一緒に婚活を頑張ろう」 大学を卒業して、そうお互いに言い合った友人がいました。 でも、三十路を超えて久々に出会ったその友人は婚活を辞めていました。 仕事の方が面白くなったのでしょうか。 それとも結婚に意味を見出せなくなってしまったのでしょうか。 彼女 ... 続きを読む
【小ネタ】30才の壁に躓いた女

「一緒に婚活を頑張ろう」

大学を卒業して、そうお互いに言い合った友人がいました。

でも、三十路を超えて久々に出会ったその友人は婚活を辞めていました。

仕事の方が面白くなったのでしょうか。

それとも結婚に意味を見出せなくなってしまったのでしょうか。

彼女が婚活を辞めた理由は30才をなった途端に男性に奢ってもらえなくなったから」でした。

バカバカしいと思われる人もいるかもしれません。

でも20代の時は食事に行ったら割り勘を提案しても当たり前に男性が食事代を出してくれ、ドライブデートに行っても当たり前にガソリン代も高速代も受け取ってもらえなかった。

なのに30才になった途端に「払うのが当たり前」という態度。

今までの扱いとの落差に「女としての価値が下がった」と傷付いてしまっても仕方がありません。

悲しいことに、以前「【小ネタ】女性の30才の壁」にも書きましたが、やはり女性には30才の壁が存在しているようです。

私は幸い20代で婚活を終えることができましたが、小耳に挟んだ婚活話でも20代と30代ではやはり扱われ方が違うのです。

「奢られたがる女性は乞食」みたいに言う男性もいますが、男性自身のこういう態度が女性の「奢られたい欲」を刺激しているのではないかとも思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

とある婚活女性がいました。 「子どもを早めに産みたい」という希望もあり、その女性も真面目に婚活をしていて、公務員や会社員などと多く仮交際していました。 ですが、中々仮交際より先に進みません。 理由は「何か違うと思ったから断った」とのこと。 でもその「断 ... 続きを読む
【おまけ】自分から行動しなかった結果

とある婚活女性がいました。

「子どもを早めに産みたい」という希望もあり、その女性も真面目に婚活をしていて、公務員や会社員などと多く仮交際していました。

ですが、中々仮交際より先に進みません。

理由は「何か違うと思ったから断った」とのこと。

でもその「断った」もよくよく聞くと本交際を申し込まれて断ったのではなく「こちらからメールを送るのを辞めた」とのこと。

それは「断った」とは言わないですし、とても失礼な行為なのではないでしょうか。

後がなくガツガツ返事が来なくなるまでこちらからメール送りまくって婚活していた身としてはよくわかりません。

公務員や有名な会社員なんかは嫌なところが見えてくるか、ちゃんと断られるまで食らい付きたいくらいです。

 

ですが、私と彼女の感覚は違うみたいです。

「嫌だな」と思うところがなくても、向こうからガツガツ誘ってくれないと「何か違う」と思うようです。

男性から求められるようなスペックも無く、こちらからガツガツアプローチしていた私からしたら「もったいないな」と思い、とても羨ましかったです。

そんな理由で婚活相手を切れる彼女とはあまりにも考え方が違い、親身に婚活の話を出来るはずもなく、話していると嫉妬に塗れそうだったので段々と疎遠になってしまいました。

 

そんな彼女とこの間、久々に再開しました。

私も彼女も最後に会った時には独身だったので、話が弾みます。

私が「婚活パーティーで出会った人と結婚したよ」と打ち明けると、彼女は「私も婚活してたけれど、結局別のところで出会った人と結婚したなぁ」と。

詳しく話を聞くと、友人の紹介で出会った30代のバンドマン(という名のフリーター)と結婚したそうです。

結婚の決め手は「向こうがプロポーズしてくれたから」ということ。

デートに誘ってくれるのもお相手、交際を申し込んでくれたのもお相手で、ちゃんとアタックしてくれなかった婚活相手たちよりもとても魅力的に映ったそうです。

「婚活の人たちは消極的な人たちばかりでイマイチだった」と彼女は言います。

でも私は思うのです。

結婚するなら家事分担もちゃんとしてくれないどころか文句まで言って、それで稼ぎがあるならまだしも自分のバイト代はバンド活動の費用として家計に入れてくれない人よりはマシなんじゃないかと。

