【おまけ】燃え尽き症候群

皆さんは燃え尽き症候群になったことがありますか?

学祭や受験の後になる人が多いみたいですよね。

ちなみに私は大学卒業後に燃え尽き症候群気味でした。

 

何かを一生懸命頑張ったその反動で、一気に無気力になってしまう燃え尽き症候群。

なんと、婚活でもなってしまう人がいるそうです。

結婚したって新居のことだったり手続きのこと、ご挨拶のこと、結婚式のこと、新婚旅行のことなどなどとやることは盛沢山。

それが終わっても、子どもを望むなら妊活だって始めなければいけません。

妊活が終われば子育てです。

燃え尽きている暇なんてありません。

私はそう思うのですが。

一生懸命死に物狂いで婚活をやった人の中には婚姻届けを提出すると同時に燃え尽きてしまう人もいるようなのです。

婚活が終わると、何か大きなことを成し遂げた気になります。

なのでわからなくもありません。

ですが「燃え尽き症候群」なんてライトな名前が付いていますが、実際のところは軽い鬱状態なわけです。

結婚したらそれでゴールではありません。

ゴールはゴールなのですが、それと同時に新たなスタートなのです。

だから幸せな結婚生活を維持するためにはそれ相応の努力が必要です。

「どこに力を入れるか」「どこで手を抜いて楽をするか」「何かあったらちゃんと話し合う」

それらの幸せな結婚生活を維持する努力ができなくなってしまうのです。

幸せな結婚生活を維持するには片方の努力だけでは成り立ちません。

お互いの努力が必要なのです。

なので、新婚早々歯車が噛み合わない生活を送ることになってしまいます。

幸せな結婚生活を夢見て婚活を頑張って来たのに、燃え尽きてそれを維持する努力ができなくなるなんてあんまりです。

 

なぜ今回こんなことを書いているかと言うと、実際に燃え尽き症候群で離婚した夫婦がいたからです。

普通はここまで拗れることは無いと思います。

ちゃんと途中から立ち直れるでしょう。

ですがこの離婚してしまった夫婦は両方とも燃え尽き症候群になってしまったのです。

なのでお互いに「結婚する前はできていたこと」すらできなくなってしまいました。

そんな感じなのでお互いに「結婚ってこんなものなの? 想像していたのと違う!」となってしまい、離婚してしまったそうです。

何と恐ろしいことなのでしょうか。

片方だけでも、結婚前のモチベーションを保てていたら、喧嘩こそすれ離婚にまではならなかったかもしれません。

 

婚活において結婚はゴールです。

でもゴールであると同時にスタートでもあるのです。

幸せな結婚生活を維持するにはもちろん努力も必要になるので、婚活を今現在されている方は、燃え尽きないようにくれぐれも注意してください。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。