低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

タグ:らざぷさん

図らずもタイミングよく、散財気味な人(「149.らざぷさん①」)とケチな人(「150.コンビニさん①」)とメッセージ交換を同時期にすることができました。 今まで意識していなかったのですが、私がケチなためか、今まで会う段階に進む人はある程度お財布が固い方が多かっ ... 続きを読む
153.金銭感覚について考える

図らずもタイミングよく、散財気味な人(「149.らざぷさん①」)とケチな人(「150.コンビニさん①」)とメッセージ交換を同時期にすることができました。

今まで意識していなかったのですが、私がケチなためか、今まで会う段階に進む人はある程度お財布が固い方が多かったように思います。

偶然なのか、無意識にそんな人を選んでいたのかはわかりません。

 

全く正反対とも言える経済観念の人たちとやり取りをして、私はハッキリと意識しました。

「経済観念の合わない人とは結婚できない」

これは他の人にもアドバイスされたことがありました。

「お金の価値観が合う人と結婚するべき」「お金の価値観が違う人と結婚しても喧嘩の元になる」

「確かにそうだなぁ」とは思っていましたが、アドバイス程度にしか留めていませんでした。

でも、この度のことでそれはとても重要なことであるとランクが上がりました。

 

自分がお金を使わないところにお金をかける人は、理解できません。

「そこにお金をかけたいんだなぁ」と許容できることもあれば、「そんなことにお金をかけるの?」と苛立ってしまうこともあります。

お金を貯めなければいけない目標がある時ならなおさらです。

「貯金しなきゃいけないのにどうしてそんなことでお金を使うの!」となってしまいます。

また逆に節約ばかりされても窮屈な思いをしてしまいます。

お金を貯めるのは大切ですし、「質素倹約」も好きな言葉ですが、ですがやはりそればかりだとストレスが貯まってしまいます。

たまには美味しいご飯を食べたり、遊びに行ったりもしたい。

息抜きも大切です。

なので結婚相手は「自分と同じような物/事にお金を使う人」「自分と同じような物/事を節制する人」を選ぶことが一番ストレスも無く、夫婦生活もスムーズだと思います。

 

自分と全く同じ経済観念の人を見付けるのは不可能かもしれません。

それこそ色々な価値観の人がいますから。

ただ、似たような価値観を持つ人を見付けて、お互いの価値観を尊重して生きていく。

これが婚活でピッタリとくる相手を探すこと、結婚生活で仲良くやっていくことなのではないかなと思いました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

お金を使うのが好きならざぷさん。 その中でも最も驚いたことがありました。   休日の過ごし方に「ジムに通っている」と書いてあったので、それについて尋ねた時のことです。 「私も健康のためにジムに行ってみたいんですけれど、今までスポーツとか無縁だったから行 ... 続きを読む
150.らざぷさん②

お金を使うのが好きならざぷさん。

その中でも最も驚いたことがありました。

 

休日の過ごし方に「ジムに通っている」と書いてあったので、それについて尋ねた時のことです。

「私も健康のためにジムに行ってみたいんですけれど、今までスポーツとか無縁だったから行きにくくて。ジムってどんな感じですか?」

『私が今通っているダイエットジムはマンツーマンでしっかり指導してくれます。

まだ体験が終わったばかりですが、とても親切でいいところです。

以前は別のジムに通っていたのですが、1ヵ月続かなかったので頑張ろうと思います』

「マンツーマンだと身になりそうですね。

頑張ってください

どうして以前のジムはすぐ辞めちゃったんですか?」

『通うのが面倒くさくて。

でも今度は頑張ります。

自分を奮い立たせるためにも一番高い1年コースで申し込みました』

通うのが面倒くさくて辞めたのに、新しいジムの一番高いコースに申し込んで、しかも1年という長期間。

本当に続けられるんでしょうか。

再チャレンジの心意気は素晴らしいと思います。

でも一回辞めた前例があるのに、どうして急にハードなトレーニングに申し込んで続くと思っているのでしょう。

謎です。

「すぐ辞めちゃったのに、急に1年で申し込んで大丈夫なんですか?」

つい聞いてしまいました。

これがいけなかったんですね。

『今度は大丈夫です!

