低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

カテゴリ: おまけ

「結婚したいけれど、婚活するのは気が進まないなぁ。もうちょっと自然な出会い待ってみる」 こんな風に考えている方が時々いらっしゃいます。 私の考えとしては「若い方が有利だから思い立ったらすぐ婚活したほうがいい」とは思いますが、それを強要するつもりはありま ... 続きを読む
【おまけ】目的から逆算する

「結婚したいけれど、婚活するのは気が進まないなぁ。もうちょっと自然な出会い待ってみる」

こんな風に考えている方が時々いらっしゃいます。

私の考えとしては「若い方が有利だから思い立ったらすぐ婚活したほうがいい」とは思いますが、それを強要するつもりはありません。

好きなだけ待ったらいいと思います。

ですが、目的があるならそうも言っていられません。

例えば子どもが欲しいのなら出産の時期、マイホームが欲しいのなら返済完了する年齢のこと、結婚式がしたいのなら招待客を呼びやすい年齢などを考えて婚活を始めないといけないと思うのです。

30才までに子どもがほしい」と26才で言っていた人が29才から婚活を始め、30才を大きく超えた今も婚活中です。

本気で「30才までに子どもが欲しい」と思っていたわけではないのかもしれませんが、26才の時点で婚活を始めていたらその希望は叶っていたかもしれません。

29才で婚活を始めて30才までに子どもを産むなんて、出会って即デキ婚くらいしかありません。

(いい大人としてどうかとは思いますが、実際にやっている人もいるので不可能とまでは言いません)

 

私がそうだったので「子どもが欲しい」場合に限定させていただきますが、子どもが欲しいと考えている年齢から4年前に婚活を始めるのがおススメです。

内訳としては婚活に2年、妊活に1年、妊娠期間に1年です。

2人の時間を楽しみたい」という希望があるのなら、もっと早く始めるのがおススメです。

(その人の年齢やスペック、お相手に求めるスペックでも変わってくるので調整してみてください)

婚活は本当に人とのご縁になるので、1人目で出会えることもあります。

でもいつまで経っても出会えないこともあります。

なので「これくらい活動したら結婚できる」というラインはないのですが、婚活で結婚する人は「1年以内」に結婚できる人が半分くらいで、2年を超えるとさらにぐっと結婚できる確率が減るそうです。

(実際に調べたわけではなく、色んなサイトからの情報なので信憑性は高くありません)

なので2年くらい見ておいた方がいいと思います。

また、妊活も「作ろうと思って半年以内にできなかったら不妊外来を受診する目安」だそうです。

これは妊活雑誌で仕入れた情報なので(この情報が古くなっていなければ)信じていい情報だと思います。

もし半年以内にできなくて不妊外来に通う期間を軽く見ておくとして、1年くらいは見ておいた方が安心だと思います。

 

結婚は人生の大きなイベントです。

人生設計にも大きくかかわってきます。

なのである程度計画してから婚活を始める時期を見定めたらいいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

これはとある婚活女性が体験したことです。 話の便宜上、その女性をかなこさんとさせてもらいます。   かなこさんは結婚を考え、合コンに多く参加することで婚活していました。 しかし中々自分が理想とする人とは巡り合えず、マッチングアプリを利用することに。 何 ... 続きを読む
【おまけ】結婚詐欺?

これはとある婚活女性が体験したことです。

話の便宜上、その女性をかなこさんとさせてもらいます。

 

かなこさんは結婚を考え、合コンに多く参加することで婚活していました。

しかし中々自分が理想とする人とは巡り合えず、マッチングアプリを利用することに。

何人かと会ってみて、自分が気にいったお相手と順調にお付き合いすることになりました。

人生2人目の彼氏です。

もちろん結婚が前提のつもりで交際を進めるかなこさん。

具体的な結婚な話はしないものの、交際はとても順調でした。

交際を始めて3ヵ月が経つ辺りには友人にも「結婚を考えている人がいる」と打ち明け、後はプロポーズを待つばかり。

そして交際から半年が経った頃。

「今まで君と付き合ってきたけれど、結婚は考えられそうにない」

そう言ってかなこさんの交際相手は去りました。

結婚するつもりだったからデート代も負担していたのに。

かなこさんは気付きました。

「これは結婚詐欺だ」

デート代は勉強代として諦めましたが、他にも被害者が出ないようにSNSで拡散したりもしたそうです。

 

皆さんはこの話でおかしい点に気付きましたか?

