【おまけ】ゼクハラ

今って色々なハラスメントがありますよね。

セクハラ、パワハラ、モラハラ、スメハラ、アルハラ、マタハラ、ドクハラ……。

挙げ始めたらキリが無いです。

その中でも、婚活中の方に関係がありそうなハラスメントの存在を教えてもらいました。

ゼクシィ・ハラスメント。

略してゼクハラです。

一応知らない方のために説明させていただきますと、「ゼクシィ」とは大手結婚情報サイトです。

婚約指輪や結婚指輪、結婚式場などの情報の他、結婚後の手続きやお金のこと、両家顔合わせへの進め方など色々載っています。

 

そんなゼクシィがなぜ、どうやってハラスメントになるのか。

中々プロポーズをしてくれない彼氏や籍だけ入れて結婚式を考えてくれない夫の目の着くところに置いておくと、それが無言の圧力となってハラスメントになるそうです。

くだらないハラスメントだと思います。

自分に負い目があるのでしょうが、悪意的に取り過ぎではないでしょうか?

前者の場合、急に「どうしてプロポーズしてくれないの! 私来月で30才なんですけど!」と溜め込んで前触れなくブチギレる女性よりはずいぶん優しいと思います。

「私は結婚したいですよ」と意思表示をしてプロポーズを準備する時間をくれているのですから。

結婚するつもりがなかったら、それとなくそのことを伝えればいいだけです。

結婚適齢期で結婚したがっている女性を結婚するつもりがないのに縛り付けるのはあまりにも酷です。

後で刺されても文句は言えません。

(「いつかは結婚するつもりだけれど~」といったふわっとした言い訳も同じです)

また、後者の場合も夫婦なので話し合えばいいだけです。

圧力のつもりで置いているのではない可能性だってあります。

私の場合、式場探しのためではなくおまけで付いている色々な手続き丸わかりブックと付録のために買っていました。

「ゼクシィ買ってどうしたの?」って一言聞けば済む話です。

それでまだ妻側が結婚式を諦められていないのだったら、また話し合えばいいのです。

 

ハラスメントって深刻な問題だし、される方は辛いです。

でもゼクシィまでハラスメントにするなんて、何でもかんでもハラスメントにし過ぎだと思います。

結婚するつもりがないのに結婚適齢期の女性と付き合うなと思うし、結婚式についてもちゃんとお互いに落としどころを作って結婚するべきだと思います。

 

でもだからといって口に出さずにゼクシィで無言の圧力を与え続けるのも嫌らしい思うし、それでブチギレる男性もいます。

私は口に出す前にゼクシィを置いてみる女性がいじらしくてかわいく思えますが、やっぱり話し合うのが最善手です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。