【おまけ】「前の恋人との別れ方は大事」か否か

恋愛プロフェッショナル()の方とお話をしていると「前の恋人との別れ方はチェックしておいた方がいいよ」とアドバイスを受けることがあります。

「前の恋人との別れ方で大体人間性が推し量れるから」という理由です。

「まあ、自分が悪くても素直に言うわけないから、結局は推理していかなきゃいけないんだけどね」とのこと。

難しいです。

でも、歴代の恋人との別れ方を聞いていくと「仕事が忙しい人なんだ」とか「甘えたがりな人なんだ」などその人の傾向がわかるそうです。

他にも「金銭面に問題あるかもしれない」とか「もしかしたらDVの気があるかもしれない」とか「マザコンの気があるかもしれない」とか色々推測できるそうです。

さすがプロフェッショナルはすごいです。

「確かに大事だな」と思うことができました。

 

恋愛ではそれは正解かもしれません。

でも、婚活でもそれは大切なのでしょうか。

 

「その人がどういう人間か」知ることはとても大切なことです。

なので、婚活でも前の恋人との別れ方からどういう人間か推測するのはとても有効な手です。

でも、忘れていけないのは「婚活をしている人は恋愛で結婚に辿り着けなかった人たち」ということ。

恋愛慣れしていない人が多いということです。

なのでもちろん、恋愛経験のない人もいます。

というか、私の婚活相手はそういう人が大半でした。

そんな人に前振りも無く「そういえば前の彼女とはどうやって別れたの?」なんて聞いたら後の展開は地獄でしょう。

 

ちゃんと恋人がいたかどうかリサーチしてから尋ねるにしても、婚活ではそれはリスクが大きいと思います。

そういう会話をしてしまえば、自分の過去の恋愛のことも話さなければいけなくなります。

婚活をしている人は恋愛に奥手な人が多いです。

なので潔癖なところがあって「過去の異性の影が見えたら何だか無理になった」という人もいるのです。

恋愛経験が豊富というか、普通に恋愛経験をしてきた人にはわからない感覚だと思います。

 

私みたいな恋愛経験値スライムなのに気にしない場合もありますが、稀だと思います。

「私以外にも付き合っている人がいたなんて」と本気で落ち込んでしまうアラサー女性もいるんです。

過去の女性に本気で嫉妬してしまうアラサー女性だっています。

それに良い感じで婚活が進んでいたのに、元カレの話をした途端にギスギスしだしたという話も珍しくありません。

やはり婚活をしている人は「恋愛弱者」が多いので、下手に過去の相手を探って不和を起こす必要はないように思うのです。

 

それに過去の恋愛で、結婚に関わるような重大なトラブルがあった場合、普通なら自己申告するでしょう。

自己申告しないような人は聞いたって答えません。

自分で調べるしかないです。

 

ですが、「相手の前の恋人の別れ方から人間性を探っていく」というのはとても有効な手だと思います。

そこから得られる情報は、重要であることが多いです。

私は婚活相手とは恋愛の話はしないのが無難だと思いますが、相手によっては取り入れてみてもいいのではと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。