    結婚を前提としたお付き合いというのは、お相手ともちゃんと話し合った結果なのか

    具体的に結婚の約束をしていたのか

    デート代を負担するように交際相手から頼まれたのか

先に答えを言っちゃうと全部「No」です。

 

結婚を前提としたお付き合いも、かなこさんがそう思っていただけ。

「婚活アプリで出会ったんだから当然でしょ?」とのこと。

結婚の約束をしていたかどうかも同じです。

デート代に至っては「稼ぎが少なくて一人暮らし頑張っているから力になりたくて」自主的に出していたそうです。

彼発信でかなこさんに求めたことは何もありません。

 

婚活を進めていたお相手と上手くいかなくて悔しい気持ちはとてもよくわかります。

「騙されていたのでは?」と疑ってしまう気持ちもとてもよくわかります。

私も本交際の人と上手くいかない度に「騙されていたのでは?」と疑心暗鬼になっていました。

 

でもかなこさんの場合、直接「結婚前提の交際であるか」を確認したわけでもないですし、結婚の約束をしたわけでもありません。

体の関係はお付き合いしていたら当然のことですし、「デート代を騙し取られた」と言っていても相手に要求されたのではなく自分から払っているのです。

それで「結婚詐欺だ!」と騒いでSNSで相手のことを特定できるように書いて拡散するのはよくないと思います。

むしろ本当に結婚詐欺ならちまちまSNSで拡散するよりサクッと訴えた方が他の人のためになると思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

今回は当事者ではなく、親目線での話です。   知人でアレルギーを持っている人と話している時に、ぽつりと言われました。 「子どもにはアレルギーのある人と結婚してほしくないな」と。 私はびっくりしてしまいました。 だってそういう当人がアレルギーを持っている ... 続きを読む
【おまけ】アレルギーの問題

今回は当事者ではなく、親目線での話です。

 

知人でアレルギーを持っている人と話している時に、ぽつりと言われました。

「子どもにはアレルギーのある人と結婚してほしくないな」と。

私はびっくりしてしまいました。

だってそういう当人がアレルギーを持っているのですから。

自分もアレルギーがあるのにどうしてそのようなことを言うのでしょうか。

 

詳しく話を聞いてみると、アレルギーって本当に大変らしいです。

外食でアレルゲンのチェックをするのはもちろん、自宅で食事を作るのにも細心の注意を払わなければいけません。

半調理の品も一々チェックしなければいけないし、お惣菜も「もし調理中に混入していたら」と思うと中々手が出せない。

掃除だって毎日気を付けてしなければいけないし、空気清浄機も手放せない。

そんな苦労をしているからこそ、自分の子どもにはそんな苦労をしてほしくないそうです。

 

その人は自分のことだし、家事は引き受けているので結婚相手に掃除も料理もさせることはありません。

それでも食べさせてあげられない料理があることとか、一般家庭に比べて制約が多く苦労をかけていると言います。

アレルギーがある人と結婚することによってその苦労が一生続くのはかわいそう。

もし結婚後、料理や掃除をすることがあれば今の自分と同じ苦労を味合わせることになる。

自分は当事者だから仕方がないけれど、当事者じゃないのにこんなに気を遣うのは辛いと思うと彼女は言っていました。

 

ちょっと過保護かもしれませんが、彼女の気持ちはよくわかりました。

彼女は自分にアレルギーがあることに負い目を感じていて、自分の手元を離れた後くらいはアレルギーと無縁の生活を送ってほしいと思っている。

親心だと思います。

 

彼女の親心を知ると同時に、私はアレルギーのある人と結婚するということは、ない人と結婚することに比べて覚悟が必要なことだと思いました。

アレルギーは死ぬことだってあります。

そのアレルギーを毎日毎日細心の注意を払って除去する生活。

しかも今までしていなかったのに急に、です。

ちゃんとした正しい知識を持つために勉強もしなければいけないでしょう。

それだけしても、もしかしたら自分のミスや無知で相手を危険な目に合わせてしまうかもしれない。

想像するだけで、それが与えるストレスは想像できません。

 

