低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

婚活パーティーが終わって家に帰り。 私の手元に残ったのは、真っ白な印象カードと、1枚の連絡先交換カードだけでした。 2000円も払って手元に残ったのはたったのこれだけ。 泣けます。 しかも異様に疲れました。 初めて会う人と15人も間を空けずに喋り続ける。 コミ ... 続きを読む
23.【過去編】オシャレ帽子さん③

婚活パーティーが終わって家に帰り。

私の手元に残ったのは、真っ白な印象カードと、1枚の連絡先交換カードだけでした。

2000円も払って手元に残ったのはたったのこれだけ。

泣けます。

しかも異様に疲れました。

初めて会う人と15人も間を空けずに喋り続ける。

コミュ障にはただの苦行です。

 

これを「いい経験になった」とすぐ終わらせてしまうか、それとも……。

手元にある1枚の連絡先交換カード。

これに希望を託してみるか。

 

私は悩みました。

どうしてもこの人に未練があるわけではないし、そもそもどんな人だったかも覚えていないし。

でも。

2000円がもったいない!

どうせ惨敗したのだから、恥の上塗りくらいどうってことない。

できることは全てやってみよう。

私は精一杯勇気を振り絞ってメールを送ってみました。

 

「こんにちは。婚活パーティーでお世話になった婚活ブタです。

今日はありがとうございました」

 

こんなコミュ障丸出しのメールでしたが、私の中の全ての勇気とコミュ力を振り絞った結果です。

でも、1時間待っても、2時間待っても返事は来ませんでした。

「まあ、人生こんなもんか。私デブスだし」と諦めてその日は就寝しました。

これで初めての婚活パーティーは終わり。

そう思って寝たのですが、起きたら自体は一変していました。

 

「おはようございます。

返事遅くなっちゃってごめんね。

本当はこっちからメールしようと思ってたんだけど。

これからよろしくね。

良かったら今日ご飯でも行かない?」

私は震えました。

こんな奇跡が起こるだなんて。

メールして良かった。

2000円はムダ金じゃなかった。

とても幸せな気分でした。

メールが来た当日は、大変残念ながら予定があったのでご飯に行けませんでしたが、数日後にご飯に行く約束をしました。

お仕事の関係で夜は遅くなるということで、昼間のファミレスで待ち合わせです。

どんな人が全然覚えてなかったし、発見できなかったらどうしよう。

向こうも記憶以上のデブスが来て驚いて逃亡したらどうしよう。

約束当日、ドキドキしながら待ち合わせのファミレスに向かいます。

ファミレスに到着。

辺りを見渡しても、それらしい人はいません。

なのでメールしてみます。

 

「着きました!」

「右側の奥の窓際の席にいるよ」

 

指定された席に行くと、何かオシャレな帽子を被った、お兄さんともおじさんとも呼べない年齢の男性が座っていました。

なので、これから彼のことはオシャレ帽子さんと呼びます。

私が席の近くまで行くと、オシャレ帽子さんは立ち上がって出迎えてくれました。

 

「こんにちは」

「今日は来てくれてありがとう」

「座って」

「はい」

「お腹空いた?」

「はい」

「何食べる?」

「スパゲティが食べたいです」

「スパゲティのページはここだね」

 

ガチガチでロボットと化してしまった私にもオシャレ帽子さんは優しく対応してくれます。

デート慣れというか、婚活慣れしているんだろうな、と思いました。

スライムくらいしか倒せないレベルの私とは大違いです。

 

料理が運ばれてきて「パーティーの時のことはあまり覚えてないよね」ということで、もう一度自己紹介します。

覚えていないのバレていました。

 

年齢は31才で、職業はアパレルの店長だそうです。

だから帽子がオシャレなのかと納得です。

旅行が趣味だけど仕事が忙しくて中々行けていないらしく、休みが取れたら小旅行にでも行きたいとのこと。

そろそろいい年だから結婚したいけれど、忙しくて出会いも無いので最近婚活を始めたそうです。

他にも色々なことを話し、スパゲティを食べ終える頃には少し緊張がほぐれていました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

