低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

カテゴリ: ダイジェスト

婚活を始めて数か月。 すでに私は婚活に疲れ切っていました。 条件がいい人とマッチングするためにダイエットを始めて美容にも気を遣うようにしました。 でもまだ結婚できないということはまだ足りないのです。 「今のままの職では将来結婚できなかった時に食べていけ ... 続きを読む
【ダイジェスト】8.かずきちさん

婚活を始めて数か月。

すでに私は婚活に疲れ切っていました。

条件がいい人とマッチングするためにダイエットを始めて美容にも気を遣うようにしました。

でもまだ結婚できないということはまだ足りないのです。

「今のままの職では将来結婚できなかった時に食べていけない」という焦燥感もあったので、私は正社員を目指して転職もすることにしました。

 

そして転職を決意した頃、私は長い婚活の中でも印象に残る出会いをした人がいました。

つぶらな瞳と白いポロシャツがチャームポイントの男性です。

かずきちさんと呼ばせてもらいます。

私の求める年収で、研究職ながら転勤があるので帯同希望、子どもも2人くらい欲しいとプロフィールにしっかりと書いていました。

年齢も28才と若く十分すぎるほど私の理想にぴったりです。

 

奇跡的にかずきちさんとマッチングができてメッセージ交換を始めたのですが、かずきちさんには今までの人とは決定的に違うところがありました。

「婚活へのガチ度」です。

転勤した場合仕事はどうするか、付き合ってどれくらいで結婚するのが理想か、子どもは結婚してからどれくらいで欲しいかなどなど。

少し聞きにくいけれど、結婚にはどうしても外せない質問を投げかけてくるのです。

投げかけてくれるだけではなく、私からの質問にもかずきちさんは真剣に答えてくれました。

他の人からは感じられなかった婚活への真剣さがとても嬉しかったです。

また結婚した後の具体的な生活を思い浮かべることができたので、私はメッセージの段階でかずきちさんと「結婚したい」と思うようになりました。

それは実際にかずきちさんと会ってみても変わらなかったです。

メール以上に突っ込んだ会話はなく、穏やかにデートをしながらもかずきちさんとの会話の端々には結婚後の生活が含まれていました。

私は「これが婚活なんだ」とかずきちさんとのデートに感動し、かずきちさんさえよければこのまま婚活を進めたいと思いました。

 

なのでデートが終わった後にそのようにメールでお伝えしたのですが、残念ながらかずきちさんは他の人と婚活を進めたいようで断られてしまいました。

その断り文句も今までの人たちからは想像できないほど素晴らしかったです。

私が傷付かないようによく言葉を選んでくれていました。

 

それから程なくしてかずきちさんは婚活サイトを退会されました。

「婚活を進めたい」と思った人と上手くいって、今は幸せな家庭を築いているといいと思います。

かずきちさんはとても条件が良い方でした。

そしてとても婚活に真剣な方でした。

なのですぐお相手も見付かったのだと思います。

「いい人は売れるのが早いなぁ」としみじみ思いました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

42.デメリットを減らすために転職を決意する

43.かずきちさん①

44.かずきちさん②

45.いい人は売れるのが早い


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

次にマッチングしたのは同じキャラクターが好きな人でした。 なのでキャラものお兄さんと呼びます。 キャラものお兄さんも少しコミュニケーションに難があるタイプでしたが、無事に連絡先を交換し、毎日メールしていました。 ですが中々会うところまで話がいきません。 ... 続きを読む
【ダイジェスト】7.キャラものお兄さんとゴムさん

次にマッチングしたのは同じキャラクターが好きな人でした。

なのでキャラものお兄さんと呼びます。

キャラものお兄さんも少しコミュニケーションに難があるタイプでしたが、無事に連絡先を交換し、毎日メールしていました。

ですが中々会うところまで話がいきません。

焦れた私はあすかちゃんの後押しもあり、キャラものお兄さんをデートに誘うことにしました。

日付を決めるのは中々難航しましたが、無事に約束を取り付け、これで会うことができると思ったのですが。

ドタキャンに次ぐドタキャン。

結局私からメールをするのを辞め、彼とはそれきりになりました。

 

