低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

婚活サイトやマッチングアプリを探していると、よく「会員数〇万人!」という謳い文句を目にします。 婚活は数多くの異性の中からその人を選び、選ばれなければいけません。 なので会員数は多いに越したことがありません。 が。 会員数がいくら多くても、アクティブで ... 続きを読む
【小ネタ】「会員数〇万人」の罠

婚活サイトやマッチングアプリを探していると、よく「会員数〇万人!」という謳い文句を目にします。

婚活は数多くの異性の中からその人を選び、選ばれなければいけません。

なので会員数は多いに越したことがありません。

が。

会員数がいくら多くても、アクティブで活動している会員が少なければ意味がありません。

ネット婚活って登録だけしてみたり、少し活動してみたけれど成果が無くて退会するのも面倒臭いからそのまま放置している人も多いのです。

そういう人にはアプローチしてもまず何の手応えもありません。

もう辞めるつもりで放置しているのでログインなんてしていないですし、通知を拒否していることがほとんどです。

なのでわくわくして登録してみても、実際にプロフィール検索をしてみると3日以内にログインしているようなアクティブ会員が10人くらいしかいなかったりするのです。

私みたいな地方在住だと特にそうです。

「会員数〇万人」でも、実際にちゃんと活動しているのは何割なのでしょうか。

これは初心者が陥りがちな罠だと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

青髭さん(【ダイジェスト】11.青髭さん)との婚活で何か色々と疲れ切った私は、懲りずにまた日記を覗いていました。 はでぶー(【ダイジェスト】10.日記で見つけたマジでヤバいオッサン)で怖い思いもしましたが、ただただアプローチを数打って、少ししかマッチングでき ... 続きを読む
【ダイジェスト】12.ジュタロウ

青髭さん(【ダイジェスト】11.青髭さん)との婚活で何か色々と疲れ切った私は、懲りずにまた日記を覗いていました。

はでぶー(【ダイジェスト】10.日記で見つけたマジでヤバいオッサン)で怖い思いもしましたが、ただただアプローチを数打って、少ししかマッチングできない婚活に疲れていたのです。

でもやはり日記は暗黒フィールドでした。

女性への恨みや何目線かよくわからない婚活アドバイスが渦巻いています。

「やっぱり日記もダメだ」と再確認させられたのですが、その中でも私の目を引いた日記がありました。

その日記を書いた主は20才の男性です。

名前はジュタロウとしておきます。

婚活をしている男性の中では一際若いので、それだけでも浮いています。

しかしそんな年齢のことなんて関係ないくらい日記の内容が酷かったのです。

 

『私は神である』

『女は私の子を孕むのが幸せである』

 

「マジでこいつヤベー」と思いました。

婚活疲れで頭がおかしくなってしまったのでしょうか。

それだけインパクトのある電波な内容でした。

ヤベーのですが、気になって仕方がありません。

私は毎日毎日ジュタロウの日記を読んでしまいました。

そしてコメントまで残してしまいました。

そうしたらジュタロウからアプローチが来て、マッチングしてしまったわけです。

 

もちろんジュタロウと結婚する気は毛頭ありません。

年収も私の希望より大幅に下でしたし、何しろ20才。

話が合う気がしません。

なので「あなたと結婚するつもりはない」と伝えた上でメル友になってもらいました。

本当に何やっているんでしょうね。

 

ジュタロウは電波でヤバい奴でしたが、婚活には本気で打ち込んでいるらしく、色々と教えてもらいました。

その中でも一番為になったのは「同じ婚活サイトで活動していてもメンバーに代わり映えしないので、ある程度アプローチしたら次のサイトに移ったらいい」ということです。

考えて無かった訳ではない選択肢です。

しかしジュタロウにハッキリと言葉に出して教えてもらうことによって、私は決心できました。

「婚活サイトBを辞めて別のサイトに登録しよう」

そうして選んだのが「婚活サイトM」でした。

ジュタロウにはマッチングアプリも進められましたが、マッチングアプリにはちょっと嫌な思いがあるので、マッチングアプリは最初から除外していました。

次は3ヵ月だけ「婚活サイトM」で活動しよう。

今残っている「婚活サイトB」の有料会員期間が終わり次第、「婚活サイトM」で活動することに決めました。

 

