35.結局敵は周りの無理解な人


私は婚活をしていた当時、周囲に「婚活をしています」というアピールはしていませんでした。

そうした方が思わぬご縁が舞い込んできたり、有益なアドバイスを頂けたり、良さそうな人がいたら紹介してもらえるというメリットがあったのは重々承知です。

でも、そのメリットを無視しても言わない方がいいな、と思う出来事が何回もありました。

ただでさえ婚活のお断りに次ぐお断りで傷付いているのに、さらに「そんなに傷を抉る?」というようなことを言われたりするのです。

 

    「まだ20代なのに焦りすぎ」

こういう風に言う方は30代で結婚された方と未婚の同世代の知人が多かった。

私はデブスで他にも色々と負債を抱えています。

20代という武器を失ったら、婚活という戦場で何が残るのでしょうか?

何も残りません。

それに子どもを産むなら、体力に自信のない私にはできるだけ早い方が良いに決まっています。

なのに「私だって30代で結婚したから大丈夫」「○○さんは40代で初産で、今は3人も子どもがいる」「だからまだ焦る必要はない」と否定的な意見ばかりぶつけています。

でも、20代で婚活を頑張ろう、と決めたのは私が考えた結果です。

30代で結婚する方も多いですが、確率的に20代で婚活した方が成婚する確率が高いに決まっている。

妊娠出産だって、そんな40代で初産の方もいれば、20代で不妊治療をしている方もいるし、30代でリタイアした方もいます。

それも加味して考えた結果なのに、そんなに気軽に否定されるととても嫌な気分になります。

 

    「まだ恋愛できる年なのに、婚活で結婚なんて寂しくない?」

これを言ったのは恋愛結婚した方でした。

ご自分が恋愛結婚しているので、恋愛結婚が一番素晴らしいと思っているのでしょう。

私も実際に普通に暮らしていて好きな人ができて、その人と一生添い遂げることができればそれは幸せなことだと思います。

しかし、20年以上ろくに彼氏もできたことのないようなブタにそんなチャンスはあるのでしょうか?

普通に恋愛して、ずっと普通に彼氏もいて、ここ数年だけ彼氏がいない。

そういう方なら、恋活でもしながらまた好きな人ができるまで待っていてもいいと思います。

でも今まで恋愛もしたことないようなブタにそれは無理です。

別に恋愛に対して憧れがあるわけでもないですし、「恋愛せずに結婚する」ことに対して寂しいなんて思ったことないので放っておいて欲しいです。

 

    「結局働きたくないからじゃない?」

これはあまり喋ったことのない人に言われました。

婚活してると言っていたので、仲間だと思ったから打ち明けたのにショックでした。

私の「子育てをするのが夢だったからパート主婦で許してくれる人がいい」という考えがよほど理解してもらえなかったみたいです。

でも私からすると、彼女の「身長180㎝以上、筋肉質、イケメン、年収500万以上、同世代、連絡がマメな人、甘やかしてくれる人、ご飯が作れる人、掃除が好きな人」という理想もかなり高いと思いましたし、自分が理解できないからってそんなに攻撃することないのでは、と思います。

それに言い訳させてもらうと、確かに働くのは嫌いですけど、みんなそれでも働いているのは知っていますし、「働かずに生きていけるほど世の中甘くない」ということは承知です。

「働きたくないから適当に結婚するか」という風に受け止められるのは大変不快です。

 

    「焦らなくても真面目に生きていれば結婚は自然とできる」

では、結婚できていない人は不真面目に生きてきたのでしょうか。

というか、未婚の私より年上のオッサンに言われたので今思い出しても腸煮えくり返るくらい不快です。

 

そんな感じで周りから無理解な暴言を吐かれまくり、私はすっかり周りに打ち明けるのが嫌になってしまいました。

どう思おうが勝手ですが、直接私にそんなモチベーションが下がるようなことを言わないでほしかったです。

ただでさえ婚活は傷付くことの連続。

病みそうになることがとても多いのです。

 

結婚した今でも「婚活で結婚したよ」というと、謎の嘲笑を受けたりします。

「恋愛で結婚できなかった負け犬」とでも思っているのでしょう。

 

ネガティブな面ばかり書きましたが、「頑張っているんだね」とか「努力しているんだね」と勇気づけてくれた方もちゃんといらっしゃいます。

あすかちゃんみたいにずっと傍で応援して勇気づけてくれた人もいます。

婚活も相手を観察してどんな人かを見極めるのが仕事ですが、一般生活でもそうだ、とこの時気付けました。

でも私は「誰が味方になってくれる人か」見極められるまで観察眼を養えなかったので、周りにカミングアウトしないという道を選びました。

だからコミュ障が一向に改善しないのだと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。