低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

結婚するお相手に求める条件は誰だって持っています。 ある程度の年収がある人だったり、容姿が整っている人だったり、家事能力が優れている人だったり。 一生を共にする予定の人です。 大なる小なり求めるところがあって当然です。 むしろ「どんな人でもいい」と言っ ... 続きを読む
【小ネタ】お相手に求める条件

結婚するお相手に求める条件は誰だって持っています。

ある程度の年収がある人だったり、容姿が整っている人だったり、家事能力が優れている人だったり。

一生を共にする予定の人です。

大なる小なり求めるところがあって当然です。

むしろ「どんな人でもいい」と言っている人ほど婚活は難航します。

だから自分がどんなお相手を求めているか明確にするのは大切なことです。

 

が。

プロフィールに「お相手に求める条件」と色々書くのは間違っていると思います。

もし自分が当て嵌まっていたとして、そんな風に「こんな人と結婚したいからアプローチしてね!」なんて受け身な人と婚活したいとは思いません。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活をしていたら「今まで何人と付き合った?」という話になることは多いです。 恋愛テクニックとして「実際の人数はともかく2人くらいと答えておくのが無難」という話はあります。 ですが正直に実際の人数を答える時に、どのように数えたらいいのでしょうか。   恋 ... 続きを読む
【おまけ】交際人数の数え方

婚活をしていたら「今まで何人と付き合った?」という話になることは多いです。

恋愛テクニックとして「実際の人数はともかく2人くらいと答えておくのが無難」という話はあります。

ですが正直に実際の人数を答える時に、どのように数えたらいいのでしょうか。

 

恋愛で交際した人数は当然含めます。

問題はその先の、婚活で交際した人数です。

中にはカップリングやマッチングしただけのお相手ですら交際人数に含める人もいるそうです。

そんな人たちを交際人数に含める必要はありませんが(むしろ含める方が怖い)本交際まで辿り着いた人たちはどうでしょうか。

本交際まで辿り着いたということは「この人なら結婚できるかもしれない」と思って、真剣に交際するわけです。

そこに恋愛感情はなくても、結婚を見据えたお付き合いなので、濃厚なお付き合いになります。

しかし出会いは婚活の場であって、純粋な恋愛感情でお付き合いを始めるわけではありません。

(中にはそういう人もいますが)

恋愛と同じ枠で数えるのは何だか違う気がします。

それに「本交際」「真剣交際」と言ったところで婚活の一過程です。

「結婚」という目的が設定されたお付き合いです。

なので「この人とは結婚できない」と思えばすぐにお別れします。

そこも恋愛とは違うところです。

だから本交際まで辿り着いたけれど、1回目のデートでダメになることだって当然多々あります。

そして、付き合う人数も膨れがちです。

私みたいな低収入のデブスだって、2年間の婚活期間で3人と本交際まで辿り着いているのです。

なので特に問題のない人ならば、もっと多くの人と本交際まで辿り着くでしょう。

だとすると、1年で数人交際人数が増えていくわけです。

恋愛では中々有り得ない数の膨れ方をします。

お相手に「遊んでたんですね」と思われても仕方がない数にすぐ到達してしまうでしょう。

そして、婚活をするまでお付き合いしたことがなかったとしても、婚活を続けていればいつかは本交際まで辿り着きます。

中々本当に結婚したいと思える人と出会えず、数を重ねてしまった場合「恋愛では0人、婚活では3人」というアンバランスが成立してしまいます。

恋愛経験が無いのに「3人とお付き合いしていてそこそこ経験豊富」なんて思われたら溜まったものではありません。

 

以上のことを踏まえて、私は交際人数を問われた時は、婚活での本交際を人数に含めない方がいいと思います。

ただ何となく人数が知りたい人ならばそこで会話が終わりますし、詳しく知りたい人ならばもっと突っ込んで色々聞いてきます。

そこで詳しくお話すればいいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活中、私は容姿を気にせずに活動していました。 元々そんなに容姿にこだわる質ではありませんでしたし、容姿よりも優先したい条件があったからです。 そんな私でもプロフィール写真で避ける人種がいました。 そう、イケメンです。 「イケメンが婚活なんかするか」「 ... 続きを読む
【小ネタ】イケメン不信

婚活中、私は容姿を気にせずに活動していました。

元々そんなに容姿にこだわる質ではありませんでしたし、容姿よりも優先したい条件があったからです。

そんな私でもプロフィール写真で避ける人種がいました。

そう、イケメンです。

「イケメンが婚活なんかするか」「どうせ別人がなりすましているか、詐欺に違いない」と思っていました。

だってイケメンが婚活するなんておかしいです。

イケメンは借金があろうが無職だろうが生きているだけで女が寄ってきて、ある程度の年齢になったら結婚するものなのです(偏見)