そしてやってきた婚活パーティー当日。 ラグジュアリーな感じのホテルのカフェを貸し切りで行われるパーティーでした。 大人な感じの雰囲気にドキドキです。 張り切りまくりなワンピースの私と友人に対し、他の参加者のラフな格好なこと。 慣れてない感じ満載ですごく ... 続きを読む
22.【過去編】オシャレ帽子さん②

そしてやってきた婚活パーティー当日。

ラグジュアリーな感じのホテルのカフェを貸し切りで行われるパーティーでした。

大人な感じの雰囲気にドキドキです。

張り切りまくりなワンピースの私と友人に対し、他の参加者のラフな格好なこと。

慣れてない感じ満載ですごく恥ずかしかったです。

 

受付を済ますと、胸に付ける番号札、プロフィールカードや連絡先交換カード、それから参加者の印象を記入するメモを渡されました。

ソフトドリンクの注文も聞かれ、指定された席に案内されます。

友人とは幸いにも隣同士の席になれました。

「席に着いた方からプロフィールカードを記入して待っていてください!」という司会者さんのアナウンスに促され、プロフィールカードを記入していきます。

同じくアナウンスで、番号札を見やすいところに付けるように、連絡先交換カードに連絡先を書いておくように、また、参加者の印象をメモする紙(印象カード)は相手から見えないように書くようにと注意を受けました。

 

お互い初めての婚活パーティーなので、

「これどうしたらいいの?」

「書くの? 何書くの?」

とキャッキャしながらプロフィールカードを埋めていきます。

内容は名前、年齢、職業、趣味、特技、好きな食べ物、好きなスポーツ、休日の過ごし方、デートで行きたいところなど。

ふわっとした感じのプロフィールです。

男性はそれに加えて年収を書く欄もありました。

 

ふわっとしたプロフィールでも、初めて書くもので結構時間がかかりました。

慣れれば書くことは大体決まっているので、すぐに書けるんですけどね。

プロフィールカードを書き終えて顔をあげると、ほぼ席が埋まっていました。

でも、どう見ても男性の方が多い。

時間になると、司会者がマイクを持ちました。

「お時間になりました。参加者も全員揃いましたので、パーティーを始めさせていただきます」

明らかに女性側の席に空席が目立ちます。

15vs15を謳っていましたが、どう多めに見積もっても15vs12です。

人数比合っていないけれど大丈夫なの?

そんな不安を残しながら、初めての婚活パーティーは幕を開けました。

 

その婚活パーティーは通称「回転寿司形式」と呼ばれるものでした。

まず、テーブルに男性と女性が一対一で座ります。

そして、時間が来たら男性が席を移動し、ぐるぐるぐるぐると回転寿司みたいに回るのです。

最初のファーストコンタクトタイムは2分。

自己紹介もままならないまま、次々と男の人が流れていきます。

渡された印象カードも記入する暇もなく次々男の人が流れます。

男の人の方が人数は多いので、あぶれて休憩する時間があるのですが、女の人にはそんな暇ありません。

ひたすら(コミュ障なのに)喋りまくります。

「婚活パーティーってマジ戦場……」とその時私は悟りました。

 

ファーストコンタクトが終わったら、印象の良かった人を書いてスタッフに手渡します。

そして休憩を挟み、セカンドコンタクトタイム。

そのセカンドコンタクトタイムの前に、誰が自分に好印象を付けたかの紙をスタッフが持ってきてくれます。

ちなみに私は惨敗でした。

セカンドコンタクトタイムも2分です。

この時には、連絡先交換カードを渡すことが可能でした。

何とか交換できたのは1枚だけ。

正直、ファーストコンタクトタイムでどんな会話をしたか覚えていないので、「はじめまして」状態の人たちで2分しかない状況で、連絡先交換できる人なんて神業だと思います。

斜め前の美人なお姉さんは連絡先交換カードの山を作っていましたが。

 

