低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

カテゴリ:婚活体験談 > 過去編

知らない番号からの着信。 知らない女の人の怒鳴り声。 私はすっかり怯えてしまいました。 『人の旦那に手を出しておいて無視するなんていい度胸じゃない!』 『このクズが!』 『こっちはもうすぐ子どもも産まれるのよ!』 『訴えてやる!』 ヒステリックな喚き声 ... 続きを読む
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

知らない番号からの着信。

知らない女の人の怒鳴り声。

私はすっかり怯えてしまいました。

『人の旦那に手を出しておいて無視するなんていい度胸じゃない!』

『このクズが!』

『こっちはもうすぐ子どもも産まれるのよ!』

『訴えてやる!』

ヒステリックな喚き声が延々とスマホから流れます。

なんでこんなに怒られているか。

一体この女の人は何のことを言っているのか。

全然わからなくて、怖くて、私はスマホを握りしめたまま泣いていました。

『ちょっと聞いてるの!?』

『何とか言いなさいよこの泥棒猫!』

女の人が怖くて怖くて、私はやっと言葉を発しました。

黙っているのもこれ以上何を言われるのかわからなくて怖かったのです。

「何のことをおっしゃってるのかわかりません」

ちゃんと言えていたかもわかりません。

でも、私のその言葉に女の人はさらに激高したようでした。

『白々しいこのブタ野郎!』

『私はオシャレ帽子の妻よ!』

頭を殴られたような感覚でした。

オシャレ帽子さん。

数か月前に婚活パーティーで出会って。

付き合って。

今日も2人でデートして。

そのオシャレ帽子さんの妻。

「オシャレ帽子さん、結婚していたんですか?」

とても間抜けな声だったと思います。

騙されていた。

悲しくて情けなくて、涙が止まりませんでした。

私が泣いている間にも、女の人――オシャレ帽子さんの奥さんの罵声は続きます。

オシャレ帽子さんに奥さんがいた。

しかも妊娠している。

だったら私は何?

頭の中ではそればかりがぐるぐる回っていました。

終わらないオシャレ帽子さんの奥さんからの罵声。

止まらない涙。

ごめんなさい、ごめんなさい。

知らなかったんです。

私はずっとそう謝り続けていました。

どれくらいそうしていたでしょうか。

ふっと、オシャレ帽子さんの奥さんの罵声が止みました。

低い、ゾッとするような声色に変わります。

「知らなかったみたいなので慰謝料は請求しません。でも、もう二度とオシャレ帽子には近寄らないでください」

そう言って、電話は切れました。

「慰謝料の請求」という言葉が、重く私にのしかかります。

知らなかったとはいえ、大変なことをしてしまった。

見ず知らずの誰かを酷く傷つけてしまった。

それと同時に、私の中にはまだオシャレ帽子さんを信じたい気持ちがありました。

あれはタチの悪い悪戯で、何も知らないオシャレ帽子さんからまた連絡があるのではないだろうか。

オシャレ帽子さんを好きな誰かが、私をからかうためにやったことではないのだろうか。

 

でも、1週間経っても2週間経っても、1ヵ月経ってもオシャレ帽子さんからの連絡は何一つありませんでした。

時間が経てば経つほどに、「あれは真実だった」「私は知らずにとんでもないことをしてしまった」という思いが強くなり、私の胸はとてつもなく痛むのでした。

 

私とオシャレ帽子さんの出会いは婚活パーティーです。

なので、もちろんオシャレ帽子さんは未婚であると信じ込んでいました。

だからこんな結末が待っていたなんて、少しも疑っていませんでした。

なのでこれから婚活を始める人、今婚活を進めている人には「もしかしたらこの人は既婚かもしれない」という疑いを少しでも持ってほしいのです。

そしてよくよく観察してください。

今思えば連絡が来る時間帯やデートの時間帯など怪しいところは満載でしたが、少しも疑っていない私にはそれが気付けませんでした。

本当にバカなことをしてしまったと思うのです。

 

もちろん、一番悪いのは奥さんを裏切って、男慣れしていないデブスな女子大生を騙したオシャレ帽子さんです。

でも、奥さんが気付いたように、私が注意深ければ気付くチャンスは少しでもあったかもしれません

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

オシャレ帽子さんと出会うと、早速二人でビールを頼んで乾杯しました。 おススメのおつまみを選んでくれて、「大人だなぁ」と大感激です。 大学生のワイワイした飲み会しか経験したことのない私にとって、2人でしっとりと飲むお酒は未知の世界でした。 2杯、3杯と進 ... 続きを読む
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤


