低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

カテゴリ: 小ネタ

最近ネット婚活を始めて「交際を申し込まれた!」という人がいました。 本交際からも大変ですが、とてもおめでたいと思います。 が。 よくよく話を聞いてみると、まだ一回も会ったことがない相手だそうです。 でも毎日電話をしているらしく、交際もその時に申し込まれ ... 続きを読む
【小ネタ】それってネット婚活っていうの?

最近ネット婚活を始めて「交際を申し込まれた!」という人がいました。

本交際からも大変ですが、とてもおめでたいと思います。

が。

よくよく話を聞いてみると、まだ一回も会ったことがない相手だそうです。

でも毎日電話をしているらしく、交際もその時に申し込まれたとのこと。

血眼で婚活をしていた私にはその時点で「それって婚活なの?」という感想が出てしまいます。

 

しかも。

付き合い始めた(?)のに会う予定もまだないとのこと。

「怖いから会うのはもうちょっと仲良くなってからかな」と彼女は言っていました。

ネットで出会った人と会うのが怖いという気持ちはわかります。

でもこれは婚活です。

逆に会ったこともない人と結婚を前提に交際を進める。

こちらの方が怖くないでしょうか。

 

私からしたら彼女がしていることはネット恋活、というかネット恋愛(ネットだけでの恋愛関係)のように思えます。

でも彼女は「ネット婚活で出会った相手」と言います。

果たしてこれが本当にネット婚活なのか。

私にとっては甚だ疑問です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

「コスパが悪いから結婚しない」と言っている人に「結婚はした方がいいよ」というつもりはありません。 そういう人はたぶん結婚生活には向いていないだろうし、無理して結婚してもお相手が苦しい思いをするだけだと思います。   ですが、結婚してからお腹を壊してトイ ... 続きを読む
【小ネタ】「結婚はコスパが悪い」とか言っている人へ

「コスパが悪いから結婚しない」と言っている人に「結婚はした方がいいよ」というつもりはありません。

そういう人はたぶん結婚生活には向いていないだろうし、無理して結婚してもお相手が苦しい思いをするだけだと思います。

 

ですが、結婚してからお腹を壊してトイレに立てこもっているとポカリを差し入れてもらえます。

洗濯物を取り込んでたたんでもらえたり、食事を用意してもらえます。

病院にだって付き添ってもらえます。

こういう優しさを手に入れられるのは「コスパ」では片付けられない価値だと思うのです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

祖父の家でお留守番をしている時に、とある電話がかかってきました。 『私仲人協会の者です。最近結婚されていない方が多いですけれど、身の回りでそんな方はいらっしゃいませんか?』 そんなセールスみたいに仲人さんから電話がかかってくるなんてびっくりです。 「そ ... 続きを読む
【小ネタ】仲人さんも大変だな

祖父の家でお留守番をしている時に、とある電話がかかってきました。

『私仲人協会の者です。最近結婚されていない方が多いですけれど、身の回りでそんな方はいらっしゃいませんか?』

そんなセールスみたいに仲人さんから電話がかかってくるなんてびっくりです。

「そうですね、独身は80代の祖父しかいないですね。なのでお世話になることはありません」

『そうですか。あと30才お若かったらご紹介できる方もいるんですけれど』

「結構年齢層高いんですね」

『お若い方はパーティーやネットで出会いを求められる方が多いんですよ』

「大変ですね。頑張ってください」

『ありがとうございます。身の回りでお困りの方がいらっしゃったらぜひご紹介ください』

「はい」

いたとしても紹介する気はありませんが、そう言って電話を切りました。

 

ちょっと興味があったので祖父をダシにお話してみましたが、初老の年代まで幅広くお世話をするなんて、仲人さんって大変だなと思いました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。

婚活をしていると色々なお相手と色々な場所にデートに行きます。 デートしないと始まらないので当然と言えば当然です。 ですが、デートをする場所って意外と限られてきますよね。 なので違うお相手と以前行ったことのあるデートスポットに行くなんてこともよくあります ... 続きを読む
【小ネタ】デートの場所被り

婚活をしていると色々なお相手と色々な場所にデートに行きます。

デートしないと始まらないので当然と言えば当然です。

ですが、デートをする場所って意外と限られてきますよね。

なので違うお相手と以前行ったことのあるデートスポットに行くなんてこともよくあります。

そんな時に「ここ来たことある?」なんて聞かれたら皆さんは何て答えますか?

私は他の婚活相手と行った場所なら「初めてです」と答えてしまいます。

「他の婚活相手と来ました」なんてとても言えないですし、「友人と来た」と嘘を吐くにしてもボロが出ることがあります。

それに「初めて来た」と言った方が喜んでくれる婚活相手が多いです。

お相手が喜んでくれるのなら害にならないような嘘ならいくらでも吐きます(クズ)

 

そんなよくあるデート場所被り。

辛く感じる時があります。

本交際までいったお相手と訪れたことがあるデートスポットの時です。

「あの人と上手くいっていたら今頃結婚できてたかな」「何で連絡取れなくなったんだろう」「今頃他の人と婚活しているのかな」

そんなチクチクとした胸の痛みを感じながら「初めて来ました」と言うのは、お相手がどんなに喜んでくれていても辛かったです。


まあ、結婚さえしてしまえば過去の思い出として楽しめるんですけれどね!