次にマッチングしたのは30才でゴムの研究をしているという人です。

年収はこれまた私の希望通りです。

転勤はあるけれど共働き希望という少し不思議な人でしたが、試しにアプローチしてみたらマッチングできました。

この人もコミュニケーションに難があるタイプの人で、癖がある人でした。

デートに誘ってくれたのはいいですが、「イタリアン好きですよね」と場所はイタリアンのお店。

実際にデートしてみても「カルボナーラ好きですよね」と勝手にカルボナーラを注文されました。

確かにイタリアンは好きだし、カルボナーラも好きです。

でも私はやり取りの中でゴムさんにそんなこと一言も言っていません。

しかもどうしてそう思ったか聞いてみたら「女性だから」です。

「世の中の女性は皆イタリアンとカルボナーラが好きでないといけないのか」ともやもやしてしまいました。

 

デートが終わり、家に帰ってそのもやもやをあすかちゃんに打ち明けたところ、極端に女性経験が少なくて価値観が凝り固まっているのだろうとのこと。

これから少しずつ教えていってあげればいいではないかと言われました。

その通り。

私は選べる立場ではないのです。

なので私はゴムさんにお礼とまたお会いしたいと書いたメールを送りました。

でも、ゴムさんからの返信は『こちらこそありがとうございました』という一文だけ。

とても狡い断り方です。

自分が傷付かないために直接言葉にはしない。

「お前の方から察しろよ」という本当に狡い断り方です。

婚活で1人に断られたくらいで落ち込んでいてはキリがありません。

でもそんな狡い断り方に、私の気持ちはどんどん沈んでいくのでした。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

36.キャラものお兄さん

37.「デブ」から脱却するために

38.ゴムさん①

39.ゴムさん②

40.ゴムさん③

41.婚活の闇にハマっていく


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

チェック眼鏡くんの次にマッチングできたのはシャクレアゴが特徴的な男性でした。 なので「アゴさん」と呼ばせてもらいます。   アゴさんは営業職の30才。 年収は600万で子どもの希望もあり、私の理想の条件の人です。 早速アプローチしてマッチングし、メッセージの ... 続きを読む
【ダイジェスト】6.アゴさん

チェック眼鏡くんの次にマッチングできたのはシャクレアゴが特徴的な男性でした。

なので「アゴさん」と呼ばせてもらいます。

 

アゴさんは営業職の30才。

年収は600万で子どもの希望もあり、私の理想の条件の人です。

早速アプローチしてマッチングし、メッセージの交換を始めました。

営業職のためかチェック眼鏡くんとは違い、アゴさんとのメッセージ交換はとてもスムーズでした。

なぜならアゴさんがリードしてくれていたからです。

「妻に家事と育児をやってもらいたい」というアゴさんの理想の家庭像には私はとても魅かれました。

アゴさんとは早めに連絡先を交換して、2週間と少しでお会いする約束をすることができました。

 

そして約束の日。

アゴさんのお気に入りだというイタリアンレストランで待ち合わせです。

写真のままの男性だったのですんなりと無事に会うことができました。

会話も上手で、私みたいなブタでも盛り上げてくれます。

楽しく過ごさせていただく半面、私の中には疑問が浮かんできました。

「なぜこの人はまだ結婚できていないのだろう」と。

人当たりがよくてお話も上手で、結婚に対する考え方も堅実です。

特段ブサイクなわけでもありません。

私みたいなブタにも会ってくれるくらいなので、理想が高いわけでもないでしょう。

それなのに1年以上も婚活をしているそうです。

 