食事もちゃんとコントロールしてくれるしちゃんと痩せます!

前は前で今回は関係ありません!

前よりも高いジムだから大丈夫なんです!

余計なお世話です!』

怒られてしまいました。

そして、その返信で「やっぱりこの人とは合わないな」と思いました。

「前より高いから大丈夫」って、お金の問題なんでしょうか。

努力の問題じゃないのでしょうか。

この時、私は婚活を始めて自力で10㎏以上落としていたので余計そう思ったのかもしれません。

 

というか、努力せずにお金に頼る人は無理です。

お金をかけてサポートすることは大切だとは思いますが、やはり最後は自分の努力でどうにかするべきだと私は思っています。

向こうもお金を使ってできるだけ楽をしたいタイプみたいなので、私とは根本的に考えが合わないでしょう。

やっぱり合わない人とはちょっとメッセージ交換しただけで決定的に合いません。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

たばたばさんとダラダラ婚活をしていた頃。 他にもマッチングした人がいました。 その中でも特に印象に残った人がいました。 彼のことはらざぷさんと呼ばせていただきます。   彼は一際目立つプロフィールをしていました。 なぜかと言うと、普通に自撮りや友人に撮 ... 続きを読む
149.らざぷさん①

たばたばさんとダラダラ婚活をしていた頃。

他にもマッチングした人がいました。

その中でも特に印象に残った人がいました。

彼のことはらざぷさんと呼ばせていただきます。

 

彼は一際目立つプロフィールをしていました。

なぜかと言うと、普通に自撮りや友人に撮ってもらったらしいプロフィール写真が多い中、明らかにプロが撮った仕上がりのプロフィール写真だったからです。

真っ白いワイシャツで、後ろに観葉植物まで飾ってありました。

プロフィールの文章も明らかに人の手が入っているような洗練された文章です。

一種の不気味さを感じましたが、それは「それだけ本気なんだ」と自分を納得させることにしました。

 

こちらからアピールをしてマッチングすると、らざぷさんはすぐにメッセージを送ってくれました。

『はじめまして!

いいねありがとうございます。

らざぷです。

営業の仕事をしています。

仲良くしてください』

洗練されたプロフィールの文章とは大分違う印象を受けました。

不安に思ったのであすかちゃんに相談してみたのですが「こっちと同じで後ろに誰かいるんじゃね?」とのこと。

「そういう場合もあるよな」とメッセージのやり取りを続けました。

 

営業の割には「ん?」と思うところもありましたが、何とからざぷさんとやり取りを繋げることができました。

ですが、らざぷさんとのやり取りで一番気になったのはそこではありませんでした。

「お金遣いの荒さ」です。

プロフィール写真にしてもそうですが「せっかく婚活をするのだから」と写真スタジオで撮ってもらったそうです。

結婚相談所などを利用するのなら、そういったちゃんとした写真が必要になるのでしょうが、ネット婚活でそこまでする必要はあったのでしょうか。

「その時に来ていたシャツも、せっかくだからいいの買ったんだ」と、一万円以上するシャツを買ったそうです。

所詮写真です。

写真スタジオで撮るのなら、光を当てまくって色々飛ばします。

それに相手に実際に見せるわけでもないのに無駄ではないかと思いました。

他にも「彼女が出来た時のために」転勤したわけでもないのに2LDKに引っ越したりとか、「栄養バランスのために」毎食外食だったりとか、「趣味が欲しい」と最初はレンタルで十分なのに楽器を購入して結局合わなくてすぐ辞めたりとか。

メンズエステやジェルネイルは営業の方なので必要なのかもしれません。

でも私の経済観念からすると、「そんなことにそんなお金使うの?」と驚くような使い方でした。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。