子どもの希望もあったのに、これでは難しいでしょう。

彼女は幸せなのかもしれないし、大きなお節介なのはわかっています。

でも、婚活をしていた時にもっと自分から積極的に行動していれば、家事をしなくても文句までは言わなかったり、同じフリーターだったとしてもバイト代を家計に入れてくれる人と結婚できたのではないでしょうか。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活サイトでマッチングした男性と自己紹介をし合っていると「オレは台風みたいな男」とアピールされたことがありました。 何でもパワフルで周りを巻き込むエネルギーを持っているそ ... 続きを読む
【奇行】36.間違った自己分析

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活サイトでマッチングした男性と自己紹介をし合っていると「オレは台風みたいな男」とアピールされたことがありました。

何でもパワフルで周りを巻き込むエネルギーを持っているそうです。

私はご覧の通りインドアでエネルギーも少ない人間なので「そんなパワフルな人と上手にやっていけるのかな」と不安になってしまいました。

でも物は試しです。

私はその男性とやり取りを続けました。

そうすると、男性から違和感を受けてしまいました。

自分で「パワフル」と言っている割には自分からは行動しないのです。

友人との飲み会やイベントにも「誘ってもらったら行く」

1人でどこかに出掛けることはない。

そして私とのやり取りでも「会おうって誘って!」と匂わせるフレーズがチラチラ。

パワフルでも何でもありません。

むしろ相手を巻き込むのではなく、巻き込まれる方です。

悪い人ではなかったと思うのですが、間違った自己分析がとても残念な人でした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「私甘やかさないタイプだから」と言っていた女性。 彼氏と結婚を前提に同棲を始めたそうですが、甘やかさないために自分の稼ぎは入れない、家事も最低限しかしないそうです。 クズ男がよくやるやつです。 (クズ男は最低限も家事をしないですけれど) その他にも飲み ... 続きを読む
【小ネタ】甘やかさないタイプだから

「私甘やかさないタイプだから」と言っていた女性。

彼氏と結婚を前提に同棲を始めたそうですが、甘やかさないために自分の稼ぎは入れない、家事も最低限しかしないそうです。

クズ男がよくやるやつです。

(クズ男は最低限も家事をしないですけれど)

その他にも飲み会の後は(次の日彼が仕事でも)絶対迎えに来させたり、自分と彼氏の休みが同じ日は絶対に予定を入れさせなかったり、色々やっていました。

傍からは「甘やかさないじゃなくてワガママじゃないの?」と見えるのですが、彼女からしたら「甘やかさない躾け」の模様。

「それで大丈夫か」と思いましたが、そのまま彼氏と結婚しました。

彼氏はそれで良かったようです。

何だかもやもやしますが、結婚の形は人それぞれ。

お相手に尽くしても尽くしても結婚に辿り着けない人もいれば、こういう人もいます。

自分に合ったスタイルとお相手を探すのは本当に大切なのだなと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

こんな質問をいただいたことがありました。 「私はネットが苦手です。婚活パーティーが惨敗でネット婚活に興味があるんですが、私でもネット婚活ができますか?」というものです。 結論を先に言うとできます。 この記事を読んでいるということは、検索するなりなんなり ... 続きを読む
【質問】ネットが苦手なんですけれどネット婚活ができますか

こんな質問をいただいたことがありました。

「私はネットが苦手です。婚活パーティーが惨敗でネット婚活に興味があるんですが、私でもネット婚活ができますか?」というものです。

結論を先に言うとできます。

この記事を読んでいるということは、検索するなりなんなりしてこのブログに辿り着いているということです。

そのレベルのスキルがあれば婚活サイトやマッチングサイトのネット婚活は出来ます。

現にその質問を下さった方も(ちょっとは私が手助けしたものの)自分で婚活サイトを検索して登録して、マッチングまで1日でできました。

私もネット婚活していましたし、今はブログもやっていますが、Twitterinstagramも使いこなせないようなブタ野郎です。

よくわからない機能も多いですし、メッセージの返し方もおぼつきません。

Facebookだって、昔はやっていましたがまた始めたとしても使いこなせるとは思いません。

 