どうしてまだ結婚できていないのか不安だけれど、もしアゴさんが気に入ってくれたらこのまま結婚したいな。

そんな風に思っていましたが、休日の過ごし方の話題になった時に驚くべきことを言われました。

「オレは休日、神様の御心について教えてもらいに行っているよ」

アゴさんは特定の新興宗教を信仰していました。

宗教が悪いとは言いません。

でもその宗教はあまり良い噂を聞かない宗教で、勧誘活動もよくやっています。

しかも、家族で信仰されているようです。

しかもしかも、結婚するなら「入信してくれると嬉しい」とのこと。

しかもしかもしかも、お布施までかなり頻繁にしているようです。

「この人とは価値観が合わない」と私は悟りました。

今のところは改宗を強要するつもりはないみたいですが、それでも改宗してくれると嬉しいみたいですし、何より頻繁にお布施をするという行為が中々私には理解できません。

 

デートの後、どちらからもメールをすることがなかったので、アゴさんとはそれきりとなりました。

 

※宗教のお話の下りは特定されないように言葉などを変えさせてもらっています

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

30.アゴさん①

31.アゴさん②

32.アゴさん③

33.マッチングとは

34.「ブス」というデメリットとどう向き合うか

35.結局敵は周りの無理解な人


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

今回は過去の黒歴史についてのお話です。 大学生時代、もちろん私には彼氏がいませんでした。 卒業を控え、将来への不安がマックスだった私は同じく彼氏のいない友人と婚活パーティーデビューを飾ることにしました。 初めてのことだし、周りに経験者もいなかったので、 ... 続きを読む
【ダイジェスト】5.オシャレ帽子さん【過去編】

今回は過去の黒歴史についてのお話です。

大学生時代、もちろん私には彼氏がいませんでした。

卒業を控え、将来への不安がマックスだった私は同じく彼氏のいない友人と婚活パーティーデビューを飾ることにしました。

初めてのことだし、周りに経験者もいなかったので、全てが手探りでした。

ネットで情報収集をして、ネットで申し込む。

手探りだったけれど、思ったより簡単に申し込めて「ネットって凄い」と思いました。

 

婚活パーティーに参加すれば何とかなる気がする。

期待に胸を膨らませて友人と一緒にいざ出陣!

したのですが、結果は惨敗です。

私も友人もカップリングできなかったどころか、フリータイムに誰とも話せずに終わりました。

なので一緒にパンケーキを食べて帰りました。

 

ですが全くの無収穫だったわけではありません。

たった1人だけ連絡先交換カードを手に入れることができました。

(私にとって)高い参加費を払っていたので、このまま終わるのはもったいないと思い、帰ってからその人にメールをしてみました。

何と次の日の朝に返信があり、数日後にファミレスでお食事する約束まですることができたのです。

私にとって奇跡的な出来事です。

その人は31才でアパレル関係のお仕事をされている人でした。

オシャレな帽子をいつも被っていたのが印象的だったので、オシャレ帽子さんと呼ばせてもらいます。

 

そんなオシャレ帽子さんとファミレスでお食事をし、その後でカラオケに誘われ、手まで繋ぎました。

男性経験ほぼ皆無の私からしたらとんでもない出来事です。

そしてまたまたとんでもないことに2回目のデートで「付き合おうか?」と言われ、お付き合いすることに。

婚活ブタ史上初の快挙です。

オシャレ帽子さんも30才を超えていますし、私も大学を卒業しますし、このまま付き合って結婚するのかなぁ、とこの時は思っていました。

 

そしてオシャレ帽子さんとデートを重ねていったある日のこと。

デートが終わって家で寛いでいた時に見知らぬ番号から電話がありました。

知らない番号からだったので出ませんでしたが、あまりにも何回もかかってくるので出ることに。

 

『なんですぐに出ないのよ!』

 

女の人のヒステリックな叫び声が聞こえてきました。

その声は次々に色んな言葉で私を罵倒します。

「人の旦那に手を出した」とか「もうすぐ子どもが産まれる」とか身に覚えのないことでも罵られました。

きっとこの人は電話をかける相手を間違えているんだ、と恐怖に耐えながら私はやっと口を開きました。

 