だからイケメンのプロフィール写真の人は全て結婚詐欺師

そう思って活動していました。

(心に余裕ができた今でもその考えは拭えません)

完全なイケメン不信です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   ネット婚活でお相手とメッセージ交換をしている時のお話です。 この方とは、マッチングして軽く挨拶を交わした後にすぐに「会おう」と言われました。 慣れてきていたとはいえ、ネッ ... 続きを読む
【奇行】33.ダメ出し

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

ネット婚活でお相手とメッセージ交換をしている時のお話です。

この方とは、マッチングして軽く挨拶を交わした後にすぐに「会おう」と言われました。

慣れてきていたとはいえ、ネット婚活。

実際に存在するかもわからない顔の見えないお相手です。

いつかは会うことになるとして、マッチングしてすぐに会うのはリスクが大きすぎます。

 

「メッセージ交換してお互いのことを知ってからお会いしたい」と伝えたのですが。

 

「でも会わないと結婚できないよね?」

「そういう消極的なところが結婚を遠ざけているんだと思うよ?」

「そもそもプロフィール写真ももっと上手に撮らないと。あの写真じゃボディラインがわからないよね」

「PR文の書き方も堅苦しすぎると思うな。もっとフランクにいかないと男の人に引かれちゃうよ」

 

なんかもう、ダメ出しの嵐です。

お前は何目線で言っているんだ。

私の婚活コンサルタントか何かかと思ってしまいました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

※私が婚活をして学んだことを書いていきます   婚活において「どのような場所でどのように活動するか」選ぶのは重要です。 息をするのでさえストレスが溜まるのが婚活です。 そんなストレスにさらされ続ける婚活なのですから、少しでもストレスの少ない方法で婚活す ... 続きを読む
【婚活学習】26.婚活のフィールドを絞るべきではない

※私が婚活をして学んだことを書いていきます

 

婚活において「どのような場所でどのように活動するか」選ぶのは重要です。

息をするのでさえストレスが溜まるのが婚活です。

そんなストレスにさらされ続ける婚活なのですから、少しでもストレスの少ない方法で婚活するのは重要です。

私も「合コンは苦手」「婚活パーティーは苦手」「街コンはそもそも一緒に行く友人がいない」「お見合いも自分の条件が悪すぎる」と色々悩んでネット婚活に辿り着きました。

(「2.持つべきものは」でその辺りの葛藤を書いて……いない?)

実際、ネット婚活は私に合っていたと思います。

私はコミュ障なので、実際に面と向かって話す前に文字のコミュニケーションでワンクッション置けるのが大きかったです。

文字のコミュニケーションだと伝える前に言葉を吟味できますし、相手のメッセージも「どういうことだろう」とじっくり考えることができます。

それに文字のコミュニケーションの段階で合わない人を切ることができるので、実際に会う人を最小限に絞ることができます。

実際にネット婚活だけでなく、婚活パーティーや合コン街コンに参加してみたり、紹介してもらった手応えからいっても、私にとってネット婚活は一番ストレスを感じずに合っていたと思います。

 

でもだからと言って、合う婚活を見付けたからとその婚活の方法以外を排除するのはよくありません。

出会うチャンスが限定されてしまいますので、とても勿体ないです。

現に私も婚活中、迷走して婚活パーティーや合コン街コンや紹介と色々手を出しました。

そして迷走していたように見えて、実際に夫と出会ったのは婚活パーティーです。

(夫と出会ったお話は「180.職場でいびられて婚活パーティーに参加する②」です)

人生何があるかわからないものです。

 

私が夫と出会ったのは婚活パーティーですが、だからといって最初から婚活パーティーに活動場所を絞っていたらそれはそれで結婚できなかったと思います。

夫と出会うまでの約2年間の活動期間中に婚活のストレスで絶対に潰れていました。

そこまで婚活を続けられていなかったと思います。

また運良く婚活パーティーで出会っていても、うまくいったとも限りません。

私が婚活パーティーで夫と出会って上手くいったのは、ネット婚活で積み上げてきた経験のお陰だと思っています。

ネット婚活で色々な人と出会い、学んできた積み重ねとして結婚に辿り着けたのだと思います。

夫と出会ったのは婚活パーティーでしたが、婚活パーティーでカップリングしたのも夫とが初めてでしたので、ネット婚活のように婚活パーティーでは経験を積み重ねられなかったでしょう。

 

自分に合った婚活のフィールドを探すのはとても大切です。

でもそれにこだわらず、色々手を尽くしてみるのが成婚への近道だと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

これは婚活あるあるだと思います。 婚活中の人とお話をする時。   「久しぶり! 例の人とはどうなった?」 「えっと、どの人かな?」 「〇〇にデートに行った人」 「あぁ、その人とは上手くいかなくて。今別の人とデートしてる」   といった具合に「付き合えそ ... 続きを読む
【小ネタ】例の人