その点、ネット婚活(SNSを除く)は簡単です。

まず、メールアドレスを入力します。

そのメールアドレスにURLが届くので、指示に従ってプロフィールを入力、支払い方法を選択、本人確認書類を写真で撮るだけです。

支払いもクレジットカードの番号を入力するだけなのでネットショッピングと同じですし、本人確認も免許証などの身分証明書を写真に撮って送るだけです。

複雑な手順はありません。

 

登録した後も初めのうちは気持ち悪いぐらいアプローチが来るので、その中から気に入ったプロフィールの人を探して返事を出してやり取りするだけでいいです。

丁寧に「返信する」「送信」「ブロックする」のボタンが付いているので、メールやメッセージアプリが使いこなせていれば何の問題もありません。

アプローチが落ち着いてきて、こちらからプロフィール検索をかけるにしても、理想の条件を埋めて検索ボタンを押すだけです。

こちらも検索エンジンが使えていれば、難しいことは何もないのです。

 

「ネット婚活」と言ったら、ネットに苦手意識を持つ方には難しいイメージが付くかもしれません。

でもすることと言えば「登録」して「検索」して「メッセージ交換」するだけなのです。

登録する時のプロフィール欄の項目が膨大なことを覗けば本当に簡単です。

 

「登録したから絶対その婚活サイトで活動しなければいけない」「プロフィール写真を載せなければいけない」というわけではありません。

ネット婚活に興味がある人は、一度登録だけでもしてみたらいかがでしょうか。

思ったより簡単に登録ができてハードルも下がると思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

私は婚活をして結婚できました。 隠してもいません。 なので婚活中の人に「どうやったら結婚できる?」と聞かれることがあります。 婚活を始めてすらいない人には街コンや婚活パーティーをお勧めします。 もう始めている人には「ネットでも婚活できるよ」と勧めてみま ... 続きを読む
【小ネタ】でもでもだって

私は婚活をして結婚できました。

隠してもいません。

なので婚活中の人に「どうやったら結婚できる?」と聞かれることがあります。

婚活を始めてすらいない人には街コンや婚活パーティーをお勧めします。

もう始めている人には「ネットでも婚活できるよ」と勧めてみます。

それで「やってみようかな」と前向きに捉えてくれる人は気持ちいいです。

 

が。

「でも婚活パーティーってガチな集りだからちょっと」

「だって街コンってチャラい人が多そう」

「でもネットって変な人が多そう」

そんな風に否定的なことばかり言われると「なぜ聞いた?」と思ってしまいます。

 

自分で聞いておきながら「でもでもだって」で人のアドバイスを否定する人。

一生結婚できなくていいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活が苦しくて仕方がない。 でも結婚したいから婚活を辞めることなんてできない。 そんな時、同居させてもらっている祖父が言いました。 「そういえばお前にお見合いの話があった」 婚活に喘ぐ私には思わぬところからの救いの手です。 祖父の話によると、お相手の男 ... 続きを読む
【ダイジェスト】22.お見合いという選択肢

婚活が苦しくて仕方がない。

でも結婚したいから婚活を辞めることなんてできない。

そんな時、同居させてもらっている祖父が言いました。

「そういえばお前にお見合いの話があった」

婚活に喘ぐ私には思わぬところからの救いの手です。

祖父の話によると、お相手の男性は友人のお孫さんで、旅館の跡取り息子さんだそうです。

その旅館で板前をやっていて、結婚相手は自動的にその旅館の女将さんになります。

(田舎で言う)良い年なのに内気なため結婚できておらず、年の近い私に「会ってみてもらえないか」という打診があったそうです。

旅館の女将さんなんて私にはハードルが高いです。

でも結婚したいですし、会ってみたらその人がとてもいい人で、私も女将業が向いていたなんて奇跡もあるかもしれません。

私は会う気満々でした。

「でも、お前掃除嫌いだから断っておいた」

何とその話は私の元に降りてくるまでに祖父に断られていたのです。

やる気満々だったのに、出鼻を挫かれた自分です。

「毎日掃除するなんて無理だろ?」

「結婚したらするかもしれないじゃん」

「絶対しない」

断られてしまったものは仕方がないですが、不完全燃焼です。

お見合いする気になっていたのに。

そして「お見合いがしたい」という欲求が爆発した私はついに結婚相談所に資料請求をすることにしました。

色々とネットの口コミで比較して、サービスが良くて利用している年齢層も若そうなところに絞って2社請求してみました。

どちらも資料請求の翌々日には資料が届きました。

社名の入っていないシンプルな白い封筒に入っていて、同居の祖父に婚活をしていることがバレたくない私にとっては有り難い配慮です。

ルンルン気分で封筒を開けた私でしたが、お値段を見て撃沈しました。

月会費だけでなく、入会金やお見合いセッティング料に成婚料などなど。

私にはとても払えそうにありません。

なので見るだけ見て封筒を本棚の奥にしまい込みました。

 