オシャレ帽子さんと出会うと、早速二人でビールを頼んで乾杯しました。

おススメのおつまみを選んでくれて、「大人だなぁ」と大感激です。

大学生のワイワイした飲み会しか経験したことのない私にとって、2人でしっとりと飲むお酒は未知の世界でした。

2杯、3杯と進み、盛り上がります。

お酒に、というより、雰囲気に酔っていたのかもしれません。

こんなに「女性」として扱われたのは初めてで、本当に幸せでした。

 

婚活パーティーで出会った人だし、このまま付き合えたら結婚するのかなぁ。

一生結婚できないと思ってたけど結婚できるかもしれないなぁ。

お酒でぼーっとする頭でそんなことを考えていました。

 

「婚活ブタちゃん」

オシャレ帽子さんの声色が突然変わります。

本能的に「来た」と思いました。

「付き合おうか」

「よろしくお願いします」

即答しました。

まだ会うのは2回目だし、お互いのことをあまり知りません。

今思えば、なんてバカな真似をしたのだろうと思います。

でも、その時も私は焦っていました。

「こんなデブス好きになってくれる人なんていない」「私は一生独りのままだ」

そんなことをずっとずっと考えていたのです。

だから、このチャンスに飛びつかないわけがありません。

だって上手くいけば彼氏ができて、このまま結婚できるかもしれないのですから。

 

そしてその後2人は夜の繁華街に消え――たりはしませんでした。

やっぱり私はビビりでどこか人間不信気味なブタです。

べろんべろんな千鳥足で1人帰宅するのでした。

 

オシャレ帽子さんと付き合い始め、私たちは順調にデートを重ねました。

お仕事が忙しいらしく、デートはもっぱら昼間か夜遅いかのどちらかです。

カラオケに行ったり、映画を見たり、満喫に行ったり、観光名所に行ってみたり。

それはそれは楽しく、今までにないくらい満ち足りた日々でした。

 

その日のデートもいつもと変わらずとても楽しいものでした。

でも、いつもと違う点が1つだけありました。

いつもは電話がかかってきたら、すぐ電話を取るオシャレ帽子さんですが、その日は出なかったのです。

「出ればいいのに。どうしたの?」

「妹だからいいの」

「急ぎかもしれなかったのに」

「婚活ブタちゃんとの時間の方が大事だから」

そんなことを言われてしまえば私にはもう何も言えません。

その後もいつも通り楽しくデートを続けました。

 

そして家に帰った後。

デートの余韻に浸りながらごろごろしていると、スマホが鳴りました。

遅い時間であったと記憶しています。

知らない番号です。

ビビりな私は知らない番号には出ないと決めていたので、その着信を無視しました。

でも、2回3回と続けて同じ番号から着信が続きます。

さすがに怖くなって、私は勇気を振り絞って電話に出ました。

『何ですぐに出ないのよ!』

その瞬間。

鼓膜に響く女の人の甲高い叫び声が響き渡りました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

お互いの自己紹介も終わり、お昼ご飯も食べ終わって。 「今日って時間ある?」 オシャレ帽子さんがそう誘ってくれました。 「今日は一日休みなので時間あります」 「じゃあさ、カラオケでも行かない?」 一瞬、いきなり密室か、と不安が過ぎりましたが、私は頷きまし ... 続きを読む
24.【過去編】オシャレ帽子さん④

お互いの自己紹介も終わり、お昼ご飯も食べ終わって。

「今日って時間ある?」

オシャレ帽子さんがそう誘ってくれました。

「今日は一日休みなので時間あります」

「じゃあさ、カラオケでも行かない?」

一瞬、いきなり密室か、と不安が過ぎりましたが、私は頷きました。

彼氏、もとい婚約者ができるかもしれないチャンス。

この先二度と訪れるかわかりません。

なので絶対に逃したくない!

 

お互いにお会計を済ませてから近くのカラオケに向かいます。

平日だったので、待ち時間無く部屋に入れました。

カラオケに来ているというのに歌わずに、2人で喋ります。

2人きりの薄暗い密室空間で、変な感じです。

カラオケにはこういう使い方もあるんだな、とその時初めて学びました。

 

「オシャレ帽子さんって良い匂いしますね」

「香水付けてるからね」

「煙草吸うんですか?」

「何で?」

「煙草吸ってる人って、香水付けてる人多いから……」

「嫌い?」

「あんまり」

「吸わないから安心して」

 

オシャレ帽子さんの手が私の手に伸びます。

その時、つんとした煙草特有の臭いがした気がしました。

でも、会って2回目の人と手を繋ぐことになるなんて思ってもみなかった私はそれどころではありません。

恥ずかしさで頭の中が爆発してしまいそうでした。

でもその当時「大学生にもなってまともに男性とお付き合いしたことがありません!」なんてことは言えない変なプライドがあったのでなすがままにされていました。

そんなこと、絶対オシャレ帽子さんには気付かれていた気がします。

一曲も歌うことなく、手を繋いだままずっとお喋りして。

その日は、時間切れの電話がかかってきて、次に会う約束をしてそこでお別れしました。

 

手ぇ繋いだわー。

絶対私に気があるわー。

きっと付き合えるわー。

このまま結婚までいっちゃう?