そして回転寿司タイムが終わると、最後にフリータイム。

10分間の間に、好きな相手とお喋りできます。

これがまたコミュ障の私には難しかったです。

目当ての男の人に向かって行くなんて恥ずかしすぎてできないし、デブスなので男の人からも来てくれません。

イケメンと美女にその他大勢が群がります。

なので私は友人と楽しくお喋りしました。

そして、カップリングカードの記入。

これは気になった人を3人まで選んで番号を書くというもの。

見事お互いの番号が選ばれていたらカップリング成立です。

とりあえず、話してみて印象が良かった(気がする)人を記入しておきます。

 

そしていよいよカップリング発表!

もちろんカップリングが成立するわけもなく。

友人とパンケーキを食べて帰りました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

話は飛びますが、今回からしばらく過去の婚活のお話をさせていただきたいと思います。 なぜそんな唐突に昔の話をするのかというと、「身元確認はとっても大切だよ」ということを、私の黒歴史を通して皆さんにお伝えしたいからです。 「こいつマジアホだな」と思いながら ... 続きを読む
21.【過去編】オシャレ帽子さん①

話は飛びますが、今回からしばらく過去の婚活のお話をさせていただきたいと思います。

なぜそんな唐突に昔の話をするのかというと、「身元確認はとっても大切だよ」ということを、私の黒歴史を通して皆さんにお伝えしたいからです。

「こいつマジアホだな」と思いながら読んでいただけると幸いです。

 

その時、私はまだ大学生でした。

大学を卒業する間近のふわふわした時期でした。

彼氏もおらず、将来への不安を抱え、「このままじゃいかん!」と、同じく彼氏のいない友人と婚活パーティーに出席することにしました。

私の婚活パーティーデビューです。

それまでは学生だったこともあり、そこまで「結婚」に対して真剣に考えていませんでした。

なので、何か一つのハードルを越えてしまったような感覚がしていました。

 

「どんな服着ていく?」

「そもそもどうやって申し込むの?」

「参加費とかめっちゃ高いんじゃない?」

「パーティーってことはアルコールあるのかな?」

「ご飯美味しいといいな」

そんな未知なる婚活パーティーに向けて、私と友人はわくわくで準備しました。

まだ大学生だったせいもあるのか、「街コン経験者」は多くとも「婚活パーティー経験者」は周りにはいません。

なのでネットで情報収集することにしました。

「婚活パーティー」と入れて検索するだけで、色々なパーティーが、どれを選んでいいのかわからないくらい存在していました。

その中でも、私たちは年齢層が低めで、初心者でも行きやすそうなパーティーを選ぶことにしました。

いきなり「男性公務員限定」とか「○○好きな人限定」とか「ゲームで愛情を深める」とかは上級者向け過ぎると思ったからです。

それに年齢制限で参加できないパーティーも多かったです。

なぜか女性の参加条件が「24歳以上」(もしくはもっと年上)であるパーティーが多く、22歳の私たちには参加できる条件ではありませんでした。

ちなみに選んだパーティーは、ご飯もアルコールもない、参加費2000円のテレビでよくやっている回転寿司形式の婚活パーティーです。

 

服装については、ネットで情報収集してみても書いてあることがバラバラで、大して役には立ちませんでした。

友人と相談して、一応「パーティー」という名前なのでキレイ目なワンピースで出席することにしました。

持っているワンピースの中で一番の上物を選ぶという張り切りぶり。

「良い人がいたらラッキーだなぁ」「ここにきて彼氏ゲットなるか!」と私と友人は希望に胸を躍らせていました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

婚活パーティーで出会った人と付き合い始めた友人K。 付き合って半年後のクリスマスに「今から転職するから、正社員に決まったら結婚しよう」とプロポーズされる。 そしてあれから4回目のクリスマスが訪れようとしています。   プロポーズって何だろう。   そし ... 続きを読む
【小ネタ】プロポーズって何だろう

