88.ゆうくん①

合コンでボロボロになった頃、アプローチを頂いてメッセージ交換を始めた人がいました。

自分で「ゆうくんって呼んで」と言ってきたのでゆうくんにします。

ゆうくんは36才で年収300万の車の整備士でした。

10才近く年上を「くん付けしないといけないなんて」と思ったのでとても印象に残ってしまいました。

ゆうくんは車の整備士なのに趣味はサイクリングだそうで、休みの日は色々な場所に足を延ばしているそうです。

「結婚を考えていた彼女と別れたばかりで、出会いも無いから婚活を始めた」そうです。

「子どもはいなくてもいい」という考えが私と決定的に違いましたが、「絶対に欲しくない」というわけではなかったのでメッセージ交換を始めました。

彼女がいただけあって、メッセージ交換はスムーズな部類でした。

ただ、「どういう結婚生活が送りたいか」というビジョンがあるわけではなく、漠然と「そろそろ結婚したい」という思いがあるだけみたいだったのでそこは困りました。

でもこちらから質問すると「奥さんにはパートでいいからフルタイムで働いて欲しいな」とか「家事は洗濯と掃除はできないけれど、料理は任せたいな」「お弁当はできたら毎日作ってほしいな」などという希望があるので、「好きなようにしてくれたらいい」という人よりかは断然マシでした。

 

ゆうくんとはスムーズにメッセージ交換ができたので、当然のように弟や病気の話もしました。

「弟いるって書いてるけれど何している人なの?」

「働いてなくて引きこもっているみたいなんです」

「そうなんだ。大変だね」

 

「持病とかあったりするの?」

「胃腸が弱いのと、過去に甲状腺やってて、再発するかもしれないし、しないかもしれないしって感じです」

「そうなんだ。オレは風邪引きやすいくらいかな」

そんな感じで、言いにくいこともふんわり流してくれてとても話しやすかったです。

深く真剣に考えていなかっただけかもしれませんが、やはり弟や病気のことでメッセージが来なくなることも多々あったので心地良かったです。

 

そして1週間ほどメッセージ交換を続けて、「そろそろ会ってみない?」という話になりました。

ゆうくんを特別に気に入っていたというわけではありませんでしたが、久々に婚活相手と会えることになり私はわくわくしました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
おかげさまで10位以内に入ることができました。
色んな方に応援していただけてとても嬉しいです。
これからもどうかよろしくお願いします。