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

私の婚活をしている友人の一人に、高身長がいます。 168cmなので、お相手の男性と同じくらいだったりそれより身長が高い場合が多いです。 (なぜか婚活男性は160cm台の人が多いです) だからといって、彼女は身長にこだわって「私よりも身長の高い相手が良い!」な ... 続きを読む
【小ネタ】高身長女性の憤怒

私の婚活をしている友人の一人に、高身長がいます。

168cmなので、お相手の男性と同じくらいだったりそれより身長が高い場合が多いです。

(なぜか婚活男性は160cm台の人が多いです)

だからといって、彼女は身長にこだわって「私よりも身長の高い相手が良い!」なんて言うことはありません。

自分もお構いなしにヒールを履きますし、自分より身長が低くてもカップリングします。

ですが、彼女にとってとても腹立たしいことが起こってしまいました。

 

その日彼女が婚活パーティーでカップリングしたお相手は「自称170cm」でした。

ですが「立った感じそんなに身長無いな」と彼女は思っていたそうです。

カップリングしたので出口で待ち合わせし、一緒に帰ることになりました。

婚活パーティー中は座っていたのでわからなかったのでしょう。

ヒールを履いたでっかい彼女が現れて、お相手は言いました。

「ちょっと、でかすぎない? そんなにでかくてヒール履いてて恥ずかしくないわけ?」

そこでカチンと来てしまった彼女。

「ちょっと、小さすぎない? そんなに小さくて恥ずかしくないの? プロフィールに170cmって書いてたけれど、そんなに無いよね? だって私より小さいじゃん」

そんな風に言い返してしまいました。

そうなってしまえば、カップリングしたとはいえ上手くいくはずありません。

 

自分がチビなのが悪いくせに人にいちゃもんつけてんじゃないよ。身長だけじゃなくて人間としての度量も小さいとか終わっているわ」と私に管を撒く彼女。

「身長が高いのも大変なんだなぁ」と思いました。


そういえばこいつ婚活男性では無敵の武器「3K(高身長高学歴高収入)」



にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

私の友人に「自衛官と結婚したい」と自衛官に的を絞って婚活をしている人がいます。 主に婚活パーティーを主に活動していたのですが、ある時ネット婚活にも手を出そうとしました。 何でも自衛官の男性と自衛官と結婚したい女性のための婚活サイトがあるそうです。 男性 ... 続きを読む
【小ネタ】自衛官専用婚活サイト

私の友人に「自衛官と結婚したい」と自衛官に的を絞って婚活をしている人がいます。

主に婚活パーティーを主に活動していたのですが、ある時ネット婚活にも手を出そうとしました。

何でも自衛官の男性と自衛官と結婚したい女性のための婚活サイトがあるそうです。

男性はもちろん自衛官であることが絶対条件。

自衛官でさえあれば無条件に登録できます。

一方女性はというと、何と登録するのに顔写真の審査があるそうです。

ある程度の顔面偏差値が無いと登録すらさせてもらえないとのこと。

要するにブスには関係のない婚活サイトです。

 

そして彼女がその婚活サイトに無事登録できたのかというと。

「何で私が審査されなきゃいけないの? 気に食わない」と登録申請すらしなかったそうです。

その気持ちはわかります。

でも婚活が長引いている人って「私が選ぶ立場」だと思っている人が多いな、と思いました。

(結構昔の話なので、まだその婚活サイトが存在しているのかはわかりません)

 

その友人はこの人です





にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

「一人でクリスマス過ごすの絶対に嫌」って人いますよね。 というか、ほとんどの人はそうではないでしょうか。 私も婚活中のクリスマスは一人ぼっちの自分が惨めに思えて仕方ありませんでした。   そんな一人ぼっちのクリスマスですが、回避術が存在するそうです。 ... 続きを読む
【小ネタ】一人ぼっちのクリスマス回避術

「一人でクリスマス過ごすの絶対に嫌」って人いますよね。

というか、ほとんどの人はそうではないでしょうか。

私も婚活中のクリスマスは一人ぼっちの自分が惨めに思えて仕方ありませんでした。

 