これは婚活あるあるだと思います。

婚活中の人とお話をする時。

 

「久しぶり! 例の人とはどうなった?」

「えっと、どの人かな?」

「〇〇にデートに行った人」

「あぁ、その人とは上手くいかなくて。今別の人とデートしてる」

 

といった具合に「付き合えそうな上手くいっている例の人」(仮交際のお相手)がころころ変わります。

半年も会わなかったら、この前話を聞いた「例の人」が三代前だった、なんてことも珍しくありません。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

ぶりっこおじさんとのやり取りの後、合コンに参加してみて合コン恐怖症を悪化させたり、サイトで現実の知り合いを発見してしまい気まずい思いをしたりして婚活の傷口を広げていました。 もう箸が転がっても傷付く勢いです。 心が弱りすぎていて何にでも傷付きます。   ... 続きを読む
【ダイジェスト】18.ゆうくん

ぶりっこおじさんとのやり取りの後、合コンに参加してみて合コン恐怖症を悪化させたり、サイトで現実の知り合いを発見してしまい気まずい思いをしたりして婚活の傷口を広げていました。

もう箸が転がっても傷付く勢いです。

心が弱りすぎていて何にでも傷付きます。

 

そんな中、次にやり取りを開始したのがゆうくんです。

自分で「ゆうくんって呼んで」と言っていたのでゆうくんです。

なんで10才近く年上の男性を「くん付け」しないのだろうと深く印象に残っていました。

ゆうくんは年収300万の36才で、車の整備士をしている人です。

結婚を考えていた彼女と別れたばかりで婚活を始めたそうです。

彼女がいただけあって、ゆうくんとのメッセージ交換はスムーズでした。

ただ、ゆうくんは「漠然と結婚したいけれど結婚後のビジョンは無い」タイプだったのでその点では少し困りました。

ですが質問したらちゃんと考えて返してくれるので「好きにしてくれたらいい」と丸投げする人よりはずいぶんマシです。

 

他にも問題はありました。

私は子どもが欲しいのですが、ゆうくんは「できなくてもいい」という考えだったのです。

ですが「欲しくない」というわけではなく「できたらできたら育てるけれど積極的に作ろうとは思わない」という考えだったのでやり取りを続けました。

それは無職の弟や、私の見た目にそぐわない虚弱体質をふわりと受け流してくれたのが大きかったです。

 

そしてメッセージ交換を重ねること1週間。

ゆうくんとお会いする約束をしました。

しかし、中々ゆうくんと予定を合わせることができなくて実際にお会いするのは2週間後です。

その2週間がとてもじれったかったですが、その間も大事な情報収集期間としてメッセージ交換をずっと続けていました。

その2週間の間にとんでもないことが発覚してしまったのです。

ゆうくんは婚活はしているけれど、書類を交わす正式なものではなく「事実婚」が希望でした。

前の彼女ともそんな感じで楽だったから、とのことです。

結婚にも色々な形があるのでしょうが、私が求める結婚の形はそうではありません。

婚活をしている女性のほとんどがそうではないでしょう。

目指すゴールが違うのであれば、ゆうくんとはこれ以上やり取りしても、会っても意味がないでしょう。

お互いの考え方が違うということで、ゆうくんとはお会いする約束をキャンセルして終わりになりました。

元々価値観が合うお相手ではなかったですが、まさか婚活で「事実婚希望」の方がいるとは思わなくて、大きな衝撃を受けたお相手でした。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

86.デブスなのに合コンへ参加する

87.まさかの遭遇

88.ゆうくん①

89.ゆうくん②

90.事実婚希望なのになぜ婚活するのか

91.婚活独特の流れと言葉


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「告白されても1回は絶対断る」という人がいました。 理由は「本当に好きなら1回断られたくらいでは諦めない」とのことです。 その人はすごくモテる人でしたし、恋活の時点ではそれは恋愛テクニックとしてアリだと思います。 私にはよくはかりませんが、それが恋愛の ... 続きを読む
【小ネタ】恋の駆け引きは婚活に必要か

「告白されても1回は絶対断る」という人がいました。

理由は「本当に好きなら1回断られたくらいでは諦めない」とのことです。

その人はすごくモテる人でしたし、恋活の時点ではそれは恋愛テクニックとしてアリだと思います。

私にはよくはかりませんが、それが恋愛の駆け引きというものなのでしょう。

しかし、婚活に突入した今となってそれは悪手だと思うのです。

 

婚活は数です。

色んな人と出会って、結婚できる人を探さなければいけません。

ということは、1人にそんな時間はかけられません。

それに婚活はお互いに結婚が前提なので真剣です。

そんな真剣なやり取りの中、お断りされてもその人に執着する人がどれくらいいるでしょうか。

(変な人は除くとして)

