低収入アラサーデブスのネット婚活記録

低収入アラサーデブスのネット婚活記録です。

タグ:青髭さん

まとめじゃなく青髭さんのことを書いている時に「お姉さんの障碍のことで断るなんて人でなし!」みたいなことをコメントでよくいただきました。 でも私が「無理」だと思ったことは変わらないですし、「そうだよね、お姉さんのことで断るなんて酷いよね」と我慢して結婚し ... 続きを読む
【小ネタ】結局は合わなかっただけ

まとめじゃなく青髭さんのことを書いている時に「お姉さんの障碍のことで断るなんて人でなし!」みたいなことをコメントでよくいただきました。

でも私が「無理」だと思ったことは変わらないですし、「そうだよね、お姉さんのことで断るなんて酷いよね」と我慢して結婚していてもいずれは破綻していたと思います。

「ダウン症は遺伝しない」と教えて下さる方もいましたが、私が調べた限りでは「遺伝する」とのことでした。

なので、もし自分の子どもにその障碍が発覚してしまったら、本当は関係がなかったにしても絶対に青髭さんの家族のせいにして恨んでいたと思います。

彼にしてもお姉さんの障碍に理解がない私みたいな人と結婚するより、ちゃんと理解してくれる素敵な人と結婚した方が絶対いいです。

なのでお断りしたこと自体は間違っていなかったです。

「お姉さんのことをわざわざ言わなくても良かった」ともコメントを頂きましたが、今思い返しても、あの時点では他にお断りする理由が思い浮かびませんでした。

身なりがみすぼらしかったのも、声が小さいのも、顔を見て話さないのも一緒に直していけばいいと思っていたからです。

青髭さんとならそれができるんじゃないかな、と思っていました。

最後は彼にも暴言を浴びせられて拗れてしまいましたが、お互いに傷は浅く済んだのでこれでよかったのだと思っています。


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

あまりにもマッチングできないので、私は婚活相手に求める条件を下げることにしました。 年収と年齢に幅を持たせることにしたのです。 するとそれだけでも検索で引っかかる人数は多くなりました。 そしてマッチングしたのは青髭が特徴的な方でした。 なので「青髭さん ... 続きを読む
【ダイジェスト】11.青髭さん

あまりにもマッチングできないので、私は婚活相手に求める条件を下げることにしました。

年収と年齢に幅を持たせることにしたのです。

するとそれだけでも検索で引っかかる人数は多くなりました。

そしてマッチングしたのは青髭が特徴的な方でした。

なので「青髭さん」と呼ばせてもらいます。

青髭さんもややコミュニケーション能力に難ありなタイプで、私以上にインドア派でした。

こちらから話題を投げかけないと会話が成立しません。

そして休日は1日中ずっと家でゲームをしているという徹底した引きこもりタイプです。

小さい頃から休日も家族や友人と遊びに行くことはなく、ずっとゲームをしていたそうです。

こんなコミュ障同士で大丈夫だろうかという不安もありましたが、理想の家庭像は私と似ているので頑張ってやり取りを進めました。

そして実際にお会いする約束を取り付けることができました。

 

約束当日、現れた青髭さんはプロフィール写真よりも立派な青髭で、とてもヨレヨレの服装でした。

「婚活に着て来るにはどうだろう」と思うような色褪せたパンツと少し黄ばんだシャツです。

しかも会話をしていて目も会いません。

声も小さくてずっと下を向いてボソボソと喋っていて全く盛り上がりません。

「これはダメになるパターンだな」と思いながらもお茶をして帰りました。

 

きっとこちらからメールを送っても向こうから何の連絡も無く、このまま自然消滅してしまうのだろうな。

そう思ったのですが、何と青髭さんから「また会いたい」という内容のメールが。

早速2回目のデートの約束を取り付けました。

 

そして2回目のデートの日。

相変わらず下を向いて小さい声でボソボソと喋る青髭さん。

会話も盛り上がりません。

でも本当に気のせいかもしれませんが、1回目のデートよりは声が大きかったような気がします。

婚活の話もぽつぽつとできました。

「青髭さんとの距離が縮められるかもしれない」と期待が少し持てました。

しかし、唐突に青髭さんに「姉がダウン症で施設に入っている」と打ち明けられました。

パニックになった私は「何か言わないといけない!」と思い「私も弟がヒキニートです」と打ち明けました。

そしてお通夜のような雰囲気で解散。

 