それだけでなく、彼女みたいに「苦労してほしくない」という親心で両親から結婚を反対されてしまうかもしれません。

子どもを持つ時に遺伝する可能性もあります。

 

婚活の時に「アレルギー」という理由でお相手を弾くのは、もしかしたら人道的には酷いことかもしれません。

でも背負える覚悟がないのであれば、命に関わる場合もありますし、お相手のためにも除外する方がいいと思いました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

私は婚活をしていた時、わざわざ有料会員になって活動していました。 マッチングアプリを利用すれば(女性ならば)無料で活動できるにも関わらず、です。 お金が無いのにどうしてわざわざお金を払って活動していたかというと、結婚に対して真剣な人と出会いたかったから ... 続きを読む
【おまけ】わざわざお金をかける理由

私は婚活をしていた時、わざわざ有料会員になって活動していました。

マッチングアプリを利用すれば(女性ならば)無料で活動できるにも関わらず、です。

お金が無いのにどうしてわざわざお金を払って活動していたかというと、結婚に対して真剣な人と出会いたかったからです。

やはり無料だと気軽に利用できます。

その分遊び目的や冷やかしの人も多くなります。

男性は有料だったとしても、女性が無料なら女性はそういう層が多くなってしまいます。

結果男性からは「無料だからそんなに本気じゃないよね」と受け取られてしまうことも増えてしまうのです

実際に「婚活サイトY」で無料会員として活動していた時にはそんなことを言われたことがありました。

(「援助目的はお断りです」と言う方もいらっしゃったので、残念ながらそういう目的で登録している女性もいたみたいです)

 

やり取りの中で自分の本気度を見せればいいだけなのですが、それが中々大変です。

真剣でない女性と出会ってしまってフィルターがかかってしまっているのでしょうか。

最初から「この人も真剣に結婚する気が無いのかもしれない」とやさぐれてしまっている男性が多いのです。

すると真剣な私と温度差が生まれてしまって、メッセージ交換もちぐはぐになってしまいます。

(もしかしたら最初からあまり結婚する気がない人なのかもしれませんが)

メッセージにも棘が見え隠れするので中々盛り上がりもせず、次の段階にも進めません。

 

なので多少お金はかかっても、有料会員で活動するのが手っ取り早いと私は思いました。

遊び目的の人や本気でない人もいないわけではありません。

ですが、有料で活動していると男性からの「本気で活動していないかもしれない」というフィルターが無くなり、かなり楽です。

やり取りもスムーズになりますし、本気で結婚したい男性を見付けやすくなります。

 

結婚した後のことを考えるとあまり婚活にお金は使いたくないものです。

(私の場合は生活もかかっていましたが)

ですが下手にケチってしまっても上手く事が進みません。

無料で活動して遊び目的や本気でない人と10人会うよりも、多少お金を払っても本気の人1人と会った方が効率的です。

どこを節約してどこにお金を使うかはとても慎重に見極めなければいけません。

ですが、婚活サイトや婚活パーティーは「安い所だとそれなりの人しかいない」と言われてしまうようにお相手の本気度やレベルの兼ね合いもあるので、多少お金をかけてもいいと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです




これは私の周りでまことしやかに囁かれている怖い話です。 というか本人がバラまきまくっている怖い話です。   話の便宜上、主人公の女性のことをまゆみさんと呼ばせてもらいます。 まゆみさんは美人なのですが、趣味が高じて恋愛をしてこなかったタイプの女性です。 ... 続きを読む
【おまけ】本当にあった怖い話

これは私の周りでまことしやかに囁かれている怖い話です。

というか本人がバラまきまくっている怖い話です。

 

話の便宜上、主人公の女性のことをまゆみさんと呼ばせてもらいます。

まゆみさんは美人なのですが、趣味が高じて恋愛をしてこなかったタイプの女性です。

30才を超えた辺りから「あれ? このままだとヤバくね?」と気付き婚活を始め、早5年が経過していました。

まゆみさんは婚活パーティーだけで婚活をしていたのですが、5年も婚活をしていると慣れてきます。

その日のパーティーも適当な人とカップリングしました。

そしてそのままパーティー終わりに近くのファミレスでご飯を食べることに。

まゆみさんはこの時のことを「ファミレスって言われた時点でやめとけばよかった」と後に語っています。

 

