37.「デブ」から脱却するために

婚活をしていて、「ブス」の改善と一緒に頑張ったこと。

それは「デブ」の脱却です。

もうその答えは1つ。

ダイエットのみです。

 

どうでもいい話ですが、私がここまで太った経緯を聞いてください。

元々私はデブでした。

産まれた時から大きめの体系で、そのまま痩せることなく、順調に太りました。

大学入学時には60㎏あったと思います。

それでも、婚活を始めたほどは太っていませんでした。

 

それから甲状腺疾患を患い、薬の副作用で太りました。

90です。

あわや三桁に届くくらい太りました。

 

そして治療が一段落した後、ダイエットを決意します。

「キレイになりたい」とかそんなかわいらしい理由ではありません。

「命の危険を感じたから」です。

病気のせいもありましたが、少し歩いても動機を感じ息切れをする

着られるサイズの服も少ない。

同じような体系の同級生(男性)が膝を痛めた

今痩せないと近々私も膝を痛め、余計動けなくなり、生活習慣病を発症してしまう。

これはただの想像ではなく、痩せなかったら確実にそうなる。

私は確信して少々無茶な食事制限と、11時間の散歩で体重を落としました。

そして出来上がったのが、70㎏の豊満ボディです。

なので実はこれでも「痩せてこの体系」なのです。

 

なので、私はダイエットすることに後ろ向きでした。

90㎏から落とした時が辛過ぎましたし、実は70㎏も体重が増えないように管理するのに相当気を使っていたのです。

私は食べることが大好きです。

そして運動が嫌いな典型的なデブです。

でも、このままではいい条件の人と結婚できない。

痩せるしかない。

でもでもまた辛い思いはしたくない!

そんな2つの気持ちの間で揺れ動きながら、私は再びダイエットを開始しました。

 

しかしそんな中途半端な気持ちでやっているので、中々成果も出ません。

そんな中、私の意識を劇的に変える会話がありました。

それは職場での会話でした。

他人のプライベートな話を無関係な人間に話すなんて神経どうかしていると思いますが、でもこの会話があったからこそ私は痩せる決意ができました。

 

「△△ちゃん、不妊治療に月10万以上使ってるんだって。漢方だけで10万かかるらしくて、大変だよね」

「大変ですね。でも△△さんってまだ若くないですか?」

「言っても30代だし。肥満も関係あるって先生に言われているらしいのに全然痩せようとしないのよ」

 

その△△さんは、私も知っているひとでした。

30代前半で、ぽっちゃり系。

私よりは痩せています。

「不妊に肥満も関係ある」というキーワードに私の頭は真っ白になりました。

家に帰ってから早速調べてみると、不妊症セルフチェックの項目にありました。

BMI25以上である」と。

 

もちろん、私のBMI25以上。

子どもが欲しいから結婚したい私にとって死活問題です。

それから私は決意を固くしてダイエットに挑みました。

運動する時間は中々取れなかったので、主に食事制限です。

でも無理なダイエットをしても不妊になる確率が上がるらしく、食事のバランスにはとても気を使いました。

あんなに栄養バランスを考えたのはこの時が初めてです。

そして1年以上かけてBMI25以下に落とすことに成功したのでした。

具体的に言うとBMI22まで落としました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。