【おまけ】ゼクハラ②

続き物にするつもりはなかったのですが「【おまけ】ゼクハラ」で紹介させていただいた内容以外のゼクハラも存在するそうなので書かせてください。

前回のゼクハラで紹介させていただいたのは、女性から男性に対する「結婚して」「結婚式して」という圧力のゼクハラでした。

ですが、反対に男性から女性にする「ゼクハラ」も存在するようです。

未婚の女性に対して「まだ結婚しないの?」と聞いたり、わざとらしくゼクシィを手渡すこと。

これもゼクハラと言うそうです。

 

前回紹介したゼクハラは受け手が男性だったためか、私からしたら「かわいいなぁ」という印象だったのですが、今回のゼクハラに関しては受け手の女性の事を考えると過去の自分と重ね合わせてしまって怒りが込み上げてきます。

できるなら結婚しています。

できないからこうして独身で残っているのです。

貴方なんかに心配してもらわなくても、自分のことは自分が一番心配なのです。

(ただ単にまだ結婚したくない人もいると思いますが)

大きなお世話です。

これ以上心の傷を広げないでください。

 

する方からしたら完全に興味本位か親切心なのかもしれません。

ですが、婚活中の私は「まだ結婚しないの?」という問いには傷付いてきました。

だって私の場合「しない」のではなく「できない」のであって、結婚したくて仕方が無くて努力を重ねていました。

なのに結果が出なくて、その苦しみにストレートに入ってくる言葉で辛かったです。

ですが「未婚の女性に結婚のことを口にしてはいけません!」とも思いません。

「貴方に興味があります」というコミュニケーションの一環だし、その質問を全く気にしない人もいます。

それにその質問が何かのキッカケになることだってあるのです。

(でも嫌そうな素振りがあったらそれ以上深堀するのはやめてあげてほしいです)

 

ただ、ゼクシィを手渡すのは別です。

それはハラスメントだと思います。

安いですし、コンビニにだって売っているので欲しかったら自分でいつでも買えます。

それをわざわざお金まで出して「こういうの必要だろ?」と手渡すのは嫌味でしかないと思います。

これを善意で無意識にできるような人は中々いないのではないでしょうか。

 

「プロポーズされたらゼクシィ」とCMで謳っているように、ゼクシィって結婚する前には本当に便利な結婚情報誌です。

結婚式を挙げるつもりがなかった私も(結局は挙げましたが)付録の手続きBOOKなどにはお世話になりました。

結婚するカップルには有り難い味方のゼクシィ。

そんな素敵な物を悪意を持ってハラスメントの道具にするのは辞めていただきたいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。