低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

タグ:合コン

何回も書いていますが、私はリア充のためにある「合コン」のようなものが苦手というか、もはや嫌いでした。 何回か参加したことはありますが、「もう二度と参加したくない」といつも決意して帰る自体でした。 そんな私が「婚活サイトM」で迷いに迷ってたこの時期、合コン ... 続きを読む
86.デブスなのに合コンへ参加する

何回も書いていますが、私はリア充のためにある「合コン」のようなものが苦手というか、もはや嫌いでした。

何回か参加したことはありますが、「もう二度と参加したくない」といつも決意して帰る自体でした。

そんな私が「婚活サイトM」で迷いに迷ってたこの時期、合コンに参加することになりました。

別に「婚活のため」に頼んで参加さえてもらったわけではありません。

完全な人数合わせです。

引き立て役なのも、誰とも上手くいくわけないこともわかっているので、いつもなら絶対に断ります。

でもこの時は「婚活サイトM」で会えなさすぎて迷走しまくっていたのと、とあるネットの掲示板で「恋愛市場ならいけるんじゃない?(その時のお話は「82.自棄になってネットの掲示板に相談する」を読んでください)」とアドバイスを受けたことで、脳の回路がショートして受けてしまいました。

私の他の参加者が30代だったので「もしかしたら」と思わなかったこともないことは否定しません。

ただ3対3の合コンで、誘ってくれた人も美人ならば、もう一人の参加者も美人でした。

引き立て役として私を呼ぶにしても、ちょっとあんまりです。

対面の時の驚愕の連続でした。

 

「はじめまして」

「はじめまして」

「煙草吸ってもいいですか?」

「オレたちも吸うから大丈夫だよ」

「いきなりタバコ?!」と驚きました。

しかも私以外みんな喫煙者だったので、煙草の煙もくもくなテーブルの出来上がりです。

涙と鼻水で料理の味はわからないし、むせそうになるし最悪です。

 

自己紹介の時も凄かったです。

「はじめまして、婚活ブタです。27才です」

A子です。29才です」

B子です。28才です」

「あなたたちどっちも30才超えていますよね?」とその場でツッコミたかったです。

初対面のB子さんはまだしも、誘ってくれたA子さんは絶対に29才ではありません。

34才です。

 

相手の男性にも驚愕しました。

「自営業やってるA34才だよ」

「今自分探しの旅中B39才」

「トラックの運転手C21才です」

年齢も職業もバラバラです。

というかB男の「自分探しの旅中」って何なのでしょうか。

要するに無職ということですよね。

怖くて誰も突っ込まなかったですが。

 

そしてA男とB男はA子さんとB子さんを狙っている様子なのですが、2人は全く相手に興味がありません。

ガンガン飲んでいます。

顔を合わせて「無いな」と判断したのでしょう。

ちょっと失礼なくらい飲んでいます。

C男も明らかに人数合わせなので、大人しくガンガン飲んでいます。

22でやってくれれば良かったのに」と心の底から思いました。

 

飲み放題の時間が終わると、A男とB男は必死にA子さんとB子さんを二件目に誘います。

C男はしれっと「明日仕事なので帰りますね」と車のキーを取り出しました。

「え? 車?」

「車だよ」

「こいつ家遠いからね」

「じゃ、お疲れ様です」

そう言ってC男はさっさと帰りました。

「代行呼んだの?」「自分で運転するわけじゃないよね?」

言いたいことはたくさんありました。

もしかしたら、事前に代行をちゃんと手配していたのかもしれません。

でも、もしそうでないのなら。

帰り道に電信柱に突っ込んでしまえと強く願いました。

 

「私たちも仕事だから帰るね」

「お疲れ様」

C男に便乗するA子さんとB子さんに私も便乗しました。

便乗しなくても帰れましたけれどね。

 

「今日の合コン最悪だったね」

21才連れてくるとかマジないわ」

「それに自分探しの旅って」

帰り道はかなりその日の愚痴で盛り上がりました。

私はA子さんとB子さんに同調しつつ、他にも色々聞きたいことがありました。

でも聞けませんでした。

 

「本当に合コンなんてもう二度と参加したくない」

毎回思うことですが、今回の合コンは一層強くそのことを感じました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。