「何のことをおっしゃっているのかわかりません」

『私はオシャレ帽子の妻よ!』

 

そういうことだったみたいです。

その電話があった日からオシャレ帽子さんからの連絡は途切れました。

私の婚活パーティーデビューはとんでもない結果になって終わりました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

21.オシャレ帽子さん①

22.オシャレ帽子さん②

23.オシャレ帽子さん③

24.オシャレ帽子さん④

25.オシャレ帽子さん⑤

26.オシャレ帽子さん⑥

29.「知らずに不倫していた」ということを振り返って


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

自分からアプローチをするようになって最初にマッチングしたのは赤いチェックのシャツに黒ぶち眼鏡のプロフィール写真の笑顔が印象的な人でした。 なのでチェック眼鏡くんと呼ばせてもらいます。 年は近く28才で年収は600万。 職業は研究職の方でした。 後々詳しく聞く ... 続きを読む
【ダイジェスト】4.チェック眼鏡くん

自分からアプローチをするようになって最初にマッチングしたのは赤いチェックのシャツに黒ぶち眼鏡のプロフィール写真の笑顔が印象的な人でした。

なのでチェック眼鏡くんと呼ばせてもらいます。

年は近く28才で年収は600万。

職業は研究職の方でした。

後々詳しく聞くとプラント?の研究をしているそうです。

子どもが欲しいという希望もあるので、プロフィール上は文句のつけようがありません。

 

実際にメッセージを送ってみると、チェック眼鏡くんもコミュニケーションが得意なタイプではないみたいで、質問にしか答えないタイプでした。

あすかちゃんのサポートを受けつつメッセージの交換を重ねていくと、3人兄弟の長男であること、転勤があるので両親との同居は考えていないこと、子どもは2人くらい欲しいこと、一人暮らしであることなど色々なことがわかりました。

 

連絡先や本名も交換して、トータルで1週間ほどメール交換を重ねました。

そんなに長期間メッセージの交換をしていたらマンネリも感じてしまいます。

こうなったら「実際に会ってみる」という次のステップに進むものなのですが、私は中々踏み出せないでいました。

人見知りのコミュ障なので、初めての人と会うのが怖いのです。

 

そんな風にうだうだ悩んでいましたが、珍しくチェック眼鏡くんから「実際に会ってみませんか?」というお誘いがありました。

会わない理由はありませんが、ネットで知り合った人だし、実際に会ってみるのは怖いです。

「怖い」という気持ちを打ち明けると、あすかちゃんは私を勇気づけて後押ししてくれました。

これは婚活です。

会わなければ何も始まらないのです。

 

あすかちゃんの後押しで会うことを決意した私はチェック眼鏡くんと「ランチでもしましょう」と約束を取り付けました。

約束当日はランチを食べた後に喫茶店でお茶をして、それからお散歩をしました。

あすかちゃんから「楽しむのも大切だけど結婚の話もしておいで」とアドバイスを受けていたのですが、結婚の話はできませんでした。

メールの時はあすかちゃんの手助けがありましたが、コミュ障同士。

私が頑張って会話のリードをしていたのですが、踏み込んだ話ができなくて差し障りのない話しかできません。

盛り上がることも踏み込んだ話もできませんでしたが、無難にデートは終わり、「またお会いしたいですね」と約束を交わして別れました。

 

しかしチェック眼鏡くんとの「また」は訪れませんでした。

それからもメールは続けていましたが、どちらともなくメールの頻度が落ちていき、いつの間にか途絶えていたのです。

これで私かチェック眼鏡くんのどちらかが最初のデートで「この人と結婚したい!」と思えていたらまた別の結果になったかもしれません。

でもどちらも「可も不可も無いからキープとして残しておくか」程度だったのだと思います。

「婚活って難しいな」と思いました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

17.チェック眼鏡くん①

18.チェック眼鏡くん②

19.チェック眼鏡くん③

20.チェック眼鏡くん④


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

四苦八苦してプロフィールを登録し、一週間程度が経過しました。 「デブスで低収入でも意外と需要があるんだ」と思うくらいひっきりなしにアプローチが届きます。 しかし中々自分の希望に合った条件の方からはアプローチしてもらえません。 年齢が40代以上だったり、年 ... 続きを読む
【ダイジェスト】3.ネット婚活本格始動!