帰ってから私はダウン症について調べて、考えました。

果たして近しい身内にそのような障碍がある方と結婚できるのかと。

結果は「無理」です。

私みたいなブタには荷が重すぎます。

なのでお断りのメールを送ると、デブだのブスだの自分も弟がヒキニートなくせにだの罵倒のメールを頂きました。

彼が成婚できないのは、お姉さんがどうこう以前に自分のその断れられた後の行動が物語っていると思いました。

 

この記事は以下の婚活体験談をまとめた内容になっています

54.中々結婚できないので条件を見直すことにする

55.青髭さん①

56.青髭さん②

57.青髭さん③

58.青髭さん④

59.「相手の血縁者に障碍者がいる」という問題


にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです

家に帰って、私は「ダウン症」のことについて考えていました。 職業柄、「軽度のダウン症」の方とは触れ合ったことがあります。 でもお話が通じるような本当に「軽度のダウン症」の方だけです。 しかもそれも、ただ話し相手になっていただけです。 もっとベテランで専 ... 続きを読む
58.青髭さん④

家に帰って、私は「ダウン症」のことについて考えていました。

職業柄、「軽度のダウン症」の方とは触れ合ったことがあります。

でもお話が通じるような本当に「軽度のダウン症」の方だけです。

しかもそれも、ただ話し相手になっていただけです。

もっとベテランで専門の方は「重度のダウン症」の方のお世話をしていました。

私はそれを見たことがあります。

見たことしかありませんが、「私には無理だ」とハッキリ感じていました。

私にはその能力も適正もありません。

程度はわかりませんが、実際にその「ダウン症」の方が義姉となってやっていけるでしょうか。

青髭さんにはそこまで突っ込んだ話はできませんでしたが、「普段は施設にいる」ということは、結構重度なのではないのでしょうか。

そして、青髭さんのご両親が亡くなった後、誰が面倒を見るのか。

きっとそれは青髭さんです。

私にそんなことは背負えるでしょうか。

 

青髭さんに友達が少なくて、家族で遊びに行ったことがあまりない理由も納得いきました。

お姉さんがいたから、その介護があって家族で遊びに行くことが難しかったのでしょう。

友達に関しては青髭さんの素質も関係あったでしょうが。

 

それに何より心配なことがありました。

それは「自分の子どもにダウン症が遺伝してしまうのではないか」ということ。

私が20代のうちに結婚して子どもが欲しいのは「障害のリスクが少ない出産をしたい」という理由もあります。

だから相手の年齢も40代以上の高齢はNGなのです。

そう考えると、青髭さんも私の条件からは外れているのではないか。

 

そう考えると、ハッキリと青髭さんは「無しだな」と結論が出ました。

兄弟の障害を理由に断るのは心苦しいですが、やはりそれは私の求める「結婚」ではありません。

となると、どうやって断るかあすかちゃんに相談です。

 

「普通にお姉さんがダウン症だから私には重荷ですって断れば?」

「でもなんか障害を理由に断るのは人としてどうって感じしない?」

「いやいや。本当の理由言わずに断る方が人でなしっしょ」

 

確かにそうです。

そしてあすかちゃんは「交際前に打ち明けてくれたってことは、同じ理由で何回もフラれてるだろうし相手も慣れてるよ」と被せてくれました。

同い年なのに人生経験が違います。

 

私は言葉を慎重に選んで青髭さんにメールを送りました。

できるだけ青髭さんとそのお姉さんを傷付けないように。

でも、私が「無理だ」と思った理由は隠さないように。

断られるのも辛いけれど、断るのも辛い。

本当に婚活って傷付くばかりだなぁ、と思いました。

 

そして返ってきたメールの抜粋がこちら。

「こっちこそ姉ちゃんのことそんな風に思ってる情のない人とは結婚できません。

それに自分もちゃんと働いてないくせに、弟も無職なんて騙されました。

婚活ブタさんと付き合ったのは間違いでした」

 
他にもブスだのデブだの書かれてイラっとしました。

お互い無しって思ったんだ。

良かったな。

あと今仮交際の期間でまだ本交際してないよ。
「付き合ったのは間違い」って何様。

お互い頑張って次探そうね。

上手くいかなかったらすぐ相手を貶す人には中々難しいと思いますけれどね。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

思わぬ暴露大会に発展した青髭さんとの婚活一覧はこちら
55.青髭さん①
56.青髭さん②
57.青髭さん③
58.青髭さん④

2回目のデートはお散歩デートになりました。 とある地産地消イベントで、公園に屋台がたくさん出るので、そこでふらふらしながらお昼ご飯を食べよう、という計画です。 普通にご飯を食べるだけなら1回目の二の舞になってしまうのでは、という危惧からの苦肉の策でした。 ... 続きを読む
57.青髭さん③