ちなみにジュタロウとは電波すぎて段々と疎遠になってしまいました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

60.ジュタロウ

61.新たな活動場所を求めて


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

婚活中「結婚してからも妊娠・出産があるし、子育てのこともあるし、マイホームのこともあるし、ずっと大変だよ? 結婚しない方が楽なんじゃない?」と言う人がいました。 確かにその人は旦那さんが子育てに非協力的なのに外で働かなければいけなかったり、旦那さんの実 ... 続きを読む
【小ネタ】結婚しない方が楽

婚活中「結婚してからも妊娠・出産があるし、子育てのこともあるし、マイホームのこともあるし、ずっと大変だよ? 結婚しない方が楽なんじゃない?」と言う人がいました。

確かにその人は旦那さんが子育てに非協力的なのに外で働かなければいけなかったり、旦那さんの実家との関係が良くなかったりして「結婚しない方が良かった」と思っていたのかもしれません。

でも、結婚してから思うのは、そういう大変さも「幸せだな」と思えるのです。
独身時代、自分がやりたいことをやっていたので確かに充実はしていました。
充実はしていたのですが、将来への不安があったりして「今は楽しいけれど幸せなのか」と考えていました。

確かに子育ては自分の思ったようにはいきません。

泣いてばかりで家事ができないどころか、自分の睡眠すらままならない時もありました。

マイホームだってローンがあるのに子どもを保育園に預けられないから働けなくて、現在進行形でローン返済や貯金の資金繰りに苦労しています。

でも婚活していた時と違って、今はとても幸せです。

だからこれくらいの苦労は何とも思いません。

だから私は「結婚しない方が楽」だとは思いません。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

長い間婚活をしている中には「自分の思い描く100点満点のお相手を探していて結婚できない」人が時々います。 どの程度の理想なのかは人それぞれですが、果たして100点満点のお相手がその辺りにごろごろ転がっているものなのでしょうか。 奇跡的にそんなお相手と出会えた ... 続きを読む
【おまけ】自分でバージョンアップする

長い間婚活をしている中には「自分の思い描く100点満点のお相手を探していて結婚できない」人が時々います。

どの程度の理想なのかは人それぞれですが、果たして100点満点のお相手がその辺りにごろごろ転がっているものなのでしょうか。

奇跡的にそんなお相手と出会えたとしても、自分から見て100点満点のお相手です。

他の方から見ても100点満点、そこまでいかなくてもかなりの高得点です。

となれば競争率は自然と高くなります。

競争率が高いということは、そのお相手は選び放題なので自分を選んでもらえる確率はかなり低くなってくると思います。

100点満点のお相手を見付けるだけでも大変なのに、そこからさらに競争を勝ち抜いていかなければいけないのです。

 

そう考えると、果たして最初から結婚相手が100点満点のお相手である必要はあるのでしょうか。

ある程度は自分で育てていけばいいと思います。

それに将来的な見込みというものもあります。

よく言われるのは年収です。

「今は年収300万だったとしても将来的には400万になる」などです。

もし自分の条件に合っていないのが年収だけならば、そのお相手に決めて年収アップのための資格取得などを支えてあげるのも手だと思います。

他には身だしなみやファッションなども、お付き合いを始めてから教えてあげるという手もあります。

中には結婚相手の条件が「同じ趣味」という人がいたのですが、付き合ってからその趣味に染め上げた人もいました。

最初から100点満点じゃなくても、100点満点のお相手に自分がバージョンアップしていけばいいのです。

それにお付き合いを深めていくうちに、最初に描いた100点満点のお相手でなくても、いつの間にか100点満点になっているかもしれません。

 

それにお相手が「自分に合わせてくれるお相手かどうか」見極めるいい機会にもなります。

結婚生活は、夫婦とはいえ赤の他人同士だった人が同じ家に一緒に住むのです。

自分がお相手に合わせる部分が出てくるのももちろんですが、お相手にも合わせてもらう部分がなければ上手にはやっていけません。

お互いの思いやりが大切なのです。

(こだわりがある事柄ならまた変わってきますが)「こうしてほしい」という要望を全部跳ね除けるようなお相手と一生を共にするのは難しいです。

 