婚活パーティーで出会った人と付き合い始めた友人K。

付き合って半年後のクリスマスに「今から転職するから、正社員に決まったら結婚しよう」とプロポーズされる。

そしてあれから4回目のクリスマスが訪れようとしています。

 

プロポーズって何だろう。

 

そして、4年間で5回も(6回だったかも)転職を繰り返すような男と結婚して未来はあるのだろうか。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

ずっと差しさわりのない世間話をしていた私たちは、「またお会いしたいですね」と約束を交わして別れました。 一応次の約束はできました。 でも、本当に世間話くらいしかしていません。 「この人は何だか嫌だな」という決め手もありませんでしたが、「この人と結婚した ... 続きを読む
20.チェック眼鏡くん④


ずっと差しさわりのない世間話をしていた私たちは、「またお会いしたいですね」と約束を交わして別れました。

一応次の約束はできました。

でも、本当に世間話くらいしかしていません。

「この人は何だか嫌だな」という決め手もありませんでしたが、「この人と結婚したい!」という決め手もありませんでした。

 

あすかちゃんに相談すると「何のために会ったんだよ」とバカにしながらも、「2回目の約束ができたんだからいいじゃん」と励ましてくれました。

2回目の約束の時が勝負所。

次に会った時はちゃんと婚活らしい話ができたらいいな。

 

そう思いながらチェック眼鏡くんとはメールのやり取りを続けていました。

でも、チェック眼鏡くんとのメールの頻度はどんどん落ちていき、そして、いつの間にか、どちらからともなくメールが途絶えてしまいました。

もちろん、会う約束はしていたものの、具体的な日にちは決めていなかったので、それもなしです。

 

きっと、最初に会った時、「この人だ」と私が思うところがあればもっと貪欲にアプローチを続けていけたのでしょう。

でも「相手が気に入ってくれるんだったらそのまま結婚しよう」程度の気持ちだったので、メールが減っても全く追う気になりませんでした。

きっとチェック眼鏡くんも同じだったのかもしれません。

決定的なダメは無かったから次の約束はしてみたけど、会いたい理由もない。

向こうからのアプローチも無いし、もういいか。

つまり「キープとして残しておくのはありだけど、積極的にどうこうしたいわけではない」

そんな感じだったのかもしれません。

 

やっぱり婚活って難しい。

お互いに乗り気じゃなく、切る勇気も無かったらこんなふわっとした終わりになっていまうのです。

「もっと積極性が必要だった」とあすかちゃんと軽い反省会をして、私は次に進むのでした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

チェック眼鏡くんとのやり取り一覧
17.チェック眼鏡くん①
18.チェック眼鏡くん②
19.チェック眼鏡くん③
20.チェック眼鏡くん④

婚活にもシーズンってあるのだろうか?どうせ婚活を始めるなら盛り上がる有利なシーズンに始めたい! まだ婚活を始めていない方はそんな風に思っている方も多いと思います。   でも、本気で「結婚したい!」と思って婚活を始める方には春も夏も秋も冬もありません。 年 ... 続きを読む

【おまけ】婚活が一番盛り上がる有利なシーズン

婚活にもシーズンってあるのだろうか?
どうせ婚活を始めるなら盛り上がる有利なシーズンに始めたい!

まだ婚活を始めていない方はそんな風に思っている方も多いと思います。

 

でも、本気で「結婚したい!」と思って婚活を始める方には春も夏も秋も冬もありません。

年がら年中、相手を探して連絡先を交換してデートを重ねて……と活動しています。

だったら婚活に盛り上がる時期はないのか?

ずっとみんなが同じテンションで活動しているのか?

そんなことはありません。

婚活が盛り上がるシーズンは存在します!

