【おまけ】末っ子長男が嫌い

最初に謝っておきます。

末っ子長男さんごめんなさい。

それからこの記事は私が「末っ子長男嫌いだわ」という感想と「苦手意識持って婚活してごめんなさい」という反省なので「全ての末っ子長男はこんなんだからやめておけ」という記事ではありません。

参考にするに程度にしておいてください。

 

タイトルの通り、私は末っ子長男が嫌いです。

最初のキッカケは弟でした。

2人姉弟とはいえ、弟は末っ子の長男です。

めちゃくちゃ甘やかされて育ちました。

私も「あれ……? 私との待遇の差がおかしくない?」と嫉妬に塗れる前には甘やかしていました。

その結果。

アラサーにもなって鬱を自称する割には病院に通うこともせず、ゲームアプリに課金するために親にお小遣いをせびるようなドクズが出来上がったのです。

全ての末っ子長男がこのような道を通るわけではありません。

むしろこうまでなったのは弟の生まれ持った素質が大きい部分もあると思います。

産まれた順番でどう育つか傾向はありますが、それが全て当て嵌まるわけではないのです。

甘やかされない末っ子長男や、甘やかされても真面に育つ末っ子長男もたくさんいます。

それは頭ではわかっています。

頭ではわかっていても、心の奥底で弟への嫌悪感が末っ子長男への嫌悪感に置き換わってしまい、私は末っ子長男がどうにも好きになれませんでした。

 

それは婚活をしていても大きく影響してしまいました。

プロフィール欄の兄弟構成で姉しかいないとどうしても苦手意識を持ってしまいます。

メッセージ交換をしていても、ちょっとしたことで「この人末っ子長男だし、甘えたなんだな」と先入観を持って接してしまいます。

結局は私の方がフラれてしまうので「そのせいで婚活が上手くいかなかった!」ということこそありませんでしたが、やっぱりそんなよくない先入観を持って活動するのは苦しかったです。

(もしかしたらお相手にもそんな私の悪感情が伝わって上手くいかなかった面もあるかもしれません)

 

そんな中、私が決定的に末っ子長男がダメになってしまう事件が起こってしまいました。

私の地雷を踏み抜く末っ子長男が現れたのです。

(そんな末っ子長男ぶりっこおじさんのことは「【ダイジェスト】17.ぶりっこおじさん」でさらっとまとめています)

彼は姉を3人持つ末っ子長男でした。

メールでちょいちょい甘えてくるところも苦手でした。

それどころか専業主婦のお姉さんに服を買ってもらったり、ご飯を奢ってもらうところには嫌悪感すら抱いてしまいました。

そして「今は40代でも不妊治療すれば子どもを授かれる」という彼の考えが、私には決定的にダメでした。

「授かれる可能性がある」ではなく、彼は身近に不妊治療をしている人がいるにも関わらず、「治療さえすれば授かる」と信じていたのです。

私の周囲には同い年(20代後半)でも3年不妊治療を続け、まだ結果に結び付いていない夫婦がいました。

その夫婦の例を出しても「大丈夫だよ。今は医療が進んでいるから授かれるよ」と。

私が厳しい例え話をしても「大丈夫大丈夫」と楽観視するばかりで全く話を聞こうとしてくれません。

その彼の甘いところと、弟の甘えた生活態度が重なってしまいました。

 

私の弟がドクズに育ったのも、彼が他人に甘え物事を楽観視するのも、末っ子長男は関係ないでしょう。

次男でも三男でも一人っ子でもそういう人はいます。

でも、結び付いてしまってダメでした。

私の中で「末っ子長男が嫌い」という思いが確固たるものになってしまったのです。

 

婚活は数をこなして自分にピッタリの人を探さなければいけません。

なので先入観を持つのは損です。

ですが「末っ子長男は嫌い」とぶりっこおじさん以後、マッチングすらしなくなってしまいました。

最終的に結婚できたからよかったようなものの、今振り返ると、それは自分で選択肢を狭める損な行動だったと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。