しかし「自分が育てていけばいい」とは言っても、お相手に対する気持ちがちゃんとなければそれはただの「相手任せの妥協」になってしまいます。

私の友人にもマッチングアプリで「痩せたら付き合おう」と言われて頑張ってダイエットした人がいました。

結局はすぐに別れてしまいましたが。

付き合った上で「一緒にダイエット頑張ろうね」ならまだ愛情が感じられます。

でもこれでは暗に「デブは嫌だけど他に付き合う相手いないから妥協してやるわ」と言っているのと一緒です。

「自分で育てていけばいい」のですが、ちゃんと自分が愛情を持って一緒に成長していける相手でないと意味がないと思います。



にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

婚活をしているとメッセージ交換の段階でも、仮交際の段階でも、本交際でもこんな質問をする人がいます。 「胸何カップあるの?」 (他の下ネタバージョンもあります)   中には気前よく教えてくれる人もいるでしょう。 ですが、大半の女性からは嫌がられる質問だと ... 続きを読む
【小ネタ】してはいけない質問

婚活をしているとメッセージ交換の段階でも、仮交際の段階でも、本交際でもこんな質問をする人がいます。

「胸何カップあるの?」

(他の下ネタバージョンもあります)

 

中には気前よく教えてくれる人もいるでしょう。

ですが、大半の女性からは嫌がられる質問だと少しでも思わないのでしょうか。

そんな質問をされると、真剣に婚活を進めていても一気に遊び目的にしか思えなくなります。

その質問をされてお相手と見切りをつけたという人だっています。

 

もしかしたら、今まで恋愛してきた女性には普通にしてきた質問なのかもしれません。

でも婚活ではもっと大切な質問はいくらでもあります。

それに「遊び目的」と取られる可能性が大きいです。

どうしても気になるにしても、信頼関係を作ってからちゃんと段階を踏むべきです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

機能の小ネタ(【奇行】25.占い依存)も書かせてもらいましたが、人との相性を血液型で判断する人は結構います。 これは婚活サイトなどのプロフィール検索の絞り込み機能に血液型も含まれていることから、間違いではないと思います。 機能ご紹介したのは男性でしたが、そ ... 続きを読む
【おまけ】相性に血液型は関係あるのか

機能の小ネタ(【奇行】25.占い依存)も書かせてもらいましたが、人との相性を血液型で判断する人は結構います。

これは婚活サイトなどのプロフィール検索の絞り込み機能に血液型も含まれていることから、間違いではないと思います。

機能ご紹介したのは男性でしたが、その傾向は女性の方が強いように感じられます。

もしかしたら、男性も表に出さないだけで血液型の相性を気にしている人は多いのかもしれません。

 

私の目には血液型の相性を気にして、明らかにテンションが下がる男性が奇怪に見えたので【奇行】シリーズで紹介させてもらいました。

でも、まだ恋愛の時点なのでその選び方でもいいのかもしれません。

恋愛はお互いが楽しければそれでいいので、そういうフィーリングの合わせ方もありかもしれません。

ですが、婚活で血液型の相性にこだわるのは愚行ではないかと思います。

せっかく自分が希望している条件の男性を紹介してくれると言っているのに「血液型は?」「その血液型の人とは相性悪いからやめておくわ」と断るのは、ハッキリ言って愚行ではないかと思います。

血液型でその人の何がわかるというのでしょう。

幼い頃から「あなたはO型だから大雑把」と言われ続け、半ば洗脳のように「私はO型だから大雑把」と思うことはあるかもしれません。

でもどんな人間にも大雑把な側面はありますし、几帳面な側面もあります。

全てにおいて大雑把である人、几帳面である人なんて中々いません。

それに血液型占いがこんなに人気なのは日本くらいです。

海外の国で日本と同じくらい血液型占いにこだわる国がどれくらいあるでしょうか。

第一血液型は4種類しかありません。

(細かく言えばRH型とかもあるみたいですが、それは省きます)