 

    11月末~12

なぜこの時期に婚活が盛り上がるのか。

普通に想像がつくと思います。

クリスマスが近いからです。

家族や恋人同士で楽しそうにクリスマスを過ごしている様子を独りで見るのは地獄でしかありません。

孤独に耐えかねて婚活にバーストをかける人、婚活を始める人が多いです。

その証拠にプロフィールに「目標は一緒にクリスマスを過ごしてくれる人を作る人」みたいな一文を付け加える方が爆発的に増えます。

そしてこの時期はクリスマスだけでなく、年末年始の親戚や友人の集まりに備えている人も多いような印象をうけました。

「そろそろ結婚しないの?」

「結婚を前提に付き合っている人はいるよ」

たぶんこんな会話がしたいのだと思います。

私も「いつ結婚するの?」と親戚に突っ込まれるのはすごく辛かったです。

 

    4月後半~5

「この春就職しました!」「この春転勤してきました!」

こんなプロフィールの方は増えてきます。

就職や転勤して少し現在の生活にも慣れ、人恋しくなって婚活を始めるのかなぁと思います。

それからこの時期は何と言ってもGWです。

GWを独りで過ごしたくない人、GWだから仕事がお休みで暇になった人が本腰を入れて婚活を始めてます。

普段は忙しい方とでも、このGW中だとメッセージ交換が密にできて普段より早く仲良くなれたりしました。

 

    7月~8月

この時期はなぜなのかよくわかりませんが。

「恋の季節」ってやつなんですかね?

婚活も活発になっていました。

特に婚活パーティーが「BBQ婚活」「バスツアー婚活」などアウトドア系の変わり種婚活パーティーを乱発してきます。

みんなでワイワイ騒ぐ系の婚活がしたい方は、この時期に婚活パーティーに参加しまくるのもいいかもしれません。

同性のお友達を作って帰られる方もたくさんいました。

私もおススメされて一回参加してみましたが、私には無理でした。

 

特に盛り上がっていると感じたのはこの3つでしたが、他にもハロウィン、お正月、バレンタイン、シルバーウィークなどなど、それぞれイベントごとで盛り上がりを見せます

要するに一年中何らかの盛り上がるシーズンはあるのです。

なのでいつ始めても自分のテンションとさえ合えば盛り上がりにのることはできるのです。

それに盛り上がるシーズンは、新規に婚活を始める人が増えるだけでなく、ずっと婚活を続けている人もやる気を入れ直すキッカケになったりもします。

私も実際クリスマス前やGW前、夏は気合を毎回入れ直していました。

なので盛り上がるシーズンを上手く自分の婚活に組み込んでいくのも上手な婚活の進め方だと思います。

 

※私が2年間婚活で足掻きまくった上での意見です

これが全てではありません

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

実際に会ってみたチェック眼鏡くんの印象は写真のままでした。 黒ぶち眼鏡で、野暮ったいボサボサの頭。 ひょろっとした体つきで、やっぱりチェックのシャツ。 笑顔が印象的な人ではありましたが、「優しそうな人」というよりは「何となく疲れてそうな人」といった印象 ... 続きを読む
19.チェック眼鏡くん③


実際に会ってみたチェック眼鏡くんの印象は写真のままでした。

黒ぶち眼鏡で、野暮ったいボサボサの頭。

ひょろっとした体つきで、やっぱりチェックのシャツ。

笑顔が印象的な人ではありましたが、「優しそうな人」というよりは「何となく疲れてそうな人」といった印象です。

「ダサい」と言ってしまえばそれまでですが、コミュ障の私には変にイケイケのお兄ちゃんが来るより断然安心できました。

チェック眼鏡くんが「ピザが好き」と言うので、少し歩くけれどと前置きをして、とっておきのピザのお店まで移動します。

私とチェック眼鏡くんの身長差は30㎝ほどあったのですが、チェック眼鏡くんが合わせてくれたみたいで自分のペースで歩くことができました。

チビは長身と歩く時、足の長さが合わずに早歩きになることが多々あるのでありがたかったです。

 