普通の人ならすっぱり諦めて次の人に行くと思います。

それが婚活というものです。

もう何年も婚活しているのだから、そろそろ「1回は断る」手法を捨てるべきなのではないだろうかと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

今って色々なハラスメントがありますよね。 セクハラ、パワハラ、モラハラ、スメハラ、アルハラ、マタハラ、ドクハラ……。 挙げ始めたらキリが無いです。 その中でも、婚活中の方に関係がありそうなハラスメントの存在を教えてもらいました。 ゼクシィ・ハラスメント ... 続きを読む
【おまけ】ゼクハラ

今って色々なハラスメントがありますよね。

セクハラ、パワハラ、モラハラ、スメハラ、アルハラ、マタハラ、ドクハラ……。

挙げ始めたらキリが無いです。

その中でも、婚活中の方に関係がありそうなハラスメントの存在を教えてもらいました。

ゼクシィ・ハラスメント。

略してゼクハラです。

一応知らない方のために説明させていただきますと、「ゼクシィ」とは大手結婚情報サイトです。

婚約指輪や結婚指輪、結婚式場などの情報の他、結婚後の手続きやお金のこと、両家顔合わせへの進め方など色々載っています。

 

そんなゼクシィがなぜ、どうやってハラスメントになるのか。

中々プロポーズをしてくれない彼氏や籍だけ入れて結婚式を考えてくれない夫の目の着くところに置いておくと、それが無言の圧力となってハラスメントになるそうです。

くだらないハラスメントだと思います。

自分に負い目があるのでしょうが、悪意的に取り過ぎではないでしょうか?

前者の場合、急に「どうしてプロポーズしてくれないの! 私来月で30才なんですけど!」と溜め込んで前触れなくブチギレる女性よりはずいぶん優しいと思います。

「私は結婚したいですよ」と意思表示をしてプロポーズを準備する時間をくれているのですから。

結婚するつもりがなかったら、それとなくそのことを伝えればいいだけです。

結婚適齢期で結婚したがっている女性を結婚するつもりがないのに縛り付けるのはあまりにも酷です。

後で刺されても文句は言えません。

(「いつかは結婚するつもりだけれど~」といったふわっとした言い訳も同じです)

また、後者の場合も夫婦なので話し合えばいいだけです。

圧力のつもりで置いているのではない可能性だってあります。

私の場合、式場探しのためではなくおまけで付いている色々な手続き丸わかりブックと付録のために買っていました。

「ゼクシィ買ってどうしたの?」って一言聞けば済む話です。

それでまだ妻側が結婚式を諦められていないのだったら、また話し合えばいいのです。

 

ハラスメントって深刻な問題だし、される方は辛いです。

でもゼクシィまでハラスメントにするなんて、何でもかんでもハラスメントにし過ぎだと思います。

結婚するつもりがないのに結婚適齢期の女性と付き合うなと思うし、結婚式についてもちゃんとお互いに落としどころを作って結婚するべきだと思います。

 

でもだからといって口に出さずにゼクシィで無言の圧力を与え続けるのも嫌らしい思うし、それでブチギレる男性もいます。

私は口に出す前にゼクシィを置いてみる女性がいじらしくてかわいく思えますが、やっぱり話し合うのが最善手です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

知り合いに「化けの皮を被って結婚した」と広言している女性がいました。 「自炊なんてしたことなかったけれど、料理好きを装った」「掃除なんて月に1回したらいい方だったけれど、小まめにするようにした」「ブランドもの好きだけれど、興味のない慎ましい女を演じた」 ... 続きを読む
【小ネタ】化けの皮を脱ぐタイミングがない

知り合いに「化けの皮を被って結婚した」と広言している女性がいました。

「自炊なんてしたことなかったけれど、料理好きを装った」「掃除なんて月に1回したらいい方だったけれど、小まめにするようにした」「ブランドもの好きだけれど、興味のない慎ましい女を演じた」などなど。

必至に旦那さんが好きそうな女を演じて結婚までこぎつけたそうです。

 

結婚もできたので、化けの皮を脱いで本来の料理も掃除も嫌いなブランドもの好きな自分に戻ろうとしたのですが、ふと「ここで嫌われたら離婚されるかも」という考えが過ぎったそうです。

子どもができれば簡単に離婚できなくなります。

なので子どもができるまでは今の自分を続けよう。

 

そして子宝に恵まれた今、彼女が化けの皮を脱いだかというとそうでもありません。

「子どもができたら毎日出来合いなんてできないし、掃除もちゃんとしないと何食べるかわからない。お金がかかる一方なのにブランドものなんて以ての外。完全に化けの皮を脱ぐタイミングを失った」とのこと。

 

化けの皮を被り続けて7年。

そこまで来ると「旦那さんに自分を偽っていた」と言うより「旦那さんのために変わった」と言う方が正しいのではと思いました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。