ファミレスでご飯を食べながら差し障りのない話をし、さて帰りましょうとなった時です。

「送っていくよ」

お相手がそう言いました。

ですがまゆみさんの頭の中はクエスチョンマークでいっぱいでした。

まゆみさんは車で来ているのです。

婚活パーティーの会場からこのファミレスまでも車で移動していました。

「私車なんですけど」

「うん。でも危ないから」

「危なくなんてないですし、そもそも車置いて帰って明日どうやって出勤したらいいんですか」

「泊めてくれたら送るよ」

 

その時まゆみさんは「マジで鳥肌が立った」そうです。

婚活パーティーでカップリングしたとはいえ、初対面の女性の家に泊まろうとする男性なんてヤバいやつです。

そもそもファミレスの駐車場に一晩車を放置させようとする時点で頭がおかしいです。

 

「私実家なんで」

本当は一人暮らしを始めたばかりでしたが、まゆみさんはそう言いました。

「一人暮らしがバレたらヤバいと思った」そうです。

正解だと思います。

実際に婚活相手も「そうなんだ」と言ってそれ以上「送る」とは言ってきませんでした。

 

そしてお会計を済ませ、駐車場の車まで向かいます。

車までは付いてくる婚活相手でしたが「これで逃げ切れる」と思ったまゆみさん。

「今日はありがとうございました」と車に乗り込もうとしたところ、婚活相手に引き寄せられました。

直感的に「キスされる」と感じ婚活相手を振り解いて車に乗り込むまゆみさん。

すぐにロックをかけて「それじゃあ!」と車を発進させました。

「轢いてやればよかった」後に語っています。

 

これだけでもかなり怖い話ですが、この話にはまだ続きがあります。

家に帰り、恐怖体験に一息吐くまゆみさん。

「今日の婚活パーティーはハズレだった」と晩酌をしようとしたところ、スマホが鳴りました。

見ると見知らぬアドレスです。

 

『実家暮らしって言ってたけれど、アパートに家族で住んでいるの?』

 

まゆみさんはゾッとしました。

ヤツに違いありません。

せっかく一人暮らしを始めたばかりなのに実家にまた出戻る羽目になった。

まゆみさんは話をそう締め括りました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活をしていて「見た目より中身で勝負したい」と言う方がいらっしゃいます。 言いたいことはわかります。 「容姿は大事」ですが外見だけで選ばれたって、男性も女性も老化ともに外見は劣化していく一方で、それを保とうにもエステや美容院、化粧品代などのメンテナンス ... 続きを読む
【おまけ】見た目より中身で勝負したい

婚活をしていて「見た目より中身で勝負したい」と言う方がいらっしゃいます。

言いたいことはわかります。

「容姿は大事」ですが外見だけで選ばれたって、男性も女性も老化ともに外見は劣化していく一方で、それを保とうにもエステや美容院、化粧品代などのメンテナンス代がかかさみます。

女性の場合はたまにはスッピンにジャージでゆっくりしたい日だってあるのに、夫となる人に常に「美しくいる」ことを強要されるのも嫌でしょう。

一生一緒にいる相手だからこそ、見た目ではなく中身で選んでほしい。

見た目に左右されずに一緒に年を重ねるのを楽しみたい。

でも、だからと言って何もせずに待っているのは正しい選択なのでしょうか?

ブスの癖に偉そうに言ってすみません。

 

私の周囲だけかもしれませんが「見た目より中身で勝負したい」と言う人に限って、何もしていない人が多いです。

「中身で勝負したい」のだから外見に磨きをかける必要はないでしょう。

しかし「中身で勝負したい」のなら中身に磨きをかけるべきではないでしょうか?

