73.勢い込んでいたらまさかの結果


心機一転「婚活サイトM」での活動を始めた私。

まずすることはプロフィール検索です。

「待っているだけではいい獲物は転がり込んでこない」と「婚活サイトB」で学習しました。

あと、やっぱりアプローチしてくれるのは40代以上のおっさんばっかりです。

いくら私が悪条件だからといって、20代のうちは妥協したくありません。

それに最終目標は「子どもが欲しい」なので、40代以上のおっさんは論外です。

 

希望する条件を打ち込んで、いざ検索です!

が。

出てきた結果に私は愕然としました。

年齢層が高すぎました。

同じ条件でも、「婚活サイトB」は20代も少なからずいました。

しかし、「婚活サイトB」の場合はどうでしょう。

ヒットした会員の数が少なすぎました。

20代はほとんどいません。

それどころか、30代前半すらほとんどいませんでした。

まさか、会員数が少ないサイトだっだのでしょうか。

ジュタロウの言葉を信じて、ろくに下調べをしなかった私は焦りました。

(ジュタロウについては「60.ジュタロウ」を読んでください)

そして地域以外の条件を外してみた結果。

なぜヒットした会員の数が少なかったのかわかりました。

活動している年齢層が高かったのです。

30代後半から40代がメインの層なのでしょう。

(後々調べたら解説サイトには30代から40代がメイン層となっていました)

完全にやってしまいました。

ジュタロウはまだ20才です。

婚活において、男性で20才は若すぎます。

だからどのサイトも年齢層が高くて、多少のことは気にならなかったのでしょう。

これは完全に下調べを怠ってしまった私のミスです。

でも、もうお金を払ってしまったので途中辞めにはできません。

こんなに年齢層の高い中、下の年齢層を狙うのは至難の業でしょう。

美人でバリバリ働く30代が掻っ攫っていくに決まっています。

「婚活サイトM」でも活動のことを思うと、とてもとても憂鬱な気分になりました。

でもやるしかありません。

私の唯一の武器である20代でいられるのもあと数年。

立ち止まっている暇はないのです。

 

その日はアプローチしてくれる人を見定めつつ、検索してヒットした会員にアプローチするという作業に徹底しました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。