80.サーフィンさん②

サーフィンさんとお会いするのは、前回体調不良でご迷惑をかけてしまった人(詳しくは「78.仕事もプライベートも体調管理は大事」を読んでください)から1週間後のことでしたので、喫茶店でお会いするようにさせていただきました。

胃がまだ本調子でなかったのでランチは無理そうでしたし、長時間になってしまうと体力的にも辛く、サーフィンさんにもご迷惑をかけてしまうと思ったからです。

少しは成長しました。

たぶん。

 

待ち合わせは喫茶店に直接でした。

サーフィンさんが以前から興味があったというハワイアンカフェで、私は初めて行く場所でした。

「スイーツ男子とかじゃなくてもカフェとか興味あるんだな」と少し意外でした。

 

お店に着くと、何かが腐ったような臭いがしました。

飲食店なのにちょっと有り得ません。

せっかくの良さそうな人との婚活なのにお店が外れでは台無しです。

「はじめまして。婚活ブタさんですか?」

そう声をかけてくれた人は、写真よりは若干更けているものの、待ち合わせしているサーフィンさんで間違いありませんでした。

何だか臭いが強くなった気がします。

「まさか」という気持ちでいっぱいでした。

「はい、婚活ブタです。サーフィンさんですか? よろしくお願いします」

「こちらこそよろしくお願いします。胃炎って聞いたけど体調大丈夫?」

「よくあることなんで大丈夫です。私のわがままで喫茶店にしてもらってありがとうございます」

「こっちこそ前から行ってみたかったし、気にしないでよ」

 

会話をしながらお店に入り、私は確信してしまいました。

「残念ながらこの臭いの元はサーフィンさんだ」と。

有難いことに、今まで電車でしか遭遇したことがなかったのですが、これが「ワキガ」というやつなのでしょうか。

結構胃に来る臭いでした。

これなら条件が良くても、中々成婚できなくても仕方ないでしょう。

 

臭いはすごかったですけれど、サーフィンさんはとても良い人でした。

私の胃を気遣った飲み物を進めてくれるし、明るくて私でも話しやすい。

子どもが早くほしいところとか、仕事よりは家のことをしてくれる女性と結婚したいとか、家も賃貸で時が来たら老健に入りたいとか、お互いの両親とは同居したくないとか、そういう価値観も私の求めていることでした。

サーフィンさんさえ良ければ婚活を進めたい。

そう思いました。

ですが、やはり問題があります。

この臭いです。

結婚するならこれをどうにかしなければいけません。

「めっちゃいいじゃん」と喜ぶ私の心とは裏腹に、体(主に胃)は悲鳴を上げていました。

どうして体って連動しているのでしょうか。

嗅覚だけでも切り離せたらいいのに。

そして私はついに我慢できなくなって、お手洗いで嘔吐してしまいました。

幸いにもその日はまだ飲み物しか飲んでいなかったので、液体しか出てきません。

胃液の臭いでバレないだろうか。

不安でしたが、サーフィンさんは気付かなかったみたいです。

もしかしたら気付かないフリをしてくれていたのかもしれません。

その日のデートはたぶんその他には何事もなく終わりました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

ワキガについて考えた話一覧はこちら
79.サーフィンさん①
80.サーフィンさん②
81.サーフィンさん③