2回目のデートはお散歩デートになりました。

とある地産地消イベントで、公園に屋台がたくさん出るので、そこでふらふらしながらお昼ご飯を食べよう、という計画です。

普通にご飯を食べるだけなら1回目の二の舞になってしまうのでは、という危惧からの苦肉の策でした。

2回目のデートも盛り上がらずに終わってしまったら、それはもう結婚までこぎつけるのは無理でしょう。

何としてでも少しは盛り上げて距離を詰めたい。

お散歩しながらなら、コミュ障でも何とかなるかもしれない、というあすかちゃんの入れ知恵です。

 

2回目のデートの日も青髭さんは青々とした髭とヨレヨレの服でした。

「アイロンをかけて来い!」とまでは言わないけれど、よっぽど服の管理が悪いんだなと思いました。

 

「今日も誘ってくれてありがとうございます」

「こちらこそ」

「色んな屋台が出ているみたいで楽しみですね」

「そうですね」

 

相変わらず青髭さんは下を向いてボソボソと喋ります。

でも、何となく。

本当に気のせいかもしれませんが。

「1回目の時よりは少し声が大きくなったかな?」と感じました。

1回会ってみて、青髭さんをそんなに悪い人のようには思いませんでした。

なので少しずつ距離が縮まればいいな、と思いました。

 

お散歩デートは成功のように思われました。

やはり色々歩き回るので、会話が途切れてもそんなに苦痛に感じませんし、歩けば景色も変わるので話題も飛び込んできます。

そして青髭さんも私も2回目のデートなので少しはお互いに慣れていて、ポロポロとプライベートな話や婚活の話をすることができました。

青髭さんは私のさらに上を行くコミュ障みたいで「友人とこんなことをした」みたいな会話が一切できなかったのは辛かったですか。

 

2回目のデートも後半に差し掛かった辺り。

歩き疲れた私と青髭さんは、その日初めてお店に入りました。

お洒落な感じなんだけれどお客さんの少ない喫茶店です。

「色々な食べ物があって楽しかったですね」なんて会話をしていると、ボソリと青髭さんが言いました。

「実は、婚活ブタさんに言わなければいけないことがあって」

お、これはまさか。

交際の申し込みというやつでしょうか。

私のテンションは一気に上がりました。

青髭さんは私の上を行くコミュ障だけど、悪い人ではない。

女性の扱い方をわかっているわけでもないけれど、何か優しいし、デート代は全部出してくれる。

結婚観もほぼ合う。

断る理由はありません。

オレの姉貴、障害があって。

普段は施設にいるんだけど、もし結婚するとなると関係あることだから」

頭が真っ白になるとはこのことでしょう。

「そうなんですか。

話してくれてありがとうございます。

ちなみにどういった障害ですか?」

ダウン症

「ありがとうございます。

実は私の弟もヒキニートなんです」

 

なんでこのタイミングで弟のことを暴露したのかはわかりません。

全くもって適切ではないタイミングです。

「向こうも話してくれたんだからこっちも話さなきゃフェアじゃない!」と思ったのでしょう。

その後、お通夜みたいな雰囲気で時間は進み、会話が盛り上がるわけもなく解散しました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

思わぬ暴露大会に発展した青髭さんとの婚活一覧はこちら
55.青髭さん①
56.青髭さん②
57.青髭さん③
58.青髭さん④

青髭さんとのデート当日。 私は本物の青髭さんを見て驚きましした。 実家で暮らしているにしてはすごくくたびれていたからです。 色褪せた茶色のパンツに、ヨレヨレのボーダーのシャツ。 実家には「暮らしているだけ」でお世話はしてもらっていないのかもしれません。 ... 続きを読む
56.青髭さん②

青髭さんとのデート当日。

私は本物の青髭さんを見て驚きましした。

実家で暮らしているにしてはすごくくたびれていたからです。

色褪せた茶色のパンツに、ヨレヨレのボーダーのシャツ。

実家には「暮らしているだけ」でお世話はしてもらっていないのかもしれません。

それなら衣服に無頓着でも仕方ないでしょう。

でも、婚活に着てくるにはちょっとなぁ、という服装でした。

 

青髭さんとは一生懸命話をしようと思いましたが、全く目が合いませんでした。

下を向いてボソボソと喋る青髭さん。

今までの人も大概会話がしんどかったですが、青髭さんは今までの比ではありません。

トップレベルで会話が辛かったです。

無難に会話を進めたけれども、盛り上がらず。

「あ、きっとこれダメだわ」と思いながらお茶だけして解散になりました。

条件や結婚への理想像はそこそこマッチしていたので、少し残念です。

 