四苦八苦してプロフィールを登録し、一週間程度が経過しました。

「デブスで低収入でも意外と需要があるんだ」と思うくらいひっきりなしにアプローチが届きます。

しかし中々自分の希望に合った条件の方からはアプローチしてもらえません。

年齢が40代以上だったり、年収が私の希望まで足りなかったり、喫煙者だったり、ギャンブルをしていたり。

高望みなのはわかっていましたが、中々厳しい戦いになりそうでした。

 

その中でも1人、(年収は非公開でしたが)私の希望に合う男性からアプローチをいただきました。

29才で公務員の方です。

胸を高鳴らせてメッセージを送ったものの、中々コミュニケーションに難がありそうな人でした。

「よろしくお願いします」という私のメッセージに対し、「よろしくお願いします」というメッセージしか返って来なかったのです。

コミュニケーションに難があるのは私も一緒。

これからどうメッセージを返して話を繋いでいったらいいのかわからなくて、私は困り果ててしまいました。

そしてあすかちゃんに助けを求めました。

あすかちゃんのナイスなアシスト(ゴーストライト)のおかげでスムーズに会話が進み、相手が刑務官であることや、出身地などを聞き出すことに成功しました。

イイ感じにメッセージ交換が進んでいた時に、彼は話の流れもなしに突然切り出しました。

 

『ところでパスタ食べに行きませんか?』

 

何の脈絡もなく、本当に突然だったので私は焦りました。

 

「仕事が忙しいのですぐには無理です」

『また連絡します』

 

そして「また」の連絡はなく彼は音信不通になりました。

私のネット婚活は唐突にパスタに誘われ、「すぐには無理だ」と言ったら音信不通になるという体験で幕を開けたのです。

 

そんな刑務官の彼との不思議なメッセージ交換に少しメンタルを削られてしまった私は、攻勢に打って出ることにしました。

彼とのメッセージ交換で「待っているだけでは何も得られない」と気付いたからです。

 

理想のお相手のプロフィールを入力して、私は愕然としました。

やはり理想が高すぎたのか。

ヒットする人数が少なかったのです。

その中でも真剣に活動していそうな人だけを選んで、プロフィールに空欄が多い人やプロフィール写真がない人を弾いていくとさらに人数は絞られます。

人数は少なくても、この中に私の未来の結婚相手がいるかもしれない。

私は片っ端からアプローチを送りました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

13.いよいよ実践!

14.ゴーストライター

15.狩りに行くスタイル

16.ネット婚活の壁

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

婚活サイトに登録するにあたり、一番大変だったのはプロフィール登録でした。 どの「婚活How toサイト」を見ても「一番大切!」と書かれているプロフィール。 項目がとても多くて細かいのです。 それを埋めるだけでも大変なのに、その他にも自己PRもガッツリ書き込ん ... 続きを読む
【ダイジェスト】2.ネット婚活の準備

婚活サイトに登録するにあたり、一番大変だったのはプロフィール登録でした。

どの「婚活How toサイト」を見ても「一番大切!」と書かれているプロフィール。

項目がとても多くて細かいのです。

それを埋めるだけでも大変なのに、その他にも自己PRもガッツリ書き込んでアピールしなければいけません。

何をどのようにアピールするかも中々難しく、あすかちゃんに助けてもらいながら何とか埋めていくことができました。

プロフィールは文章だけではありません。

写真の登録も大変でした。

「正面を向いた顔がハッキリとわかるもの」とのことだったのですが、何回違う写真を送っても中々運営からOKがもらえません。

なぜNGだったのかは謎です。

あまりにもOKがもらえないので、最終的にはあすかちゃんにちょちょっと写真を弄ってもらい、それで何とかOKをもらうことができました。

 