次の約束もしたし絶対いけるでしょ?

 

私は浮かれまくっていました。

次の約束は来週居酒屋で。

その日は珍しく早く仕事が終わるとのことで、8時に待ち合わせです。

私の脳内は真っピンクでオシャレ帽子さんのことでいっぱいでした。

恋愛経験値が少ないと、手を繋いで次のデートの約束をしただけでそんなかわいそうな状態になるのです。

 

約束の日まで毎日メールもしつつ、時々電話もかかってくるようになりました。

仕事が忙しいらしく、10分や20分くらいしか話す時間はありませんでしたが、それでも声が聞けるだけで私は幸せでした。

元々「電話」というコミュニケーションが苦手だったので、そのくらいの時間がちょうど苦痛を感じないというのもあったのでしょう。

その日あったことだとか、お仕事のことだとか。

まだバイトくらいしか社会経験のない私には、仕事の話は「大人」な気がして、キラキラと輝いて見えていました。

 

そしてあっという間に1週間は過ぎ。

約束の日になりました。

ウキウキでいつもより念入りにオシャレをします。

滅多に巻かない髪も巻いたりしていました。

自分でも本当に恥ずかしいくらい浮かれていたと思います。

 

待ち合わせの居酒屋に着くと、オシャレ帽子さんはまたもや中で待っているようでした。

「先に来て待ってくれているなんて優しいな」と心をときめかせながらオシャレ帽子さんの元へ向かうのでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

婚活パーティーが終わって家に帰り。 私の手元に残ったのは、真っ白な印象カードと、1枚の連絡先交換カードだけでした。 2000円も払って手元に残ったのはたったのこれだけ。 泣けます。 しかも異様に疲れました。 初めて会う人と15人も間を空けずに喋り続ける。 コミ ... 続きを読む
23.【過去編】オシャレ帽子さん③

婚活パーティーが終わって家に帰り。

私の手元に残ったのは、真っ白な印象カードと、1枚の連絡先交換カードだけでした。

2000円も払って手元に残ったのはたったのこれだけ。

泣けます。

しかも異様に疲れました。

初めて会う人と15人も間を空けずに喋り続ける。

コミュ障にはただの苦行です。

 

これを「いい経験になった」とすぐ終わらせてしまうか、それとも……。

手元にある1枚の連絡先交換カード。

これに希望を託してみるか。

 

私は悩みました。

どうしてもこの人に未練があるわけではないし、そもそもどんな人だったかも覚えていないし。

でも。

2000円がもったいない!

どうせ惨敗したのだから、恥の上塗りくらいどうってことない。

できることは全てやってみよう。

私は精一杯勇気を振り絞ってメールを送ってみました。

 

「こんにちは。婚活パーティーでお世話になった婚活ブタです。

今日はありがとうございました」

 

こんなコミュ障丸出しのメールでしたが、私の中の全ての勇気とコミュ力を振り絞った結果です。

でも、1時間待っても、2時間待っても返事は来ませんでした。

「まあ、人生こんなもんか。私デブスだし」と諦めてその日は就寝しました。

これで初めての婚活パーティーは終わり。

そう思って寝たのですが、起きたら自体は一変していました。

 

「おはようございます。

返事遅くなっちゃってごめんね。

本当はこっちからメールしようと思ってたんだけど。

これからよろしくね。

良かったら今日ご飯でも行かない?」

私は震えました。

こんな奇跡が起こるだなんて。

メールして良かった。

2000円はムダ金じゃなかった。

とても幸せな気分でした。

メールが来た当日は、大変残念ながら予定があったのでご飯に行けませんでしたが、数日後にご飯に行く約束をしました。

お仕事の関係で夜は遅くなるということで、昼間のファミレスで待ち合わせです。

どんな人が全然覚えてなかったし、発見できなかったらどうしよう。

向こうも記憶以上のデブスが来て驚いて逃亡したらどうしよう。

約束当日、ドキドキしながら待ち合わせのファミレスに向かいます。

ファミレスに到着。

辺りを見渡しても、それらしい人はいません。

なのでメールしてみます。

 