「見た目より中身で勝負したい」は何も努力をしない免罪符ではないのです。

ぼーっと待っているだけでは時間がもったいないですし、良いお相手に選んでもらえるチャンスも少なくなってしまいます。

「ブスだから中身で勝負したい」なんて思っていなかった私でも婚活中は家事の勉強やマナー本を読んで自分のマナーを見直しましたし、転職というスキルアップ(と言えるかは怪しいですが)もしました。

知っている人で本気で「中身で勝負したい」と言っている人は中身を磨くために日々資格の勉強をしています。

直近でお会いした時は秘書検定の資格を取得していました。

(それが婚活にどう影響するかはこの際置いておきます)

 

資格を取るのにはお金もかかりますし、時間もかかります。

先程例に挙げた秘書検定は婚活をする上で直接的には約に立たない資格かもしれません。

しかしそういう努力をしてこそ「見た目より中身で勝負したい」と言えるのだと思います。

何もせず待っているだけなら「いつか王子様が~」なんて言っている夢見る少女(少年)と同じです。

 

つまり私が言いたいのは「中身で勝負したい」と言うからには中身が必要なのです。

中身で勝負したいからありのままの自分でいいというわけではありません。

そして勝負するからには、今まで培ってきた中身をより一層磨かなければいけません。

これは若いだけで補正がかかる見た目で勝負するより難しいことかもしれません。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活パーティーや婚活サイト、マッチングアプリみたいに最初にプロフィールが出揃っていて数値化されているからこそある話かもしれません。 それは「男性の身長が170㎝ないから断った」という話です。   女性はなぜか170㎝以上の男性が好きです。 「彼氏にするならど ... 続きを読む
【おまけ】身長は170cmも必要か

婚活パーティーや婚活サイト、マッチングアプリみたいに最初にプロフィールが出揃っていて数値化されているからこそある話かもしれません。

それは「男性の身長が170㎝ないから断った」という話です。

 

女性はなぜか170㎝以上の男性が好きです。

「彼氏にするならどんな人がいい?」という話でも、「身長は170㎝以上」という話はよく聞きます。

わかります。

なぜだか身長が高いというだけで何となくカッコいい気がします。

どうせ付き合ったり結婚するならカッコいい人がいいです。

 

でも、結婚するのに「身長が170㎝以上欲しい」と言うのはそんなに重要視する問題でしょうか?

たくさんのアプローチがある選ぶ側の人間なら、それも含めていいと思います。

身長が165㎝以上あって「ヒールを履くと同じくらいの身長になるのがコンプレックス」という人も立派な求める条件になりうる理由なので重要視したらいいと思います。

でも、私みたいに150㎝ちょっとしかなくて、婚活も長引いている人は「身長170㎝以上」はそんなに重要視する問題ではないと思います。

「子どもが産まれた時にチビだとかわいそう」だと言う人もいますが、高身長の人と結婚したところで自分のチビの遺伝子が半分は言っているのです。

ちゃんと高身長に育つ保証はありません。

高身長同士の夫婦の子どもだって「あれ?」という結果になる場合もあります。

逆に低身長同士の夫婦の子どもだってぐんぐん伸びる場合もあります。

それでも「どうしても譲れない」というのなら仕方がありません。

しかし私は自分の経験として、外見重視で選ぶより内面重視で選んだ方が結婚生活は充足すると思うのです。

これが私の価値観が「人間死ぬ時は皆骨」ということも大きいかもしれません。

(もちろん外見重視で選んでも幸せそうな夫婦はちゃんといます。しかしそういった夫婦は「外見以外は相手に求めていない」ことが多いです)

 

確かに見た目は大切です。

一生一緒に暮らすわけですから、せめて毎日見られるくらいでないと結婚生活を送るのは難しいでしょう。

でもそこに「身長170cm」は必要かどうかということです。

日本人の20代以上の平均身長が167㎝だそうですし、160㎝後半もあれば十分ではないかと思います。

自分が150㎝代ならなおさらです。

それにあまり身長差がありすぎても話す時に見上げるから首が痛くなったり、歩幅が合わなかったりしますし。

 

「身長170㎝」をお相手の条件にしている方は「なぜそんなに身長が必要か」「本当に170㎝も必要か」を一度考えてみていただきたいです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

私は両親に隠れてコソコソ婚活をしていました。 なぜならそんなことを相談できるような仲でもありませんでしたし、父親は子どものことには無関心。 何より母親が「結婚なんてしなくてもいい。住むところは祖父の家がある」という考えだったからです。 邪魔をされるとま ... 続きを読む
【おまけ】婚活を両親に打ち明けるべきか

