89.ゆうくん②

ゆうくんとは「会ってみない?」とメッセージを交換してから、中々2人の予定が合わなくて、2週間後に会うことになりました。

この実際に会うまでの2週間がとてもじれったかったですが、毎日メッセージ交換を重ねていました。

その期間が長かったので、色々な雑談みたいな話もするようになっていました。

私としては全て婚活での情報収集でしたが。

 

「後輩が彼氏と学生時代からずっと同棲してたんだけど、結局浮気された挙句黙って部屋出て行っちゃったらしくて」

「そうなんだ」

4年くらい同棲してて親にも挨拶済みだったと思うんですけれど、入籍も婚約もしてなかったから20代の一番いい時期を捧げて、取るものも取れなくてかわいそうですよね」

「確かにかわいそうだね。でも結局別れちゃったわけだし、入籍してても同じじゃない?」

「それを言ったらそうですけれど」

「バツが付くよりいいよ」

「でもそんなこと言ってたら誰も結婚できないですよ」

「事実婚とかあるじゃん」

 

婚活していて、この人何を言っているんだ。

「事実婚」という言葉に私は首を捻りました。

 

「事実婚も確かにありますね。でもやっぱり書類がないと、後々困っちゃいますよ」

「そんなことないよ。入籍する方が苗字とかも変わるし、仕事にも影響あるし、離婚とかする時に大変だし」

「苗字が変わるのは嬉しいことだし、仕事にも大半の人は影響なんて無いと思いますよ。それに離婚する時に入籍していない方が財産分与とか大変じゃないんですか? 第一子どもができたらどうするんですか?

「認知だけすればいいんじゃない?」

 

これはもしかして。

ゆうくんは事実婚を希望しているのでしょうか。

でもわざわざ婚活をしておいて事実婚を希望するなんて。

婚活をする人はみんな「入籍したい」人なのではないのでしょうか。

 

「もしかしてゆうくんって事実婚希望だったりします?」

「前の彼女ともそんな感じで楽だったし」

 

衝撃の事実です。

そんな大事なこともっと前以て言っておいてくれと思いました。

ゆうくんの希望が「事実婚」となれば私の求める結婚ではありません。

会う前に判明して本当に良かったです。

 

「私はちゃんと入籍して正式な家族になりたいんです」

「事実婚の方が楽だと思うけど」

「ゆうくんとは考え方が違うみたいです。申し訳ありませんが、会う約束はキャンセルさせてください」

「その方が良さそうだね」

 

そうしてゆうくんとはお会いする前にやり取りが終了しました。

「婚活しておいて事実婚希望の人がいる」とは私には衝撃でした。

実際に会って、万が一上手く話がまとまりそうになる前に判明して良かったです。

ゆうくんも事実婚にこだわっているみたいでしたし、私もそんな結婚生活は求めていません。

どちらにしろ、ゆうくんとは上手くいかなかったでしょう。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。