183.毛玉さん③

焼肉を食べながら、毛玉さんとは他にも色々なお話をしました。

妹がいて、もう結婚していて子どもがいることや、両親がどんなお仕事をしているか。

とても仲が良くて、休みの日はいつも一緒に外に出かけているそうで、毛玉さんにとっては理想の夫婦像だそうです。

仕事は忙しい時は忙しく、1ヵ月休みが無いこともあるそうです。

「労働基準法とか大丈夫なの?」と思いましたが「目は付けられている」とのこと。

日本企業の闇だと思います。

忙しい時は忙しいけれどその代わり、休める時はちゃんと休日があるし、有休もちゃんと使えるそうです。

「本当?」と思いました。

 

それからどんなアーティストのライブに行くかとか、昔言ったフェスの話、スノーボードの話もしてくれました。

どれも私が無縁に生きてきた世界の話なので聞いていてとても楽しかったです。

フェスとスノーボードは過酷そうだったので「行くのはちょっと」と思いましたが、ライブは行ってみたくなりました。

苦手な外見だったけれど、楽しくお話ができたので本当によかったです。

ただ、お会計の時に毛玉さんが取り出したお財布が私の嫌いなブランドのお財布だったので「やっぱり合わないかも」と思ってしまいました。

 

その後「腹ごなしに体を動かそうよ」との毛玉さんの希望でボウリングへ行きました。

もちろん渋りました。

ボウリング何てもう何年も行っていません。

それに「腹ごなしに体を動かす」なんて発想が私にはありませんでした。

でも毛玉さんが熱心に誘ってくれるので行くことにしました。

「これがリア充の休日の楽しみ方か」と思ったことを覚えています。

スコアはボロボロだったし、1ゲームで疲れ果てましたが、そこそこ楽しかったです。

 

ボウリングの後はまた毛玉さんに熱心に誘われて映画に行きました。

毛玉さんのチョイスでアニメ映画か恋愛映画の二択になったので、私は恋愛映画を選びました。

恋愛映画は好きじゃなかったのですが、ちゃんと寝ずに見ることができました。

 

その後「晩ご飯もどうする?」という話になったのですが、お互いにまだ焼肉が胃に残っている状況だったので、お別れすることになりました。

「次は旅行に行かない?」

「いや、旅行は……」

「やっぱり一泊だと厳しい?」

「ちょっと2日家を空けるのは」

「じゃあ、どこか車で遠出しようよ」

まだ付き合っていないのに1泊旅行なんて論外ですし、車で2人きりで遠出もしたくありません。

やっぱり毛玉さんとは何だか感覚が違うみたいです。

曖昧に返事をして、その日はお別れしました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。