「着きました!」

「右側の奥の窓際の席にいるよ」

 

指定された席に行くと、何かオシャレな帽子を被った、お兄さんともおじさんとも呼べない年齢の男性が座っていました。

なので、これから彼のことはオシャレ帽子さんと呼びます。

私が席の近くまで行くと、オシャレ帽子さんは立ち上がって出迎えてくれました。

 

「こんにちは」

「今日は来てくれてありがとう」

「座って」

「はい」

「お腹空いた?」

「はい」

「何食べる?」

「スパゲティが食べたいです」

「スパゲティのページはここだね」

 

ガチガチでロボットと化してしまった私にもオシャレ帽子さんは優しく対応してくれます。

デート慣れというか、婚活慣れしているんだろうな、と思いました。

スライムくらいしか倒せないレベルの私とは大違いです。

 

料理が運ばれてきて「パーティーの時のことはあまり覚えてないよね」ということで、もう一度自己紹介します。

覚えていないのバレていました。

 

年齢は31才で、職業はアパレルの店長だそうです。

だから帽子がオシャレなのかと納得です。

旅行が趣味だけど仕事が忙しくて中々行けていないらしく、休みが取れたら小旅行にでも行きたいとのこと。

そろそろいい年だから結婚したいけれど、忙しくて出会いも無いので最近婚活を始めたそうです。

他にも色々なことを話し、スパゲティを食べ終える頃には少し緊張がほぐれていました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

そしてやってきた婚活パーティー当日。 ラグジュアリーな感じのホテルのカフェを貸し切りで行われるパーティーでした。 大人な感じの雰囲気にドキドキです。 張り切りまくりなワンピースの私と友人に対し、他の参加者のラフな格好なこと。 慣れてない感じ満載ですごく ... 続きを読む
22.【過去編】オシャレ帽子さん②

そしてやってきた婚活パーティー当日。

ラグジュアリーな感じのホテルのカフェを貸し切りで行われるパーティーでした。

大人な感じの雰囲気にドキドキです。

張り切りまくりなワンピースの私と友人に対し、他の参加者のラフな格好なこと。

慣れてない感じ満載ですごく恥ずかしかったです。

 

受付を済ますと、胸に付ける番号札、プロフィールカードや連絡先交換カード、それから参加者の印象を記入するメモを渡されました。

ソフトドリンクの注文も聞かれ、指定された席に案内されます。

友人とは幸いにも隣同士の席になれました。

「席に着いた方からプロフィールカードを記入して待っていてください!」という司会者さんのアナウンスに促され、プロフィールカードを記入していきます。

同じくアナウンスで、番号札を見やすいところに付けるように、連絡先交換カードに連絡先を書いておくように、また、参加者の印象をメモする紙(印象カード)は相手から見えないように書くようにと注意を受けました。

 

お互い初めての婚活パーティーなので、

「これどうしたらいいの?」

「書くの? 何書くの?」

とキャッキャしながらプロフィールカードを埋めていきます。

内容は名前、年齢、職業、趣味、特技、好きな食べ物、好きなスポーツ、休日の過ごし方、デートで行きたいところなど。

ふわっとした感じのプロフィールです。

男性はそれに加えて年収を書く欄もありました。

 

ふわっとしたプロフィールでも、初めて書くもので結構時間がかかりました。

慣れれば書くことは大体決まっているので、すぐに書けるんですけどね。

プロフィールカードを書き終えて顔をあげると、ほぼ席が埋まっていました。

でも、どう見ても男性の方が多い。

時間になると、司会者がマイクを持ちました。

「お時間になりました。参加者も全員揃いましたので、パーティーを始めさせていただきます」

明らかに女性側の席に空席が目立ちます。

15vs15を謳っていましたが、どう多めに見積もっても15vs12です。

人数比合っていないけれど大丈夫なの?

そんな不安を残しながら、初めての婚活パーティーは幕を開けました。

 

その婚活パーティーは通称「回転寿司形式」と呼ばれるものでした。

まず、テーブルに男性と女性が一対一で座ります。

そして、時間が来たら男性が席を移動し、ぐるぐるぐるぐると回転寿司みたいに回るのです。

最初のファーストコンタクトタイムは2分。

自己紹介もままならないまま、次々と男の人が流れていきます。

渡された印象カードも記入する暇もなく次々男の人が流れます。

男の人の方が人数は多いので、あぶれて休憩する時間があるのですが、女の人にはそんな暇ありません。

ひたすら(コミュ障なのに)喋りまくります。

「婚活パーティーってマジ戦場……」とその時私は悟りました。

 