ですが、その後の電話での勧誘が凄かったです。

どちらの会社も「とりあえず一回来てみて会員のプロフィール見てください!」と何回も電話がありました。

そのうち1社は断り続けていたら3カ月くらいで諦めてくれましたが、もう1社は凄かったです。

「入籍が決まりました」と言うまで電話をかけ続けてくれました。

デブでもブスでも20代女性が貴重だったのか、それともただ単に入会金目当てだったのか。

熱意が凄くて、コミュ障にはとても苦痛でした。

 

この記事は下記の婚活体験談をまとめた内容になっています

102.祖父が持って来たお見合い話

103.結婚相談所の資料を取り寄せる

104.結婚相談所からのアプローチ


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活をしていると「恋愛で結婚できなかった負け組」と蔑まれることがあります。 そう言う人には負け惜しみにしか聞こえないでしょうが、婚活には婚活のメリットがあります。   まず、結婚したい人同士が出会うので条件とタイミングが合えばサクッと結婚できます。 実 ... 続きを読む
【おまけ】婚活のメリット

婚活をしていると「恋愛で結婚できなかった負け組」と蔑まれることがあります。

そう言う人には負け惜しみにしか聞こえないでしょうが、婚活には婚活のメリットがあります。

 

まず、結婚したい人同士が出会うので条件とタイミングが合えばサクッと結婚できます。

実際に私も主人と出会ってから入籍まで1年経っていません。

私が知っている一番早い人では2ヵ月で入籍しています。

「スピード結婚だから相手のことをよく知らないのでは」と言われることもありますが、結婚を前提に交際するのでそんなことはありません。

(お相手が嘘を吐いていなければ)不明なところはその都度クリアにしていきます。

結婚が前提の交際なので、普通のお付き合いなら聞き辛いようなことも聞きやすいのです。

むしろ何となく何年か交際して、何となく結婚するカップルの方がお互いのことを知らない場合もあります。

じっくり恋愛がしたい人からは大きなデメリットかもしれませんが、婚活は結婚する人と出会えることさえできればサクサク事が運びます。

 

次に、普段の生活では出会わないような人と出会うことができます。

これが婚活最大のメリットだと思います。

(普段の生活では出会わないような変な人と出会ってしまうという場合もありますが)

婚活をせずに得られる結婚のチャンスと言えば、学校の同級生や先輩後輩、職場の同僚、趣味の仲間、友人からの紹介などに限られるのではないでしょうか。

その点、婚活は「結婚したい」という目的がある人が集まるのです。

選ばれる選ばれないは別にして、趣味も年収も年齢も活動範囲も関係ありません。

普通に生きていては出会えないような理想のお相手を見付けることだってできるのです。

条件が合えば私みたいに低収入でもちゃんとした収入のお相手を見付けることができますし、年齢差のあるお相手を見付けることも可能です。

普通に生きていたら、そんなチャンスに何回巡り合えるでしょうか。

巡り合えたとしても、結婚まで辿り着くにはかなりの困難を極めるでしょう。

婚活でも理想を高く持つと困難ですが、お互いに条件が合えば成婚まで辿り着けるので普通に出会うよりかは易しいです。

 

他にも細かいメリットはありますが、普段は出会えないような人と出会い、合うお相手がいればサクッと結婚ができる。

理想のお相手と出会い、結婚までとんとん拍子に事が進むのは感動ものです。

会うまでにどれだけ苦しんだとしても、それが報われる爽快感です。

婚活を「負け組のすること」と見下す人もいますが、確かにメリットも存在するのです。

私は婚活をしなければ一生結婚できていなかったと思いますが、もしできていたとしても主人程良い人とは出会えていなかったと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活して結婚するまではちゃんと働いていても、結婚した途端勝手に仕事を辞めてしまう男性がいます。 これは婚活に限らず、恋愛でもです。 (私は勝手に仕事を辞めるのは男性しか知りませんが、女性にもいるかもしれないです) そういう男性は籍を入れるまではちゃんと ... 続きを読む
【小ネタ】ヒモになりたい男

