16.ネット婚活の壁

今回は前回や前々回で少し書いた「ネット婚活の壁」についてお話ししたいと思います。

 

    対象外のオッサンからもアプローチされる

明らかに対象外の世代から送られ続けてくるメッセージ。

邪魔以外の何物でもありません。
一回り年上程度ならまだしも、なぜ娘でもおかしくない年代の女性にアプローチができるのでしょうか。
恋愛市場ならともかく、婚活市場で好き好んでそんな年上を選ぶ人はいないと思います。

 

    メッセージのやり取りが続かない。

私がネット婚活を選んだ理由の一つとして、「コミュ障だから直接人と会うのが苦手」だったからです。

なぜ「相手も同じ理由でネット婚活を選んだ」ということを思い付かなかったのでしょうか。

どう次に繋げたらいいのかわからないメッセージ、どう返したらいいのかわからない質問、こちらしか質問を投げかけていない会話の暴投……。

本当にあすかちゃんがいないと、会話すら成立しない人が多かったです。

実際に会ってみたら普通に話せる人も多く、本当にメッセージ交換でひたすら耐えるのが辛かったです。

 

    直接会うのに勇気がいる

身分証明書の提出があるとはいえ、実際に婚活する気のない悪い人かもしれません。

何せ、お互いを知っている共通の知人もいないので、交換したメッセージが全てなのです。

それに元々人と話すのが得意ではないので、本当に会うのには勇気が必要でした。

 

    時々とんでもないのがいる

これは後々の記事で詳しくお話しできたらと思います。

本当に、怪物みたいなのが時々います

婚活パーティーにもいないわけではありませんが、ネット婚活の方がエンカウント率が高かったです。

 

他にも壁を感じる部分が無かった訳ではありませんが、私が大きく壁を感じていたのがこの4つです。

特に②は日々の作業なので辛かったです。
会話が成り立たないまま消滅、なんていうことも多々ありました。
そっちから会話のリードしてくれないなら、せめて質問に答えるくらいはしてほしかったです。

あすかちゃんにちゃかしつつゴーストライターしてもらっていなかったら、1ヵ月も持たずに婚活を辞めていたでしょう。

そして未だに独身だったと思うと身の毛がよだちます。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。