この世には4種類の性格の人しかいないのでしょうか。

そんなことはありません。

また、血液型占いが全て正しいのならばB型であるゴリラは全て自分勝手なのでしょうか。

全てのゴリラが自分勝手ならば集団生活が成り立つとは思えません。

 

血液型占いは確かに便利だし、面白いです。

初対面の人と盛り上がるにはうってつけの話題です。

興味がある人も多いので、少し勉強しておけば興味を持ってくれる人は多いです。

でもそれは半信半疑で「嘘っぽい」と思いながら楽しむものです。

真剣に拝聴して「そうか、私はこの血液型の人と結婚した方が幸せになれるんだ」と信じ込むものではありません。

信じた方が婚活を面白く感じるかもしれません。

でも所詮占いは占いです。

選ぶ責任は自分にあるのです。

面白半分に信じるのは楽しいのでありだと思いますが、信じすぎるのはやはりいかがなものかと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。 (これは婚活ではなく学生時代の合コンでのお話です)   学生時代、誘ってもらってとある合コンに参加しました。 自己紹介が問題なく終わり、乾杯をしてご飯を食べながらの質問タイム ... 続きを読む
【奇行】25.占い依存

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

(これは婚活ではなく学生時代の合コンでのお話です)

 

学生時代、誘ってもらってとある合コンに参加しました。

自己紹介が問題なく終わり、乾杯をしてご飯を食べながらの質問タイムへと移っていきます。

そんな中で、男性の中の一人がこんな質問をしました。

「血液型は何?」

合コンではよくある質問です。

私たちはみんなO型だったのでそう答えました。

すると明らかにテンションの下がる男性。

「オレAB型だからO型と相性悪いんだよね」

そして彼はそれ以後積極的に口を開くことはなくスマホと睨めっこを始め、一人だけ二次会に参加せずにさっさと帰ってしまいました。

 

私も占い事態は嫌いではありませんし、会話のネタとして使わせてももらっていますが、血液型占いの相性を信じてテンションが下がるってどうなんでしょうか。
血液型占いはその場を盛り上げるためのもので、それ以上のものではないと思います。

ちょっと占いに依存し過ぎなのではと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

まとめじゃなく青髭さんのことを書いている時に「お姉さんの障碍のことで断るなんて人でなし!」みたいなことをコメントでよくいただきました。 でも私が「無理」だと思ったことは変わらないですし、「そうだよね、お姉さんのことで断るなんて酷いよね」と我慢して結婚し ... 続きを読む
【小ネタ】結局は合わなかっただけ

まとめじゃなく青髭さんのことを書いている時に「お姉さんの障碍のことで断るなんて人でなし!」みたいなことをコメントでよくいただきました。

でも私が「無理」だと思ったことは変わらないですし、「そうだよね、お姉さんのことで断るなんて酷いよね」と我慢して結婚していてもいずれは破綻していたと思います。

「ダウン症は遺伝しない」と教えて下さる方もいましたが、私が調べた限りでは「遺伝する」とのことでした。

なので、もし自分の子どもにその障碍が発覚してしまったら、本当は関係がなかったにしても絶対に青髭さんの家族のせいにして恨んでいたと思います。

彼にしてもお姉さんの障碍に理解がない私みたいな人と結婚するより、ちゃんと理解してくれる素敵な人と結婚した方が絶対いいです。

なのでお断りしたこと自体は間違っていなかったです。

「お姉さんのことをわざわざ言わなくても良かった」ともコメントを頂きましたが、今思い返しても、あの時点では他にお断りする理由が思い浮かびませんでした。

身なりがみすぼらしかったのも、声が小さいのも、顔を見て話さないのも一緒に直していけばいいと思っていたからです。

青髭さんとならそれができるんじゃないかな、と思っていました。

最後は彼にも暴言を浴びせられて拗れてしまいましたが、お互いに傷は浅く済んだのでこれでよかったのだと思っています。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