また新しい人探さなきゃ。

婚活もう疲れたな。

でも頑張らなきゃ。

そう思いながら家でゴロゴロしていた時に、青髭さんからメールが届きました。

どうせお断りメールなんだろ。

知ってるんだから。

やさぐれながらメールを開いて驚愕しました。

 

「今日はありがとうございました。

またお会いできませんか?」

 

まさかのOKメール。

しかも初めての2回目のデートです。

あすかちゃんは2回目のデートで今の旦那さんと付き合いだした。

婚活指南サイトでも、婚活なら2回目か3回目のデートで付き合うか判断する(交際を申し込む)べきと書いてある。

これは入籍までいけるか!

 

とりあえず、あすかちゃんに報告です。

支離滅裂でしたが、あすかちゃんに聞いてもらうことで少し状況の整理ができました。

気持ちの整理もです。

 

そして落ち着いた私は青髭さんにメールを返しました。

 

「こちらこそありがとうございます。

ごちそうさまでした。

来週日曜日なら空いています」

 

ということで、2回目のデートの約束を取り付けることができました。

入籍まであと少し!

めっちゃテンション上がりました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。

思わぬ暴露大会に発展した青髭さんとの婚活一覧はこちら
55.青髭さん①
56.青髭さん②
57.青髭さん③
58.青髭さん④

条件を下げるとすぐに何人かとマッチングすることができました。 その中の1人、青髭さんは「剃り残しヤバくない?」と聞きたくなる、写真でもわかるくらい剃った髭の後が青々としている人でした。 年収は500万で32才。 実家で家族と同居していて、片道1時間車で通勤して ... 続きを読む
55.青髭さん①

条件を下げるとすぐに何人かとマッチングすることができました。

その中の1人、青髭さんは「剃り残しヤバくない?」と聞きたくなる、写真でもわかるくらい剃った髭の後が青々としている人でした。

年収は500万で32才。

実家で家族と同居していて、片道1時間車で通勤しているそうです。

システムエンジニアをしていて、繁忙期には中々自分にことができないので実家暮らしとのこと。

結婚したら実家は出るつもりだそうです。

ゲームが趣味で、自分も2人兄弟だから子どもは2人欲しいというハッキリしたビジョンを持っている方でした。

妻はパートでもいいけれど、専業主婦にはならないでほしい。

繁忙期は家のことはできそうにないので、家事が一通りできる人が嬉しいそうです。

 

システムエンジニアというと、過労死するイメージが強いので心配ですが、私の理想には沿っている方でした。

でも青髭さんもこちらから質問を投げかけ続けないと会話が成立しないタイプの方だったので、中々メッセージ交換と連絡先交換まで辿り着くのが大変でした。

一番大変だったのはあすかちゃんなので苦労話は割愛します。

 

やり取りを進めるうちに、青髭さんが私以上の引きこもりだということがわかりました。

休日は家から出ずに、一日ゲーム。

小さい頃も家族で遊びに出かけたり、友人と遊びに出かけることはほとんどなかったそうです。

私の小さい頃と似ているな、と親近感を抱くと同時に「こんな根っからのコミュ障同士で大丈夫かな?」とも少し不安になりました。

でもコミュ障ならコミュ障同士。

上手くいくこともあるかもしれません。

 

あすかちゃんのおかげで連絡先を交換してから数日後。

やっと青髭さんから「実際に会ってみませんか?」とのお誘いがありました。

「もしかしたらこちらから誘わないといけないかなぁ」と薄々思っていたのでほっとしました。

待ち合わせ場所は青髭さんと私の家の中間くらいにある喫茶店になりました。

いつもは最初のデートはランチというスタイルですが、この時は珍しく「軽くお茶でも」という形になったので印象に残っています。

待ち合わせも14時という微妙な時間でした。

 

色々書きましたが、やっと青髭さんと実際に会えることになったのです。

「今度こそ結婚できるといいなぁ」

かずきちさんの時に感じたようなわくわく感はありませんでしたが、もう後がないという焦燥感はしっかり感じていました。

 

約束当日。

「知らない人に会う」というのは相変わらずストレスでしたが、しっかりと気合を入れて待ち合わせ場所に向かいました。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
にほんブログ村
ブログランキングに参加しています。
応援していただけると嬉しいです。


思わぬ暴露大会に発展した青髭さんとの婚活一覧はこちら
55.青髭さん①
56.青髭さん②
57.青髭さん③
58.青髭さん④