私は両親に隠れてコソコソ婚活をしていました。

なぜならそんなことを相談できるような仲でもありませんでしたし、父親は子どものことには無関心。

何より母親が「結婚なんてしなくてもいい。住むところは祖父の家がある」という考えだったからです。

邪魔をされるとまでは言いませんが、「婚活をしている」と言ったところで応援はしてもらえなかったでしょう。

なので自分の婚活のストレスの1つにしかならないと判断したので両親に婚活を打ち明けませんでした。

 

しかし、中には「結婚したい」と打ち明けることによって全面のバックアップが得られる場合もあります。

私の友人にも費用はもちろん、結婚相談所の選別から申し込みまで手伝ってもらった人がいました。

「そこまではしてほしくない」と思う人も多いと思いますが、費用を負担してもらえるのならだいぶん違うと思います。

少なくとも、10万以上する入会金を貯金に回せば、結婚後の生活にだいぶん影響します。

新居の費用、結婚式の費用、新婚旅行の費用、はたまたいざという時の貯金。

どれに充てるとしても10万は大きな金額です。

 

結局何が言いたいかというと、婚活に行き詰ったら両親に「婚活をしている」と打ち明けるのも手ではないかということです。

秘密にしていた私が言うのもおかしな話ですが、世間一般では親は子どもが結婚するのは嬉しい場合が多いです。

よほど婚活に偏見がなければ、まだお見合い結婚も多かった世代ですし「婚活をしている」と打ち明ければ何かしらの助力を得られるのではないでしょうか。

それに子どもがある程度の年齢になると「この子は結婚する気がないんだ」と思い込んでしまう親も多いです。

もしそこら辺に転がっているお見合いの話を「うちの子は結婚する気ないからな」と勝手に断られてもチャンスが1つ減ってしまいます。

(私も勝手に祖父に断られました「102.祖父が持ってきたお見合い話」)

 

両親に打ち明けることによって精神的なケアをしてもらえたり、金銭的負担を助けてもらえれば婚活は今まで以上にスムーズになるでしょう。

(他人の本当の家庭事情はわかりませんが)助けてくれそうな両親なのに「恥ずかしい」という理由だけで頑なに秘密にしている人たちを見ると「もったいない」と思ってしまうのです。

私なら、両親が少しでも私に「結婚してほしい」という考えを持っていたら、迷いなく結婚相談所の入会金くらいせびっています。

どうしてそういう考えが育ったのかはわかりませんが「恋愛結婚じゃないと恥ずかしい」という考えの弊害だと思います。

 

もし「恥ずかしいから」という理由だけで両親に婚活していることを秘密にしているのなら、打ち明けるのも1つの手だと思います。

婚活で行き詰っている時は何でも試してみるべきです。

もし「そこまでして結婚しなくてもいい」と言われてしまったら、それはそれで「この人たちは助けてくれないんだ」ということがわかりますし、適切な距離と取ればいいだけの話なのです。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

こういう意見もあります、ということでご紹介させていただきます。 ちなみに女性限定の意見です。   婚活をしていて気になることの1つに「実家暮らし」か「一人暮らし」かということがあります。 一見「自立している」ことをアピールするために「一人暮らし」だという ... 続きを読む
【おまけ】一人暮らしは秘密にした方がいい?

こういう意見もあります、ということでご紹介させていただきます。

ちなみに女性限定の意見です。

 

婚活をしていて気になることの1つに「実家暮らし」か「一人暮らし」かということがあります。

一見「自立している」ことをアピールするために「一人暮らし」だというのは有利そうに見えます。

でも「一人暮らしでも実家に住んでいるように見せかけるべき」という意見の方がいらっしゃいました。

婚活の条件で嘘を吐く時点で私からしたらクエスチョンマークなのですが、その人の意見はこうです。

「女が一人暮らしだとわかると、あの手この手を使って上がり込んでこようとする輩が多い。自分を守るためにも、一人暮らしを伏せた方がいい」

「付き合ったら勝手に転がり込まれて同棲に持って行かれる場合が多い。そうなったら別れる時に苦労する」

 

その言い分に「なるほど」と思いました。

合コンで出会った可愛い子をやたらと家まで送っていきたがる男性。

彼女の家に転がり込んで同棲を勝手に始める男性。

同棲をしていて、別れ話になってもしつこく居座る男性。

確かにいます。

(勝手に家に転がり込んだり、別れ話になっても出て行かないのは女性でもいるとは思います)