あまりにもマッチングできないので、私は婚活相手に求める条件を下げることにしました。 年収と年齢に幅を持たせることにしたのです。 するとそれだけでも検索で引っかかる人数は多くなりました。 そしてマッチングしたのは青髭が特徴的な方でした。 なので「青髭さん ... 続きを読む
【ダイジェスト】11.青髭さん

あまりにもマッチングできないので、私は婚活相手に求める条件を下げることにしました。

年収と年齢に幅を持たせることにしたのです。

するとそれだけでも検索で引っかかる人数は多くなりました。

そしてマッチングしたのは青髭が特徴的な方でした。

なので「青髭さん」と呼ばせてもらいます。

青髭さんもややコミュニケーション能力に難ありなタイプで、私以上にインドア派でした。

こちらから話題を投げかけないと会話が成立しません。

そして休日は1日中ずっと家でゲームをしているという徹底した引きこもりタイプです。

小さい頃から休日も家族や友人と遊びに行くことはなく、ずっとゲームをしていたそうです。

こんなコミュ障同士で大丈夫だろうかという不安もありましたが、理想の家庭像は私と似ているので頑張ってやり取りを進めました。

そして実際にお会いする約束を取り付けることができました。

 

約束当日、現れた青髭さんはプロフィール写真よりも立派な青髭で、とてもヨレヨレの服装でした。

「婚活に着て来るにはどうだろう」と思うような色褪せたパンツと少し黄ばんだシャツです。

しかも会話をしていて目も会いません。

声も小さくてずっと下を向いてボソボソと喋っていて全く盛り上がりません。

「これはダメになるパターンだな」と思いながらもお茶をして帰りました。

 

きっとこちらからメールを送っても向こうから何の連絡も無く、このまま自然消滅してしまうのだろうな。

そう思ったのですが、何と青髭さんから「また会いたい」という内容のメールが。

早速2回目のデートの約束を取り付けました。

 

そして2回目のデートの日。

相変わらず下を向いて小さい声でボソボソと喋る青髭さん。

会話も盛り上がりません。

でも本当に気のせいかもしれませんが、1回目のデートよりは声が大きかったような気がします。

婚活の話もぽつぽつとできました。

「青髭さんとの距離が縮められるかもしれない」と期待が少し持てました。

しかし、唐突に青髭さんに「姉がダウン症で施設に入っている」と打ち明けられました。

パニックになった私は「何か言わないといけない!」と思い「私も弟がヒキニートです」と打ち明けました。

そしてお通夜のような雰囲気で解散。

 

帰ってから私はダウン症について調べて、考えました。

果たして近しい身内にそのような障碍がある方と結婚できるのかと。

結果は「無理」です。

私みたいなブタには荷が重すぎます。

なのでお断りのメールを送ると、デブだのブスだの自分も弟がヒキニートなくせにだの罵倒のメールを頂きました。

彼が成婚できないのは、お姉さんがどうこう以前に自分のその断れられた後の行動が物語っていると思いました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

54.中々結婚できないので条件を見直すことにする

55.青髭さん①

56.青髭さん②

57.青髭さん③

58.青髭さん④

59.「相手の血縁者に障碍者がいる」という問題


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   この出来事は奇行ではなく、ただの感覚の違いかもしれません。   婚活相手とのデートでの出来事です。 「次はどこに行く?」という話になった時に、2人で話し合って「景色の良いと ... 続きを読む
【奇行】24.感じ方の差異

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

この出来事は奇行ではなく、ただの感覚の違いかもしれません。

 

婚活相手とのデートでの出来事です。

「次はどこに行く?」という話になった時に、2人で話し合って「景色の良いところに行きたい」ということになりました。

「どこに行くか任せて」と言ってくれたので、彼に任せて楽しみにしていたのですが。

デート当日、連れて行かれた場所は寂れた寺院の緑色をした池でした。

参拝客用に整備された池ではありません。

緑色で草がボーボーの池です。

私は「景色が良い」とは思いませんでしたし、何だか痒いので早くその場を立ち去りたかったです。

でも「良い眺めだよね」とじーっとその池を観察する婚活相手。

彼とは見えている世界が違うのかな、と思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです