低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

カテゴリ: 奇行

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   ネット婚活をしていると、プロフィールを読まない人が意外と多いです。 プロフィールに書いてあることを何回も質問してくるのです。 1つ2つなら「人間だし取りこぼしもあるよな」と ... 続きを読む
【奇行】21.読め

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

ネット婚活をしていると、プロフィールを読まない人が意外と多いです。

プロフィールに書いてあることを何回も質問してくるのです。

12つなら「人間だし取りこぼしもあるよな」と思いますが、それが3つにも4つにもなってくると、もう「プロフィール読んでいないんだ」と確定です。

「真剣に婚活していないんだな」と私はその時点で弾いていました。

真剣だったとしても、結婚相手として選ぼうかという人の情報をあるにも関わらずちゃんと読んで把握しないような人は結婚生活にも不安が残るのでお断りです。

そんなプロフィールを読まない人たちの中でもすごい人がいました。

 

その人とは婚活サイトでマッチングして、メッセージのやり取りを始めました。

あまりにもプロフィールに書いている質問が続くので、私はお決まりの言葉を返しました。

 

「プロフィールに書いてあるんですけれど、○○です」

 

そう返すと、それからメッセージが途切れるか「気付かなかった」と返事が来るかどちらかに分かれます。

ですが、その人は違いました。

 

『そうなんだ。

長文読むと頭痛くなるから読んでないんだよね』

 

長文と言ったところでたかがプロフィール。

文字数制限もあるので、小説のように長いわけではありません。

それすら読めないのなら、文字でのやり取りからはじまるネット婚活は向いていないのでやめればいいと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   マッチングアプリでとある人とマッチングした時のお話です。 私は早速メッセージを送りました。   『はじめまして。 マッチングありがとうございます。 婚活ブタです。 よろし ... 続きを読む
【奇行】20.前置き

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

マッチングアプリでとある人とマッチングした時のお話です。

私は早速メッセージを送りました。

 

『はじめまして。

マッチングありがとうございます。

婚活ブタです。

よろしくお願いします。

周りの友人が結婚して子どもも産まれていて、私も結婚したいと思って婚活を始めました。

〇〇さんはどうして婚活を始めたんですか?』

 

『はじめまして。

こちらこそマッチングありがとうございます。

 

オレに初めての彼女ができたのは大学生の時でした。

ちょっぴり嫉妬深いけれど、すごくかわいい子でした。

メールを10分以内には返してほしいとか、飲み会に行かないでほしいとか、そういうところも最初はかわいかったんですが、段々としんどくなってきて。

そんなオレを心配してくれた友達と彼女に黙って飲み会に行くと、合いカギを渡してもいないのにオレの部屋で待っていました。

浮気を疑われてハサミを振り回されて。

別れ話をすると別れたくないって窓から飛び降りて。

オレの部屋は二階だったから大した怪我はなかったんだけど、救急車が来て、彼女の親父さんには殴られて。

彼女が退院した後も別れられなくて、しばらくストーカーみたいな真似をされました。

だから束縛する人はお断りしているのでそれでも良かったら返事ください』

 

交際することになったとして、束縛する気はありませんでしたが、何だか彼自体が面倒臭そうだったので返事はしませんでした。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活相手とのデートでのことです。 道を歩いていて水溜まりを見付けると、必ず立ち止まる人がいました。 お店の予約の時間が迫っていても、電車の時間が迫っていても必ずです。 「 ... 続きを読む
【奇行】19.水溜まり

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活相手とのデートでのことです。

道を歩いていて水溜まりを見付けると、必ず立ち止まる人がいました。

お店の予約の時間が迫っていても、電車の時間が迫っていても必ずです。

「あっ!」と小さく声を上げて、何の説明もなくじっと水溜まりを見つめます。

酷い時には10分くらい見つめている時もありました。

車道で立ち止まられた時は危ないのでハラハラするし、歩道だとしても他の人の通行に迷惑です。

何よりも周りの目が気になります。

水溜まりをじっと無言で見つめるカップルってヤバくないですか?

すごく変わった人でした。

 

※後々このブログのコメント欄で教えてもらったのですが、水溜まりをじっと見るのは発達障害によく見られる特性の1つだそうです

もしかしたら彼にもそういう気があったのかもしれません

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   本交際中の婚活相手と外でのデートのお話です。 それは寒い日のことでした。 普段より厚着をして、手袋に帽子も被っていたのに私はマフラーを忘れてしまいました。 「寒い寒い」と ... 続きを読む
【奇行】18.もう持っています

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

本交際中の婚活相手と外でのデートのお話です。

それは寒い日のことでした。

普段より厚着をして、手袋に帽子も被っていたのに私はマフラーを忘れてしまいました。

「寒い寒い」と震えていると見かねた婚活相手が「マフラーを買って来てあげる」と言ってくれました。

「どこに売っているかわからないし、寒いからそこでお茶でも飲んで暖まってて」というお相手の好意に甘え、私はコーヒーショップでコーヒーを飲んで彼を待っていました。

そして程なく。

「買って来たよ」

彼が手にしていたのはもふもふで温かそうな帽子でした。

「え? マフラーは?」

「こっちの方が温かそうだったから!」

彼の善意は嬉しいです。

でも、帽子はすでに被っています。

帽子を差し替えましたが結局寒さは変わらずデートを続けました。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   マッチングアプリ時代。 ついうっかりと手が滑って50代のオッサンとマッチングしてしまった時のことです。 マッチングした途端にメッセージが届きました。   『マッチング嬉しい ... 続きを読む
【奇行】17.自己完結

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

マッチングアプリ時代。

ついうっかりと手が滑って50代のオッサンとマッチングしてしまった時のことです。

マッチングした途端にメッセージが届きました。

 

『マッチング嬉しいな。ご飯行こう』

 

ヤバいなぁ、と思いつつ、スルーしようと思った途端に次のメッセージが。

 

『何が好き?』

 

追撃が来るということはちゃんと断った方がいいのかな、と悩んでいるとまたまた次のメッセージが。

 

『ラーメンが好きって書いているね。ラーメンでいい? 奢るよ』

 

返事もしていないのに怖すぎます。
恐怖に固まっていると、次々とメッセージが。

 

『おーい』

『○○ってところでいい? 家まで迎えに行くね』

『家まで迎えに行くね』

『無視?』

『日にちは△月×日でいい?』

『なんで返事くれないんの?』

『他にいい人いた?』

『男といるの?』

『オレのこと遊んだんだ』

『バイバイ』

『本当にもう終わりにするよ?』

『もうメッセージしないから』

 

自分で完結してくれてよかったですが、怖かったのでブロックしておきました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活相手との初めてのデートの時のお話です。 ランチの後に喫茶店でお茶をして、その後も「もう少しお話したいね」ということになりました。 「そこら辺でもお散歩しますか?」と提 ... 続きを読む
【奇行】16.場所のセレクト

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活相手との初めてのデートの時のお話です。

ランチの後に喫茶店でお茶をして、その後も「もう少しお話したいね」ということになりました。

「そこら辺でもお散歩しますか?」と提案しましたが、「ゆっくり座って話したい」とのこと。

でも一度喫茶店を出てしまったので、また別の喫茶店に入り直すのもなぁ、と2人で考えあぐねていました。

そして彼が選んだ場所は駅の構内のベンチでした。

当時は婚活を始めて日も浅く、男性とデートする機会もなかったので「そんなものかなぁ」と思っていました。

でも今思い返せば電車の音はうるさいし、何より普通に電車を待っている人たちからしたら邪魔です。

人も多いですし、とてもゆっくりお話しできる場所ではありませんでした。

お互いデート慣れしてない故の(周りからしたらとても迷惑な)奇行だったのではないかと思います。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。 (※今回は本編でも紹介したエピソードを抜粋させていただきました)   婚活相手とのデート中のお話です。 その日は冬になりかけの肌寒い日でした。 2人でお散歩をして、疲れたので少 ... 続きを読む
【奇行】15.私は寒いの

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

(※今回は本編でも紹介したエピソードを抜粋させていただきました)

 

婚活相手とのデート中のお話です。

その日は冬になりかけの肌寒い日でした。

2人でお散歩をして、疲れたので少し休もうと公園のベンチに腰を落としました。

「寒いですね」

「そうだね。何か温かいものでも買ってこようか?」

「お願いします」

「何がいい?」

「コーヒーで」

気を遣って飲み物を買って来てくれるなんて優しい人です。

私は寒さに耐えながら彼が帰って来るのを待ちました。

 

