180.職場でいびられて婚活パーティーに参加する②

当日思い立って参加した婚活パーティー。

思った以上に酷かったです。

 

まず、参加男性の年齢ですが、予想通り40代ばかりでした。

30代は35才と39才しかいませんでした。

それどころか50才までいました。

それから人数比です。

ネットには「1515」と書いてありました。

実際には男性18対女性10です。

受付の時に参加者リストが見えたので間違いないです。

なんで男性は人数オーバーなのに、対象外の年齢の人がたくさん紛れているのでしょうか。

詐欺です。

 

対象外の年齢の人たちとにこやかに次々とお話していく。

辛かったです。

1810なので、もちろん女性側に休憩はありません。

ノンストップです。

50才のオッサンに連絡先渡されたのも辛かったです。

「あんた私の親とそこまで年変わらないからな?」と言いたかったです。

 

でも、良いことも1つありました。

受付で「結構ですよ」とワンコインのはずの参加費を徴収されなかったことです。

男性はキッチリ何千円か徴収されていたのに、婚活業界の闇を垣間見た気がしました。

 

この婚活パーティーはフリータイムが無く、回転寿司タイムが2回あるタイプの婚活パーティーでした。

1回目の回転寿司タイムが終わったら、1回目の印象の記入です。

良い方からABCの三段階評価で相手の印象を記入します。

(第一印象カードと呼ばれていました)

そしてそれがスタッフの手でまとめられて、参加者に配られます。

なので、2回目の回転寿司タイムの時には「この人私にどんな印象を持ったんだろう」とABC評価でわかるようになっているのです。

2回目の回転寿司タイムはそれを元にお話していき、気に入った相手には自分の連絡先交換カードを渡していくのです。

そして

2回目の回転寿司タイムが終わった後、最終的に印象が良かった3人を記入して、お互い書かれていたらカップリング成立です。

最後にスタッフから配られる封筒にカップリングした相手の番号が入っており、そこでパーティーは終了です。

 

2回の回転寿司タイムが終わった時、私は2人の30代に連絡先交換カードを渡していました。

第一印象カードでA評価を頂いていましたし、何も爪痕を残せずに帰るのは癪だったんです。

そして最後には35才の方とカップリングすることができました。

婚活パーティーでカップリング成立するなんて初めての体験だったので、純粋に嬉しかったです。

ですが、この時の私は身も心もボロボロでやさぐれていました。

「カップリングした方はお相手の方と出口で待ち合わせしてから帰ってください」というスタッフの言葉を無視して帰りました。

クズです。

でもその時は「どうせ上手く行かないし、明日も仕事だから帰って寝る方が大事!」と思っていたのです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。