ファーストコンタクトが終わったら、印象の良かった人を書いてスタッフに手渡します。

そして休憩を挟み、セカンドコンタクトタイム。

そのセカンドコンタクトタイムの前に、誰が自分に好印象を付けたかの紙をスタッフが持ってきてくれます。

ちなみに私は惨敗でした。

セカンドコンタクトタイムも2分です。

この時には、連絡先交換カードを渡すことが可能でした。

何とか交換できたのは1枚だけ。

正直、ファーストコンタクトタイムでどんな会話をしたか覚えていないので、「はじめまして」状態の人たちで2分しかない状況で、連絡先交換できる人なんて神業だと思います。

斜め前の美人なお姉さんは連絡先交換カードの山を作っていましたが。

 

そして回転寿司タイムが終わると、最後にフリータイム。

10分間の間に、好きな相手とお喋りできます。

これがまたコミュ障の私には難しかったです。

目当ての男の人に向かって行くなんて恥ずかしすぎてできないし、デブスなので男の人からも来てくれません。

イケメンと美女にその他大勢が群がります。

なので私は友人と楽しくお喋りしました。

そして、カップリングカードの記入。

これは気になった人を3人まで選んで番号を書くというもの。

見事お互いの番号が選ばれていたらカップリング成立です。

とりあえず、話してみて印象が良かった(気がする)人を記入しておきます。

 

そしていよいよカップリング発表!

もちろんカップリングが成立するわけもなく。

友人とパンケーキを食べて帰りました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥

話は飛びますが、今回からしばらく過去の婚活のお話をさせていただきたいと思います。 なぜそんな唐突に昔の話をするのかというと、「身元確認はとっても大切だよ」ということを、私の黒歴史を通して皆さんにお伝えしたいからです。 「こいつマジアホだな」と思いながら ... 続きを読む
21.【過去編】オシャレ帽子さん①

話は飛びますが、今回からしばらく過去の婚活のお話をさせていただきたいと思います。

なぜそんな唐突に昔の話をするのかというと、「身元確認はとっても大切だよ」ということを、私の黒歴史を通して皆さんにお伝えしたいからです。

「こいつマジアホだな」と思いながら読んでいただけると幸いです。

 

その時、私はまだ大学生でした。

大学を卒業する間近のふわふわした時期でした。

彼氏もおらず、将来への不安を抱え、「このままじゃいかん!」と、同じく彼氏のいない友人と婚活パーティーに出席することにしました。

私の婚活パーティーデビューです。

それまでは学生だったこともあり、そこまで「結婚」に対して真剣に考えていませんでした。

なので、何か一つのハードルを越えてしまったような感覚がしていました。

 

「どんな服着ていく?」

「そもそもどうやって申し込むの?」

「参加費とかめっちゃ高いんじゃない?」

「パーティーってことはアルコールあるのかな?」

「ご飯美味しいといいな」

そんな未知なる婚活パーティーに向けて、私と友人はわくわくで準備しました。

まだ大学生だったせいもあるのか、「街コン経験者」は多くとも「婚活パーティー経験者」は周りにはいません。

なのでネットで情報収集することにしました。

「婚活パーティー」と入れて検索するだけで、色々なパーティーが、どれを選んでいいのかわからないくらい存在していました。

その中でも、私たちは年齢層が低めで、初心者でも行きやすそうなパーティーを選ぶことにしました。

いきなり「男性公務員限定」とか「○○好きな人限定」とか「ゲームで愛情を深める」とかは上級者向け過ぎると思ったからです。

それに年齢制限で参加できないパーティーも多かったです。

なぜか女性の参加条件が「24歳以上」(もしくはもっと年上)であるパーティーが多く、22歳の私たちには参加できる条件ではありませんでした。

ちなみに選んだパーティーは、ご飯もアルコールもない、参加費2000円のテレビでよくやっている回転寿司形式の婚活パーティーです。

 

服装については、ネットで情報収集してみても書いてあることがバラバラで、大して役には立ちませんでした。

友人と相談して、一応「パーティー」という名前なのでキレイ目なワンピースで出席することにしました。

持っているワンピースの中で一番の上物を選ぶという張り切りぶり。

「良い人がいたらラッキーだなぁ」「ここにきて彼氏ゲットなるか!」と私と友人は希望に胸を躍らせていました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活ブタが既婚者に騙された話一覧はこちら
21.【過去編】オシャレ帽子さん①
22.【過去編】オシャレ帽子さん②
23.【過去編】オシャレ帽子さん③
24.【過去編】オシャレ帽子さん④
25.【過去編】オシャレ帽子さん⑤
26.【過去編】オシャレ帽子さん⑥