「遠いところありがとうございます」

「こっちこそ会ってくれてありがとうございます」

「お腹空きました?」

「まぁまぁです」

「そんなピザが好きなんですか?」

「無難にマルゲリータとか」

そんな差しさわりない会話がずっと続いていました。

メッセージの時はあすかちゃんがいてくれたので、聞きにくいことや込み入ったこともグイグイ聞けたのですが、今は私一人の勝負。

刺しさわりのないことしか聞けません。

それはチェック眼鏡くんも同じようでした。

ずっと差しさわりのない会話が続きます。

あすかちゃんには「最初は楽しむことが大事」「でも結婚の意識がなく仲良くなるのも危険なので、少しは結婚後の話もするべき」というアドバイスをもらっていたのですが、全然切り出せません。

「結婚したらどんな家庭にしたいか」とか「どれくらいのタイミングで子どもが欲しい」とか「親の介護にはどうやって関わっていくつもりなのか」とか。

聞きたいことはたくさんありました。

チェック眼鏡くんとの会話は全て私が主導。

聞きたいことがあるのなら、持って行きたい会話の流れがあるのなら、私が頑張らないと。

 

でも、ピザを食べ終わっても、その後喫茶店に入っても、喫茶店の後、2人でお散歩してみても。

ずっとずっと、婚活に関係のない話しかできませんでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

チェック眼鏡くんとのやり取り一覧
17.チェック眼鏡くん①
18.チェック眼鏡くん②
19.チェック眼鏡くん③
20.チェック眼鏡くん④

メール交換もそろそろマンネリだな。 知りたい情報は大体引き出したし。 あとは実際に会ってみてかなぁ。 でもコミュ障だから会うの怖いなぁ。   そんなことを悶々と考えていた折。 チェック眼鏡くんから「実際に会ってみませんか?」とお誘いがありました。 受け ... 続きを読む
18.チェック眼鏡くん②


メール交換もそろそろマンネリだな。

知りたい情報は大体引き出したし。

あとは実際に会ってみてかなぁ。

でもコミュ障だから会うの怖いなぁ。

 

そんなことを悶々と考えていた折。

チェック眼鏡くんから「実際に会ってみませんか?」とお誘いがありました。

受け身なチェック眼鏡くんからは珍しい行動力です。

会わない理由はありません。

ですが。

コミュ障なので、実際に会うのは怖い。

でも、そんなことを言っていては結婚できません。

 

「まだ1か月もメールしてないのに会うの早くない?」

「会って変な人だったらどうしよう」

「知らない人に会うのが怖い」

そんな不安をあすかちゃんに打ち明けますが、「実際に会ってみないと何も始まらない」「案じるより産むがやすし」と勇気づけられました。

やはり、婚活には後押ししてくれる友人は必要です。

1人なら、実際に会うところで挫折していたと思います。

私はチェック眼鏡くんと恐る恐る会う約束を取り付けました。

ネット婚活を始めて、初めて実際に会います。

とても緊張します。

 

当日の予定はランチを食べに行きましょう、ということになりました。

向こうが遠方なこともありましたが、初めて会う人と夜に会うのは怖いというのが一番の理由です。

安心できるという理由で「婚活サイトB」を選んだものの、やはり同じ知り合いが誰もいない、メールでのやり取りでしか相手の人柄が推し量れない関係です。

自分が傷つけられないためにも、恐怖感を持って注意深くするのは大事なことだと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

チェック眼鏡くんとのやり取り一覧
17.チェック眼鏡くん①
18.チェック眼鏡くん②
19.チェック眼鏡くん③
20.チェック眼鏡くん④

狩りに行くスタイルに変更してから一日。 最初に反応があったのは、赤いチェックのシャツに黒ぶち眼鏡の笑顔写真が印象的な人でした。   名前 チェック眼鏡くん 年収 600万 年齢 28才 職業 研究職 身長 180cm 子ども できれば欲しい 趣味 アウトドア ... 続きを読む
17.チェック眼鏡くん①

狩りに行くスタイルに変更してから一日。

最初に反応があったのは、赤いチェックのシャツに黒ぶち眼鏡の笑顔写真が印象的な人でした。

 

名前 チェック眼鏡くん

年収 600

年齢 28

職業 研究職

身長 180cm

子ども できれば欲しい

趣味 アウトドア

休日 読書

 

良い感じです。

早速メッセージを送ります。

 

「こんにちは、はじめまして。

マッチングありがとうございます。

婚活ブタといいます。

26才で、最近友人たちも次々結婚し始めて、思い切って婚活を始めました。

チェック眼鏡くんはどうして婚活を始められたんですか?

