54.中々結婚できないので条件を見直すことにする

はでぶーで完璧に日記での出会いに恐怖を覚えた私は、再びマッチングして、メッセージ交換して、と地道に婚活を続けることにしました。

でもかずきちさんみたいな人と一回会ってしまったから、どの人も「婚活に対して受け身なイマイチな人」のような印象を受けました。

かずきちさんの婚活への熱意が素晴らしすぎたので仕方ありません。

それに、「婚活サイトB」で私の理想の条件の人にほとんどアピールした後だということもあります。

新しくサイトに登録した人や、アピール文から少し難がありそうで最初は倦厭した人にもアプローチを細々としていました。

でも中々マッチングしませんし、マッチングしたとしてもアピール文通り難ありで連絡先交換まで中々進まなかったりしました。

 

こうなったら手段は二つです。

1つは別の婚活サイトに乗り換える事。

もう1つは、条件を下げる事。

 

どちらを選ぶか私は悩みました。

やっと「婚活サイトB」にも慣れてきたところです。

料金もお手頃で、「サイト経由で相手の身元がわかる」という他にないシステムもとても気に入っています。

そしてこのシステムに慣れてしまった今、他の婚活サイトを利用することに不安が積もります。

相手が悪い人で、連絡先交換の時に身元を詐称されていたらどうしよう。

以前痛い目にもあっているので、余計不安でした。

なので、できたら私はネット婚活の中でも安心な「婚活サイトB」で活動を続けたかったのです。

ですので、私は条件を下げることにしました。

本当は1ミリも譲りたくありませんでしたが、この際条件に合う人がいないので仕方ありません。

取りあえず、一番婚活で進められている年収と年齢の幅を広げることにしました。

元々、低スペックの私が年収600万の人と結婚したいなんて無理な話だったんです。

一気に400万まで下げる勇気はなかったので、500万にしてみました。

年齢も+5才から+7才まで引き上げます。

 

それだけでも、検索で引っかかる人数がぐっと上がりました。

やはり年収と年齢に幅を持たせるだけでもだいぶん違います。

それと同時に、実家暮らしの人もだいぶん増えました。

年収が100万違うと、1人暮らしができるかどうかもこんなに違うんだなぁ、と思いました。

かく言う私も家事手伝いと見張りがてら独居高齢祖父の家に居候させてもらっていましたが、1人暮らしして貯金できるくらい給料が貰える人って本当に一握りなんだと思います。

私が暮らしている地域がド田舎ということもありますけれど。

参考までに最初に出したお相手への条件はこちらです
11.お相手の希望

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。