婚活して結婚するまではちゃんと働いていても、結婚した途端勝手に仕事を辞めてしまう男性がいます。

これは婚活に限らず、恋愛でもです。

(私は勝手に仕事を辞めるのは男性しか知りませんが、女性にもいるかもしれないです)

そういう男性は籍を入れるまではちゃんと働いているので、質が悪いです。

話し合いの段階でも「二馬力で頑張ろうね」と嘘を吐いています。

ヒモになりたいのなら「働きたくないから養ってください」とお願いすればいいのに卑怯です。

婚活の時点で見極めようがありません。

そんな嘘を吐かれていてどうやって見極めたらいいのでしょうか。

 

ですが、私は共通点を見付けてしまいました。

男性ではなく、女性の方にです。

元カレがクズだった可能性が100%なのです。

彼女たちが男をダメにしているのか、それともダメな男を引き寄せてしまうのか。

「元カレみんなクズだったわ」という人は一見婚活相手がまともそうに見えても注意するに越したことがないと思います。

猫を被っているだけで、何かを隠し持っているかもしれません。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活をしていると結婚後のライフスタイルも見据えますよね。 その中でもお相手のお給料について興味深い話を教えてもらったことがあります。 私みたいに「パート主婦がいい!」という方には役立つ話かもしれないので書かせてもらおうと思います。 でも正社員を経験した ... 続きを読む
【おまけ】年収より基本給

婚活をしていると結婚後のライフスタイルも見据えますよね。

その中でもお相手のお給料について興味深い話を教えてもらったことがあります。

私みたいに「パート主婦がいい!」という方には役立つ話かもしれないので書かせてもらおうと思います。

でも正社員を経験したことがない私が世間知らずなだけで、当たり前の話かも……。

 

バリバリ共稼ぎをするのではなく、結婚後は家事や育児に重点を置きたい人はお相手の年収も大きな条件の1つとして活動していると思います。

しっかり家事と育児をする時間を取るには自分ではなく、お相手の収入を生活の軸にしなければいけないので当然です。

また自分にある程度の収入があって、生活レベルを落としたくない女性も自分と同等の収入の男性を探しているそうです。

(私には想像のつかない世界です)

 

そういう方が気になってチェックするプロフィール欄はもちろん「年収」の部分です。

だって、お金に関してはそれしか情報がありませんからね。

ですがその「年収」に踊らされてはいけない。

そういう教えを受けました。

 

「年収」は残業代やボーナスも含めた1年に貰えるお給料です。

なので残業ができなくなれば残業代は出なくなりますし、業績が悪くなればボーナスはカットされます。

なので婚活している時点で「年収600万」だったとして、それがずっと続くとは限らないのです。

だったら何に注視すればいいのか。

それは「基本給」です。

家族手当、出張手当、役職手当なども一切含めないお金で、よほどのことがない限り減らされない貰えるお給料の最低額です。

なので基本給で20万円の人は残業しなくても20万円稼げるので、定時で上がって家族の時間を取ることができます。

しかし基本給が18万円の人が20万円稼ごうとすると2万円分残業しなければいけないので、その分家族の時間が取りにくくなります。

もちろん家事や育児ができる時間も少なくなるわけで、不満に繋がりやすいそうです。

 

「若い子は男の価値を年収で見定めがちだけど、本当に大切なのは基本給。年収を上げたいのなら残業さえしていれば誰でも上げられる。定時で帰ってどれだけ稼げるかが大事」

そう教えてもらって「なるほどな」と思いました。

同じ年収600万円でも「朝早くから夜遅くまで働いて家事を分担してもらえないどころか、夫婦の時間すらまともに取れない人」と「定時で帰ってきて自分のことは自分でする時間があり、ゆっくりと家族の時間も持てる人」とでは大違いです。

またボーナスカットや残業代カットに怯える必要もありません。

 

ただ、言っていることは尤もなのですが、婚活のお相手を探している段階では中々基本給まで聞くことはできません。

知識として知っておいて損は無いですが、中々実践に役立てるのは難しいと思います。

(実際に私も自分の婚活中に役立てることはできませんでした)


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。