91.婚活独自の流れと言葉

この頃になると、嫌だけれども婚活独自の流れにも慣れてきました。

婚活を始めるまでは聞いたことも無かったような耳馴染みの無い用語もすんなり使いこなせるようになってきました。

ちょっと特殊だし、普通の恋愛とは違うので慣れるまでは抵抗があります。

婚活を考えている人の参考になればと、今日はその婚活独自の流れと言葉についてご紹介させていただきます。

私がネット婚活を主体に活動していたので、ネット婚活を軸に説明させてもらいます。

 

ちなみに「絶対こうしなければいけない」「絶対こういう流れで進んでいく」というものでないです。

あくまで一般的な流れです。

 

    マッチング

ネット婚活独特のシステムです。

33.マッチングとは」でも紹介させていただきました。

簡単に言うと、プロフィールを確認してお互いに「いいね!」と思った相手とメッセージのやり取りが始まります。

婚活パーティーで例えると「カップリング成立」くらいのノリでしょうか。

大きく違うのは、ネット婚活ではまだプロフィールしか確認できていないのに対し、婚活パーティーでは実際に会ってお喋りまでしています。

 

    アポイントメント

企業への訪問のお伺いではありません。

マッチングした婚活相手と実際に会ってみることです。

「デート=アポイントメント」と捉えてもらって大丈夫です。

初めて会う場合は「初アポ」「初面接」とも言ったりします。

「初面接」という例えは「どんな相手か見極める」ことを企業の面接に掛けていて、とても面白い例えだと思います。

 

    仮交際

実際に付き合うまでにデートを重ねる期間です。

3回くらいまでが理想とされています。

ネット婚活だと初面接を含める場合と、含めない場合があります。

婚活パーティーだと、カップチング成立後の初デートからですね。

これがまた婚活独特のルールがあって、仮交際の間は何人と同時並行してもOKです。

恋愛でやったらアウトです。

でも婚活では相手も同時進行している場合が多いので、この時点ではまだ1人に絞らない方が無難です。

1人に絞ってしまうと、もし次の段階まで辿り着けなかった場合に大ダメージを受けます。

この仮交際に慣れるまで時間がかかる人も多いみたいです。

 

    本交際

いよいよ正式に交際が始まります。

入籍について時期など具体的な話をしながら交際していきます。

この時点からは、いくら婚活でも同時進行はルール違反とされます。

ただの二股です。

 

これが婚活の流れと用語になります。

さらっと書きますが、マッチングから初面接、初面接から仮交際、仮交際から本交際に至るまでが本当に大変でした。

私の場合は全ての段階が大変でしたが、普通に美人で婚活をしている人でも、「仮交際まではいけるけれど、本交際までは難しい」という人もいます。

「同時進行OK」というルールに中々慣れることができなくて、1人としか婚活できない方もいました。

「これから婚活をしようかな」と考えている人は、「こんな言葉があるんだ」「こんなルールがあるんだ」と少しでも参考にしていただけると幸いです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。