よかったらこれからよろしくお願いします」

(もちろんあすかちゃんのゴーストライト)

「はじめまして。

こちらこそありがとうございます。

チェック眼鏡です。

僕も周りの友人が結婚していて婚活を始めました」

 

チェック眼鏡くんは質問にしか答えないタイプみたいです。

でもくじけずにどんどんメッセージを送って情報を探り出します。

あすかちゃんのサポートがあるので気分は無敵です。

 

一週間で聞き出した情報は以下の通りです。

・仕事内容はプラントの研究?をしている

・三人兄弟の長男

・山に登るのが好き

・転勤があるので将来的な親との同居は考えていない

・子ども2人くらい欲しい

・宗教は仏教

・一人暮らし

 

悪くないです。

向こうも同じように思ってくれたのでしょうか。

無事に本名と連絡先を交換し、2週間くらいはメールでやり取りをして、お互いへの理解を深めていきました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

チェック眼鏡くんとのやり取り一覧
17.チェック眼鏡くん①
18.チェック眼鏡くん②
19.チェック眼鏡くん③
20.チェック眼鏡くん④

今回は前回や前々回で少し書いた「ネット婚活の壁」についてお話ししたいと思います。   ①    対象外のオッサンからもアプローチされる 明らかに対象外の世代から送られ続けてくるメッセージ。 邪魔以外の何物でもありません。一回り年上程度ならまだしも、なぜ娘 ... 続きを読む
16.ネット婚活の壁

今回は前回や前々回で少し書いた「ネット婚活の壁」についてお話ししたいと思います。

 

    対象外のオッサンからもアプローチされる

明らかに対象外の世代から送られ続けてくるメッセージ。

邪魔以外の何物でもありません。
一回り年上程度ならまだしも、なぜ娘でもおかしくない年代の女性にアプローチができるのでしょうか。
恋愛市場ならともかく、婚活市場で好き好んでそんな年上を選ぶ人はいないと思います。

 

    メッセージのやり取りが続かない。

私がネット婚活を選んだ理由の一つとして、「コミュ障だから直接人と会うのが苦手」だったからです。

なぜ「相手も同じ理由でネット婚活を選んだ」ということを思い付かなかったのでしょうか。

どう次に繋げたらいいのかわからないメッセージ、どう返したらいいのかわからない質問、こちらしか質問を投げかけていない会話の暴投……。

本当にあすかちゃんがいないと、会話すら成立しない人が多かったです。

実際に会ってみたら普通に話せる人も多く、本当にメッセージ交換でひたすら耐えるのが辛かったです。

 

    直接会うのに勇気がいる

身分証明書の提出があるとはいえ、実際に婚活する気のない悪い人かもしれません。

何せ、お互いを知っている共通の知人もいないので、交換したメッセージが全てなのです。

それに元々人と話すのが得意ではないので、本当に会うのには勇気が必要でした。

 

    時々とんでもないのがいる

これは後々の記事で詳しくお話しできたらと思います。

本当に、怪物みたいなのが時々います

婚活パーティーにもいないわけではありませんが、ネット婚活の方がエンカウント率が高かったです。

 

他にも壁を感じる部分が無かった訳ではありませんが、私が大きく壁を感じていたのがこの4つです。

特に②は日々の作業なので辛かったです。
会話が成り立たないまま消滅、なんていうことも多々ありました。
そっちから会話のリードしてくれないなら、せめて質問に答えるくらいはしてほしかったです。

あすかちゃんにちゃかしつつゴーストライターしてもらっていなかったら、1ヵ月も持たずに婚活を辞めていたでしょう。

そして未だに独身だったと思うと身の毛がよだちます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。