そんな一人ぼっちのクリスマスですが、回避術が存在するそうです。

何とそれが婚活パーティー。

「ガチで結婚したい人が多いから、2回か3回デートしたら告白されるよ。クリスマス終わったらリリースすれば?」だそうです。

婚活パーティーを何だと思っているのでしょうか。

ガチで結婚したい人が頑張っている場だとわかっているのに、どうしてそんなことができるのでしょうか。

遊び目的の男性と同じくらい質が悪いです。

皆さんもこんな性悪に引っかからないように注意してください。

結婚したい理由がふわっとしていたら要注意です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

性病にかかっていないか、妊娠のトラブルになるような病気はないか、異常はないか。 妊娠前の健康診断とも言えるブライダルチェック。 子どもが欲しくて婚活をしているのなら結婚する前にはお相手と一緒に受けに行きたいですよね。 私も実際にお相手の方と受けに行こう ... 続きを読む
【小ネタ】ブライダルチェック

性病にかかっていないか、妊娠のトラブルになるような病気はないか、異常はないか。

妊娠前の健康診断とも言えるブライダルチェック。

子どもが欲しくて婚活をしているのなら結婚する前にはお相手と一緒に受けに行きたいですよね。

私も実際にお相手の方と受けに行こうとしていましたが、私が原付に突き飛ばされたり、お相手のお仕事が忙しかったり、引っ越しの準備で忙しかったり色々な理由が重なってしまい受けに行くことができませんでした。

結果として私たちはそれでも何事も無く子宝を授かることができたので良かったですが、子どもが欲しいならブライダルチェックは行っておいた方がいいと思います。

 

子どもが欲しくて婚活をしていた女性がいました。

その女性は同じく子どもが欲しい男性と出会い、結婚しました。

そしてお互いに「子どもが欲しい」という強い希望があったのでブライダルチェックへ。

結果として、彼女の方に問題が見つかってしまいました。

 

離婚にはなりませんでしたし、今は不妊治療を経て子どもを授かることができたのですが、当初はかなり夫婦間がギスギスしたそうです。

子どもが欲しくて結婚したのに、問題が見つかってしまったのですからね。

当然ですし、誰も責められません。

今でこそ乗り越えられたのですが「入籍を済ませる前にブライダルチェックを受けておけばよかった」と彼女は言います。

そうすれば「問題はあるけれど結婚して2人で頑張って治療する」か「このままお別れするか」をちゃんと話し合ってから結婚できた。

なのであんなにギスギスすることはなかったと思う、と。

 

私もその考えには賛成です。

運が良ければ何もありませんが、運が悪ければ彼女のように結婚した後に問題が発覚して夫婦仲にも問題が発生してしまうのです。

やはり子どもを望んで結婚するのなら、ブライダルチェックは結婚する前に受けておくべきです。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

一緒に合コンにも行ったことがあるアラフォー女性が結婚しました。 お相手はギリギリ20代と年の差婚です。 何をしているのかは教えてくれませんでしたが、外見は金髪と言っていいくらいの明るい茶髪で、何かジャラジャラ付けています。 「もしかしてその人、2文字で表す ... 続きを読む
【小ネタ】究極の選択

一緒に合コンにも行ったことがあるアラフォー女性が結婚しました。

お相手はギリギリ20代と年の差婚です。

何をしているのかは教えてくれませんでしたが、外見は金髪と言っていいくらいの明るい茶髪で、何かジャラジャラ付けています。

「もしかしてその人、2文字で表すと……。ヒモ?」って感じです。

(偏見でごめんなさい)

 

美人だし、口ではハイスペックを求めていた彼女。

彼のどこを気に入って結婚したのかとても気になりました。

なので私は「結婚の決め手は何だったんですか?」と質問しました。

すると彼女は「一生独りでいるか究極の選択だよね」と笑って言いました。


そんな彼女はこちらの合コンのA子さんです


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

知っている男性で「男に寄生するつもりの女とは結婚しない」「男の稼ぎを当てにするような女は論外」「結婚するなら自立していて一人でも子どもを育てられる女性」を求めて婚活している男性がいました。 そんな男性なので、誰もお相手を紹介しません。 「こいつ一生結婚 ... 続きを読む
【小ネタ】結局落ち着くところは

知っている男性で「男に寄生するつもりの女とは結婚しない」「男の稼ぎを当てにするような女は論外」「結婚するなら自立していて一人でも子どもを育てられる女性」を求めて婚活している男性がいました。

そんな男性なので、誰もお相手を紹介しません。

「こいつ一生結婚できないだろうな」と周囲は思っていました。

ところが、そんな彼が結婚しました。

何とお相手は派遣で働いている、いわゆる非正規雇用の女性。

料理上手で癒し系だそうです。

そしてあんなに「男に寄生するな」「男はATMじゃない」「子どもが欲しいなら自分の稼ぎで賄え」と言っていたのに、その結婚相手には家庭に入ることを許しました。

週に3日働くパート主婦です。

そして自分の通帳も彼女に言われ、預けているそうです。

 

「なんじゃそりゃ」と思いました。

言っていたことと実際にやっていることが違います。

でも今は幸せそうだし、結婚前は女性に対して色々拗らせていただけだったのでしょうか。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。