登録したらしたで、4050代ばかりからアプローチされました。

「私の価値って……」と凹んだものの、それくらいで立ち止まっている暇はありません。

 

まず、私はどんな人と結婚したいかをあすかちゃんと協議しながら明確にしました。

どんな人と結婚したいのかわからず、だらだらと婚活する期間が延びていくのを避けるためです。

妥協できる点、できない点を分けていき、最終的に求める希望の条件を導き出しました。

・年収600万以上

・非喫煙者

・ギャンブルをしない人

・初婚、子どもなし

・身長160cm以上

・年齢は同世代~+5才

・できれば同居なし

多少無謀だとは思いましたが、婚活を始めたばかりで夢も希望もありました。

それに自分の置かれている状況や、結婚後の生活を考えると、これくらいの人と結婚したかったのです。

 

次に私は自分のスペックの整理をしました。

婚活において私の何がデメリットになるか、また私と結婚することによってお相手がどのようなメリットを得るのことができるのかちゃんと知っておくためです。

デメリットは前回も述べた通りのものです。

・デブ

・ブス

・非正規雇用の低収入

・病気持ち

・再発する可能性のある病気がある

・コミュ障

・弟がヒキニート

 

対するメリットはとても些細なものでした。

20

・家事は一通りできる

・転勤族ok

・県外o

些細すぎて自分でもやっぱり落ち込みました。

でも結婚相手が転勤族なら正社員にもなれないし、年収もそれなりにあるはず。

狙い目ではないかと私は閃きました。

20代」「転勤しても帯同OK」「家事は一通りできる」

これを武器に婚活を進めていくことに決めました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

9.難関だったプロフィール登録

10.40代以上の嫁が20代なら何でも良さそうな年収300万以下のオッサン

11.お相手の希望

12.自分のスペックの整理

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

実際に婚活体験談を書いてみたら長すぎたので(自分の婚活史的まとめの意味も込めて)ダイジェスト版を作ってみました。 話が長すぎるせいか、まだ私が婚活中だと勘違いされている方も多くてちょっと申し訳なくて。 内容はそのままなので、全部読んでくださった方には重複 ... 続きを読む

実際に婚活体験談を書いてみたら長すぎたので(自分の婚活史的まとめの意味も込めて)ダイジェスト版を作ってみました。

話が長すぎるせいか、まだ私が婚活中だと勘違いされている方も多くてちょっと申し訳なくて。

内容はそのままなので、全部読んでくださった方には重複する内容で申し訳ありません。

少しずつ更新していけたらと思っています。

 

【婚活準備編】26


1.はじめまして

2.持つべきものは

3.あすかちゃん

4.ネット婚活の種類

5.「マッチングサイト」と「婚活アプリ」前編

6.「マッチングサイト」と「婚活アプリ」後編

7.婚活サイト選び

8.「婚活サイトB」を選んだ理由

【婚活サイトB初回編】


9.難関だったプロフィール登録

10.40代以上の嫁が20代なら何でも良さそうな年収300万以下のオッサン

11.お相手の希望

12.自分のスペックの整理



13.いよいよ実践!

