83.婚活にエクセルを取り入れてみる


この頃、手当たり次第メッセージ交換をしていました。

条件が合わなくてもメッセージ交換をしてみて、「条件は合わないけれどこの人とやっていけそうなら」と思える人を探してみる作戦です。

名付けて「数打ちゃ当たる作戦」です。

こうなると、毎日適当にマッチングして、1日往復でメッセージ交換が終わる人も少なくありませんでした。

となると、困ったのが「どんな人か覚えられない」ということ。

それに対し、取り入れたものがあります。

それは「エクセル」です。

「そんなもの何に使うのか」と思われそうですが、これが意外にとても便利なのです。

 

まず、テンプレートを作成します。

私の場合は「名前」「年齢」「年収」「家族構成」「住居形態」「趣味」「子どもの希望」などです。

その他にも「好きな食べ物」「嫌いな食べ物」「休日」「理想の家庭像」などの項目を入れていました。

「やってみようかな」と思った方は自分で好きにカスタマイズしていってください。

そして、ひたすら会話した内容を書き込んでいって表を埋めていきます。


表で管理するにも人数に限度があります。

なので私は「3人まで」と決めてメッセージ交換をしていました。

エクセルを活用したとしても、細かい会話の内容なども覚えておかないといけないので、その人数としか同時並行できませんでした。

しばらくメッセージ交換をしていってダメだと思った人の項目を消して、新しい人に差し替えていく。

本当に便利です。

エクセルを活用し始めてから、「この人何が好きって行ってたっけ?」と悩むことも少なくなりました。

メッセージのやり取りを始めた日付を書く欄なども作っておくと「一ヵ月も経つのに会う約束できてないな。脈なしっぽいから次に行こう」という判断もできます。

まさか家計簿や当番表を作るために勉強したエクセルがこんなところで生きてくるなんて思いもしませんでした。

人間何があるかわからないものです。

 

婚活が終わった今でもこのテンプレートは消さずに置いてあります。

また婚活をする気はありませんし、地獄の婚活をまた振り返るためでもありません。

なぜかと言うと、本気で婚活をしている人に「こうすると便利だよ」と教えると「何これめっちゃ便利」とすごく喜んでくれたからです。

だから、また誰かにおススメ出来たらいいな、と思って眠らせてあります。

エクセルで婚活相手の管理。

おススメです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。