「自分を守る」という意味では婚活で出会っただけの人となりのわからない男性に「一人暮らしである」と打ち明けるのはリスクが高いでしょう。

もしかしたらそれだけで質の悪い遊び目的の男性に標的にされてしまう可能性もあります。

合コンや飲み会なら一人暮らしでも実家暮らしを装うのは良い手でしょう。

 

でも「婚活」という場においてはどうなのでしょうか。

婚活なんてライトな言葉を使っていますが、私は基本的に婚活のことをお見合いの一種だと思っています。

(というかお見合いが形を変え、現代に合わせたものが婚活パーティーや婚活サイトだと思っています)

そう言う場で「黙っている」だけならともかく、「嘘を吐く」というのはいただけない気がします。

とはいえ、これは悪意のある嘘ではありません。

事情を話せば「それなら仕方ないね」で済むかもしれません。

でも「嘘を吐くような人だったなんて」とそのお相手との関係が終わるかもしれません。

またそのお相手との婚活が続くことになったとしても、「この人は他にも嘘を吐いているかもしれない」と疑心暗鬼にさせてしまうかもしれません。

自分を守るためには必要な嘘だけれど、信用度は落ちてしまうでしょう。

幸い私は一人暮らしではなかったので、そんなことで悩むことはありませんでした。

でもこれはメリットとデメリットを天秤にかけるのが難しいのではないかと思います。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

これは私の考えではありませんが「なるほど」と思った考えなのでご紹介させていただきたいと思います。   その職業柄か、よく恋愛相談を受けている知り合いのおば様がいらっしゃいました。 婚活をしている私にとって、その恋愛相談は横で聞いているだけでもためになる ... 続きを読む
【おまけ】年齢に合わせたアドバイス

これは私の考えではありませんが「なるほど」と思った考えなのでご紹介させていただきたいと思います。

 

その職業柄か、よく恋愛相談を受けている知り合いのおば様がいらっしゃいました。

婚活をしている私にとって、その恋愛相談は横で聞いているだけでもためになることが多く、よく横で拝聴させていただいていました。

そんなおば様のアドバイスには大抵一貫性があるのですが、1つだけ不思議なことがありました。

それは入籍のタイミングについてです。

20代前半の人には「最低1年間は相手を見極めて、相手のご両親とも何回か食事をしてから決めろ」

20代後半の人には「急いで相手を見極めろ。一緒にお正月を過ごしてみて何もなければ入籍を考えたらいい」

30代以上の人には「何事も経験だ。結婚しないと見えてこない部分もあるからさっさと入籍しろ」

言っていることがバラバラなのです。

 

なぜ世代によってこんなに言うことが違うのか。

不思議で不思議で仕方なかったので、思い切っておば様に聞いてみることにしました。

「どうして人によってアドバイスの内容が違うんですか?」

「その人に合わせた内容になるから当たり前だよ」

「じゃあなんで若い子には『1年以上待て』で30代以上には『即入籍しろ』になるんですか?」

「若い子は人生経験が少ないから人を見る目が育っていない子が多いし、若いからしがらみも少なくて勢いですぐに結婚できる。それにまだ時間はあるから多少時間をかけたって、変な男に引っかかって離婚するよりちゃんと相手を見極めることが大切」

「じゃあ30代以上は?」

「あの世代は慎重になりすぎて中々結婚できない人が多いから誰かが背中を押してやる必要がある。ある程度人を見る目は育っているから、変な男の場合は自分で踏み止まれる。それに、長い人生1度は結婚という人生経験は必要だし、年を重ねれば結婚のチャンスも減っていく。もういい年だから離婚するにしてもとりあえず結婚してみたらいい」

 

諸手を挙げて賛成できるわけではありませんが、中々ためになる意見だと思いました。

確かに若い子の方が勢いで結婚していますし、年を重ねるに連れ段々お相手選びに慎重になっていっていっている気もします。

年を重ねるに連れ結婚に対しては焦りが出て来るのに、不思議なものです。

まさに年齢に合わせたアドバイスだな、と思いました。

でも私は30代にしても40代にしても、結婚するからには離婚はしたくないと思うので、ある程度お相手を見極めるのはどの世代でも同じだと思っています。

(ちなみに「離婚ができなくなるから1年は子どもを作らない方がいい」というのもおば様の意見でした)


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。