14.ゴーストライター

15.狩りに行くスタイル

16.ネット婚活の壁




17.チェック眼鏡くん①

18.チェック眼鏡くん②

19.チェック眼鏡くん③

20.チェック眼鏡くん④



【過去編】大学生時代
 

21.オシャレ帽子さん①

22.オシャレ帽子さん②

23.オシャレ帽子さん③

24.オシャレ帽子さん④

25.オシャレ帽子さん⑤

26.オシャレ帽子さん⑥

29.「知らずに不倫していた」ということを振り返って


【婚活サイトB初回編】続き


30.アゴさん①

31.アゴさん②

32.アゴさん③

33.マッチングとは

34.「ブス」というデメリットとどう向き合うか

35.結局敵は周りの無理解な人


36.キャラものお兄さん

37.「デブ」から脱却するために

38.ゴムさん①

39.ゴムさん②

40.ゴムさん③

41.婚活の闇にハマっていく


8.かずきちさん(7月20日公開予定です)

42.デメリットを減らすために転職を決意する

43.かずきちさん①

44.かずきちさん②

45.いい人は売れるのが早い


9.デブスなのに街コンに参加する(7月27日公開予定です)

46.デブスなのに街コンに参加する①

47.デブスなのに街コンに参加する②

48.デブスなのに街コンに参加する③

49.婚活には婚活のフィールドがある

50.「恋愛」と「結婚」の兼ね合いの難しさ


婚活体験談が長くなりすぎてしまったので、ちょっとずつまとめていこうと思います。 ずっと「結婚したい」「子どもが欲しい」とは思っていたのですが、ちんたら生きてきました。 「このままではヤバい」と気付いたのが26才の時。 キッカケは弟がヒキニートになったことで ... 続きを読む

婚活体験談が長くなりすぎてしまったので、ちょっとずつまとめていこうと思います。

【ダイジェスト】1.婚活開始


ずっと「結婚したい」「子どもが欲しい」とは思っていたのですが、ちんたら生きてきました。

「このままではヤバい」と気付いたのが26才の時。

キッカケは弟がヒキニートになったことです。

「兄弟が無職の引きこもり」というだけでもかなりの悪条件ですが、その上私自身のスペックがデブ(150cm70kg)でブス(ふなっしー似)、非正規雇用の低収入(いわゆる自由業)。

しかも現在は寛解であるとはいえ過去に甲状腺の病気を患っており、再発する可能性も十分あります。

現在進行形では慢性のストレス性胃炎持ちです。

「こんな女と誰が結婚したいか」とようやく気付き、真剣に婚活をしようと決意したのです。

 

決意はしたものの、合コンや街コン婚活パーティーは苦手だし、お見合いは私の条件が悪すぎる上に、結婚相談所には登録しようにも月会費が払えません。

そこで私が目を付けたのがネット婚活でした。

月会費は安いですし、合コンや街コンみたいに一緒に行く友人も必要ありません。

婚活パーティーみたいに初対面の人といきなり喋るという(コミュ障の私にとっての)苦行もありません。

ただ、ネットを通しての婚活なのでその面での不安はありました。

顔もわからない身元の不確定な人たちと婚活するのです。

そもそもどうやって事を進めたらいいのかすらわかりません。

 

そこで私は先人の知恵を借りることにしました。

私には「ちょっと金髪碧眼と結婚してくるわ」とアメリカに渡り、実際に現地でネット婚活をしてパートナーを手に入れたあすかちゃんという大学時代の友人がいたのです。

何事も経験者にアドバイスしてもらうのが一番です。

早速あすかちゃんに連絡を取ると、あすかちゃんは快く私への協力を引き受けてくれました。

 

あすかちゃんと相談しつつ、どんなネット婚活の種類があるか調べました。

マッチングアプリや婚活サイト、SNSやネットゲームを利用するなど色々な方法がありました。

その中でも「婚活サイト」が一番自分に合っていそうだったので、婚活サイトを利用することに決めました。

そしてその婚活サイトにも色々な種類があったので、その中でも一番気に入った「婚活サイトB」というサイトを利用することに決めました。

 

この記事は下記の婚活体験談をまとめた内容になっています

1.はじめまして

2.持つべきものは

3.あすかちゃん

4.ネット婚活の種類

5.「マッチングサイト」と「婚活アプリ」前編

6.「マッチングサイト」と「婚活アプリ」後編

7.婚活サイト選び

8.「婚活サイトB」を選んだ理由

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。