【おまけ】目標としたい婚活夫婦・前編【クリスマス】

皆様、メリークリスマスです。

10月から始めた当ブログも、早いもので2ヵ月が経ちました。

応援して読んでくださっている方、参考にするために読んでくださっている方、その他の目的で読んでくださっている方。

色々な方に読んでいただいてとても嬉しく思います。

ここまで毎日途切れることなく更新を続けられたのも、ひとえに皆様のおかげです。

 

今日はせっかくのクリスマス・イブです。

私の鬱々とした婚活体験記なんて聞きたくないと思います。

なので、今日と明日は私が婚活をしていて「素敵だな」「こんな結婚したいな」と思った婚活で結婚したご夫婦のことを書きたいと思います。

まだ婚活をしている方のモチベーションを上げるお手伝いになれば幸いです。

 

ケース①サッカー大好き仲良し夫婦

このご夫婦は男性40代前半、女性30代後半のカップルです。

交際から三カ月で入籍されました。

結婚相談所を通して出会い、三回目のデートで本交際の申し出が男性からなかったので「私と結婚するつもりが無いのならもうお会いできません。私も年齢的に次の方を探さないといけないので」と女性が言ったら男性が慌ててプロポーズをし、入籍日を決めたという軽く伝説のカップルです。

本当に旦那さんの方が奥さんを大好きで、本交際を飛び越えてプロポーズされました。
その日のデートで宝石屋さんに直行したそうです。

どれくらい奥さんのことが好きかというと、何が無くても花束を買って帰ったり、仕事が休みの日には率先して家事をしたり、また奥さんを積極的に外に連れ出してあげたり、「子どもが欲しい」という奥さんの希望があり速攻で専業主婦にしたりと本当に奥さんを大事にしています。

だからといって奥さんはそれに甘えるわけでもなく、専業主婦になってからはさらに毎日の家事に力を入れ、自分は全然興味のなかった旦那さんの趣味のサッカーのルールを覚え、一緒にサッカー観戦に行ったりしています。

ちなみにそのサッカー観戦代は家計費だそうです。

応援団旗なんかも自宅で洗ってあげているらしく、本当に素晴らしいと思います。

お互いを思い合っていて、いつも一緒で本当に仲のいいご夫婦です。

婚活を始める前には「婚活で結婚したら、やっぱりどこか壁みたいなものは残るのかな」と思っていた私にとってはとても衝撃的で憧れる話でした。

それくらい仲が良くて、幸せそうで、ずっと恋愛結婚なのだと思っていたのです。

 

そして今でも覚えているそのご夫婦の印象的な言葉があります。

「私たちは婚活で結婚したけれど、入籍後に恋愛もしたよ」

深いです。

深すぎます。

本当に素晴らしい夫婦です。

この夫婦との出会いは婚活を始める前でしたが、私の「婚活観」にとても大きな影響を与えてくれました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。