108.【あーやんの話】ネトゲで結婚した話④

付き合って2日目。

ショウさんの家でネトゲをすることになったあーやんは、当日ショウさんに車で家まで迎えに来てもらったそうです。

実際に会って2日目でお互いの家まで公開するなんて、私みたいな人間不信のブタには無理です。

「家にガソリン撒かれてとんかつにされたらどうしよう」とか考えてしまいます。

 

「まだどんな人かよくわからないのに、家教えたり、家で2人きりになるのに抵抗はなかったんですか?」とあーやんに聞くと、あーやんは「ボイスチャットでめっちゃ話してるし、もう付き合ってるんだから何もない」と答えてくれました。

私には絶対無理な考え方というか、感性です。

「ネットで知り合った男性に女性が殺された事件」をニュースで見ていると怖く感じてしまいます。

ネット婚活で知り合った人と会う時ですら恐怖心はあるので、いつでも逃げられる場所でお会いするようにしているくらいです。

 

「そんでな、迎えに来てくれたんやけどな、オンボロ軽四やってん! どう思う?」

「男の人で軽四って珍しいですね」

「やろ? だから普通車買わせたんよ」

「えっ」

ちょっと何を言っているかわからなかったです。

「うちドライブとか好きやし、軽四でドライブデートっておかしいやん? 遠くまで行けんし」

「よく買ってくれましたね」

「ショウは運転苦手なんやけど、『うちが運転する!』って買ってもらった!」

その言葉通り、その買ってもらった普通車はあーやんが運転しているそうです。

ちなみにショウさんは自転車通勤をしているので、その車を運転することはほとんどないんだとか。

しかし中古車とはいえ、付き合って2日目の彼女の言うことを聞いてよく何百万円もする買い物をしたと思います。

失礼ながらあーやんも大概非常識なお願いをしたと思いますが、それに従うショウさんもすごいです。

それで結婚にまで辿り着いたなんてよっぽど相性が良かったのでしょう。

もしかしたら相性が良かったからこそ付き合って2日目で言い出せたのでしょうか。

本当に私には全く馴染みのない世界で、ファンタジー小説でも読んでいるような気分でした。

 

「そんでな、その日は車見に行って、ショウの家でゲームしてん。ボイスチャットより、やっぱり横にいる方がプレイしやすかったわ」

その日に車を見に行くなんて行動が早いです。

「それで毎週ショウの家でゲームしててんけどな。もう毎日一緒にいたいから同棲することにしたんよ!」

初デートから1ヵ月半後のことだったそうです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

無職アトピーでネトゲで結婚した人の話一覧はこちら
105.【あーやんの話】ネトゲで結婚した話①
106.【あーやんの話】ネトゲで結婚した話②
107.【あーやんの話】ネトゲで結婚した話③
108.【あーやんの話】ネトゲで結婚した話④
109.【あーやんの話】ネトゲで結婚した話⑤
110.【あーやんの話】ネトゲで結婚した話⑥