「買って来たよ!」

そう言って彼が手に持って帰ってきたのは2つのアイスコーヒーでした。

頭の中は「温かいもの買ってくるって言ってたよね?」とクエスチョンマークでいっぱいです。

でもせっかく買って来てくれたのに「私は寒いんですけど?」なんて言えず、寒い中2人でアイスコーヒーを飲みました。

買ってくる数分の間に彼の中で何があったのか謎です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活サイトでメッセージのやり取りをしていた婚活相手とのお話です。 お話の前提として、私はプロフィールにしっかりと写真を載せていました。   メッセージのやり取りを始めて早 ... 続きを読む
【奇行】14.写真を送って

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活サイトでメッセージのやり取りをしていた婚活相手とのお話です。

お話の前提として、私はプロフィールにしっかりと写真を載せていました。

 

メッセージのやり取りを始めて早速でした。

『写真送って』

「プロフィールに載せていますよ」

『別のも送ってよ』

「でもサイト上じゃ、写真送れないですよね」

だから連絡先交換しよう』

 

だからの意味がわかりません。

それにその時やり取りしていた婚活サイトでは、連絡先を交換すると本名まで開示されます。

まだ挨拶くらいしか交わしていない相手に自分の本名を晒すのも嫌ですし、きちんとプロフィール写真を登録しているのにも関わらず写真を要求されたのも不快でした。

なので私は彼とのやり取りを終えることにしました。

彼の目的がわからなくて私にとっては奇怪なやり取りでした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活サイトでマッチングして、メッセージのやり取りをしていた時のことです。 最初は私から色々と質問してメッセージの交換をしていました。 向こうからの質問はなく、ほとんど私の ... 続きを読む
【奇行】13.そこが気になる?

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活サイトでマッチングして、メッセージのやり取りをしていた時のことです。

最初は私から色々と質問してメッセージの交換をしていました。

向こうからの質問はなく、ほとんど私の質問攻めみたいな形です。

こちらの質問にしか答えないお相手。

ネット婚活あるあるだと思います。

が、お相手からも質問をしてくれることがありました。

 

『婚活ブタさんは口紅しますか?』

 

ちょっと質問の意図がわかりませんでした。

 

「しますよ。

どうしましたか?」

『どこのメーカーですか?』

「○○の口紅を使っています」

『△△じゃないんですか?』

「そこのは使っていません」

 

その後、彼からメッセージが来ることはありませんでした。

私が△△の口紅を使っていないからメッセージが来なくなったのは明らかです。

でも、婚活でそこまで口紅の種類が気になるのでしょうか。

そもそも結婚する相手に使ってほしい口紅があるのなら、そう頼むかプレゼントすればいいだけの話ではないのでしょうか。

謎です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。   婚活相手とのデートで待ち合わせのお話です。 その日、初めて行く待ち合わせ場所だったのですが、婚活相手は知っている風だったのでお任せすることにしました。 駅の改札を出てすぐ ... 続きを読む
【奇行】12.噴水前で待っています

このシリーズでは婚活で出会った人々の不思議な言動【奇行】を紹介していきます。

 

婚活相手とのデートで待ち合わせのお話です。

その日、初めて行く待ち合わせ場所だったのですが、婚活相手は知っている風だったのでお任せすることにしました。

駅の改札を出てすぐのところに噴水があるので、そこがわかりやすいとのこと。

「噴水なら大きいしすぐわかるだろう」と私は何の下調べもせずに現地に向かいました。

 

が。

駅の改札を出ても噴水なんてありません。

「出る改札を間違えたのかな」と駅を一周回ってみても噴水なんてありません。

「まさか駅を間違えたのか」と思ってメールを再確認してみますが、駅も合っています。

一体何が起こったのでしょうか。                         

実は噴水は改札を出て遠くにあるのでしょうか。

 

その駅の名前と噴水で調べてみたところ。

噴水は数年前に取り壊されたとのことでした。

さすがにタイムスリップはできません。

電話して迎えに来てもらいました。

 

何がどうなって何年も前に無くなった噴水を待ち合わせ場所に指定してきたのか、全くもって謎です。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。