【おまけ】本当にあった怖い話

これは私の周りでまことしやかに囁かれている怖い話です。

というか本人がバラまきまくっている怖い話です。

 

話の便宜上、主人公の女性のことをまゆみさんと呼ばせてもらいます。

まゆみさんは美人なのですが、趣味が高じて恋愛をしてこなかったタイプの女性です。

30才を超えた辺りから「あれ? このままだとヤバくね?」と気付き婚活を始め、早5年が経過していました。

まゆみさんは婚活パーティーだけで婚活をしていたのですが、5年も婚活をしていると慣れてきます。

その日のパーティーも適当な人とカップリングしました。

そしてそのままパーティー終わりに近くのファミレスでご飯を食べることに。

まゆみさんはこの時のことを「ファミレスって言われた時点でやめとけばよかった」と後に語っています。

 

ファミレスでご飯を食べながら差し障りのない話をし、さて帰りましょうとなった時です。

「送っていくよ」

お相手がそう言いました。

ですがまゆみさんの頭の中はクエスチョンマークでいっぱいでした。

まゆみさんは車で来ているのです。

婚活パーティーの会場からこのファミレスまでも車で移動していました。

「私車なんですけど」

「うん。でも危ないから」

「危なくなんてないですし、そもそも車置いて帰って明日どうやって出勤したらいいんですか」

「泊めてくれたら送るよ」

 

その時まゆみさんは「マジで鳥肌が立った」そうです。

婚活パーティーでカップリングしたとはいえ、初対面の女性の家に泊まろうとする男性なんてヤバいやつです。

そもそもファミレスの駐車場に一晩車を放置させようとする時点で頭がおかしいです。

 

「私実家なんで」

本当は一人暮らしを始めたばかりでしたが、まゆみさんはそう言いました。

「一人暮らしがバレたらヤバいと思った」そうです。

正解だと思います。

実際に婚活相手も「そうなんだ」と言ってそれ以上「送る」とは言ってきませんでした。

 

そしてお会計を済ませ、駐車場の車まで向かいます。

車までは付いてくる婚活相手でしたが「これで逃げ切れる」と思ったまゆみさん。

「今日はありがとうございました」と車に乗り込もうとしたところ、婚活相手に引き寄せられました。

直感的に「キスされる」と感じ婚活相手を振り解いて車に乗り込むまゆみさん。

すぐにロックをかけて「それじゃあ!」と車を発進させました。

「轢いてやればよかった」後に語っています。

 

これだけでもかなり怖い話ですが、この話にはまだ続きがあります。

家に帰り、恐怖体験に一息吐くまゆみさん。

「今日の婚活パーティーはハズレだった」と晩酌をしようとしたところ、スマホが鳴りました。

見ると見知らぬアドレスです。

 

『実家暮らしって言ってたけれど、アパートに家族で住んでいるの?』

 

まゆみさんはゾッとしました。

ヤツに違いありません。

せっかく一人暮らしを始めたばかりなのに実家にまた出戻る羽目になった。

まゆみさんは話をそう締め括りました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。