【婚活学習】8.本気度の見極め方

※私が婚活をして学んだことを書いていきます

 

「婚活の場で出会ったから相手も真剣に結婚を考えている」とは限りません。

これは本当に悲しいことです。

いくら「婚活アプリ」「婚活サイト」「婚活パーティー」と婚活を謳ったところで、婚活を目的にせずに参加している人は多くいます。

「恋愛がしたい」という人ならまだマシです。

体目的の、しかも既婚者が混ざっていたりするんです。

私も婚活パーティーで騙されたことがありました。

(「21.【過去編】オシャレ帽子さん」とか)

婚活サイトでも怪しい人はいましたし、友人でも傍から見たら「それ婚活相手じゃなくてセフレだよね?」なんて人もいます。

結婚相談所でも「独身証明書」が義務付けられているところばかりではありません。
やろうと思えば既婚者でも紛れ込めるのです。

だから結婚を目的とした集まりでの出会いでも、悲しいことに結局は自分で「本気であるかどうか」見極めていかなければいけないのです。

 

お相手が本気かどうか見極めるのはどうしたらよいか。

やはりこれは具体的な結婚の話をするのが手っ取り早いです。

仮交際の間に「付き合ったら1年以内に結婚したい」「結婚したら子どもができるまでは正社員で働きたい」などの話をしておくとスムーズです。

そういう具体的な話を持ち出せば、同じく本気の男性は乗ってきますし、恋人が欲しいくらいで結婚をそこまで具体的に考えてくれていない人は引いてくれます。

ですが、最初から騙す気満々な人には効果はないのも事実です。

適当に話を合わせておけば、婚活に焦っている女性ほど騙しやすいものはないと思います。

(「166.船乗りさん①」みたいにそういう話をはぐらかし続けて本交際に持って行く人もいます)

 

「だったらどうしたらいいの?」という話になりますが、これは婚活を数こなして見る目を養うくらいしか解決方法が無いと思います。

本当に結婚したい人とそうでない人は、どこか熱量が違います。

それから不審に思ったらすっぱりとそのお相手を諦めるのも大切です。

私も腑に落ちないのに相手に押し切られて本交際を開始してしまい、痛い目を見てしまいました。

他の婚活女性の話を聞いていても「彼が本当に結婚する気があるのかわからない」という人は、大体結婚についての具体的な話し合いができていないケースが多いです。

 

婚活をしている人がみんな私みたいに「すぐ結婚したい」という気持ちでやっているひとばかりではないです。

「恋愛期間をおいてから結婚したい」という方も多く存在します。

でも婚活をするからには「どういう家庭が持ちたいか」「いつくらいまでには結婚したいか」という理想はあるはずです。

お互いに「恋愛してから結婚したい」と思っていても、いざ付き合ってみたら自分の理想の家庭像とお相手の理想の家庭像がかけ離れすぎていたら、何のための婚活だかわかりません。

「自分の本気度とどれぐらい乖離があるか」知る意味でも、結婚についての話はちゃんとしておくべきです。

また、婚活で一番怖い遊び目的の既婚者を見破るためにも、そういう意味でお相手を試してみるのもいいと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。